リップル

リップル取引所比較

リップル

【2018年6月最新情報】リップル(XRP)を取り扱う取引所を比較しました。XRPを購入する場合におすすめの仮想通貨取引所をランキング形式で紹介致します。それぞれの取引所の安さや販売形式を比較し、口座登録方法もサイト内で解説しています。

リップル社のxRapid利用によるXRPの流動性確保の方法

リップル

新興国市場への支払いにおける流動性コストを最小限にするためのソリューションである、リップル社の「xRapid」は、XRPを含む全ての通貨ペアで、リアルタイムかつ低コストな取引を提供することを目標としており、リスクを軽減しつつ、支払い能力を最大限解放することを可能にします。

SBI主導:Ripple技術を利用したスマホ向け送金アプリMoneyTapを商用化へ

リップル

SBIグループが事務局を務め、メガバンクを始めとする邦銀61行が加盟する「内外為替一元化コンソーシアム」は、米Ripple(リップル)社のxCurrentを実装した商用版:RCクラウド 2.0に接続した、スマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を提供。銀行でもサービス対応するとしています。

決済プロバイダFleetcor社:Ripple XRPトークンを試用

リップル

決済プロバイダー、Fleetcor Technologies社がXRPを活用したプロダクト、xRapidの試験開始。ここ数か月、Fleetcor社だけに限らず、Ripple社と契約を結ぶ企業が増えています。企業らはRippleプロダクトを活用することで国際送金のコスト・時間の短縮を狙います。

XRP(xRapid)を利用するもう一つの国際送金業者は?

リップル

2018年1月、リップル社はTwitter上で、世界の5大送金業者のうち3つの企業が2018年中に自社のペイメントシステムでXRPを使用する予定であることを明かしました。XRPを利用する残りの国際送金業者の候補は、PayPal(Xoom)、TransferWise、Ria、World Remitと予想されます。