CoinPostで今最も読まれています

【後編】リスク(Lisk)リローンチイベントまとめ:Lisk Core 1.0.0進展など

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

こちらは「後編」の記事になります。

まずは、「前編」からご覧下さい。

【前編】リスク(Lisk)リローンチイベントまとめ:変更点、LiskIDなど
日本時間21日午前4:30より、Liskリローンチ・リブランディング発表がありました。今回のイベントでは新ロゴ発表、全く新しくなったホームページやプロダクトネームなどLiskファンにとっては興奮する内容となりました。
目次
  1. Lisk Academyとは
  2. Lisk Core 1.0.0について
  3. 手数料改善の取り組み
  4. 財務(資産)状況のアップデート

Lisk Academyとは

CEOのMax Kordek氏をはじめとするマーケティングリーダーのThomas Schouten氏, マネージャーJacob Kowalewski氏などが一様にして口をそろえたのは、開発者の育成やブロックチェーン技術に対するリテラシーの向上です。

Lisk Academyは、ブロックチェーン関連情報を提供する教育の場を通してブロックチェーン技術の発展に大きく寄与し、次世代のデジタルインフラ構築に貢献できることを目指します。

Lisk Academyは、初心者向けのBlockchain Basicsと、上級者向けのBlockchain Businessの二部構成になります。

現段階で、Basicsではブロックチェーン基礎、技術、価値、そして使用事例の四項目を学習することができます

Businessでは、ビジネスの世界におけるブロックチェーン技術の使用例、事業、仮想通貨、ICOの四項目を学習することができます。

Lisk Core 1.0.0について

共同設立者のOliver氏はLisk Core1.0のゴールを以下のように述べ、開発段階の進捗としてゴール5項目は既にすべて完了しており、最終段階として品質保証のチェックを行っています

Thomas氏が言う通り、Liskチームは『スピードよりもクオリティを重視』します。なおβ版のリリースは今後4~6週間だと発表しました。

  1. 新APIのデザインと導入
  2. P2P転送レイヤー書き換え
  3. Atomic block writesを完全サポートするためのデータベースレイヤー書き換え
  4. タイプ0トランザクションに64byteデータフィールドを追加
  5. Lisk本社にてチームを結成

手数料改善の取り組み

LSKコインユーザーが注目している点は、トランザクション手数料の改善です。

現状では以下の手数料システムになりますが、LSKコインの価額上昇に伴い当初Liskが想定していた手数料を超え、ユーザーにとって大きな負担となっています。

クリプトグラファーのIker氏は、『Liskエコシステム内の複数の要素に基づいたスケーラブルでダイナミック(変動する)な手数料システムを模索中』だと述べました。

導入はLisk Core1.0の導入後としていますが、これ以上の詳細の発表は今回のイベントではありませんでした。

しかし新しい手数料制度が導入されれば、現在のLSKコイン使用の負担は軽減され、より多くの方がDelegate Votingに参加することが可能になり流動性の向上につながるでしょう。

財務(資産)状況のアップデート

最後にMax氏から、Lisk Foundationの財務状況のアップデートがありました。

この画像の通り、LFの全資金(ビットコイン、ビットコインゴールド、米ドルなど)を法定通貨のスイスフランに換算すると、3億スイスフラン(約344憶円)以上の軍資金があると発表しました。

さらに2017年、全プロジェクトに費やした支出は500万フラン(約5.7憶円)であり、今後の支出予測は以下の画像の通りです。

なんと今年(2018年)は、昨年の支出額の5倍にあたる2500万フラン(約29億円)だと発表しています。

Max氏が今後どのようなプロジェクトを予定しているのか、現時点では定かではないですが、支出予測額から判断すると、Liskは今後さらに大きな動きをみせるのではないかと予想できます。

今後も、Liskチームの動きには目が離せません。

CoinPostの関連記事

【前編】リスク(Lisk)リローンチイベントまとめ:変更点、LiskIDなど

【Vol.1】Liskインタビュー:リローンチとロードマップについて

【Vol.2】Liskインタビュー:日本・アジア市場での展開について

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。
11:20
トランプ氏、ビットコインマイニングの支持を表明 企業CEOらと面会
共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏は12日、仮想通貨ビットコイン採掘の支持を表明し、首都DCでビットコインマガジンのDavid Bailey CEOや米上場のマイニング大手のCEOらと会談。
10:45
ポリゴン、970億円規模の助成金プログラム開始
仮想通貨ポリゴンの開発者を支援するため、Polygon Labsは970億円規模の助成金プログラムを発表。プログラムの概要や特化する領域を説明している。
09:45
「ビットコインは大幅に過小評価」米著名投資家ビル・ミラー氏見解
米国の著名投資家ビル・ミラー氏は、仮想通貨ビットコインは依然として大幅に過小評価されているとの見解を発表した。
08:45
ステーブルコイン発行企業テザー、今後1年間10億ドル超の投資見通し
同社はすでにステーブルコインの発行で保有している米国債から巨額の利益を出しており、24年1Q(1月から3月)では約14兆円の米国債保有だった。
07:45
カナダ上場企業DeFi Technologies、ビットコイン財務戦略採用 
東証上場のメタプラネットは11日新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを報告した。合計141 BTCの保有数となった。
07:10
「仮想通貨投資家はFOMCに注目を」レポート
仮想通貨相場における米FOMCの重要性などを記載したレポートをK33リサーチが公開。ビットコインやイーサリアムの相場に言及している。
06:30
バイナンスラボ、Zircuit(ザーキット)に出資
Zircuitネットワークは現在35億ドル以上のステーク資産をホストしており、「Build to Earn」プログラムには1,100件以上の申し込みがあった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア