CoinPostで今最も読まれています

【前編】リスク(Lisk)リローンチイベントまとめ:変更点、LiskIDなど

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日本時間21日午前4:30より、Liskリローンチ・リブランディング発表がありました。

今回のイベントでは新ロゴ発表、一新されたホームページやプロダクトネームなど、Liskファンにとっては興奮する内容となりました。

目次
  1. 新ロゴの発表
  2. Liskの目的と意義
  3. 新しいプロダクトネームとアイコン
  4. 新ホームページ
  5. LiskIDの詳細

イベント内容は大きく別けて10つ(記事:前編5つ後編5つ構成)となり、要約は以下の通りです。

1、新ロゴの発表

Liskチームが以前より予告していた通り、Liskのロゴが新しく生まれ変わりました。

過去のクリスタルに似せた、シンプルでクールな新しいロゴとなっています。

新しいロゴに関する動画ですが、1分にもかからずかっこいいので是非ご鑑賞ください!

2、Liskの目的と意義

初めに、Liskは企業の存在目的及び意義を明確化しました。

Liskの目的を一言で表すと、『We enable blockchain creators:ブロックチェーン・クリエイターを可能にさせること』です。

つまりデベロッパーに向けて、ブロックチェーン開発プラットフォームを提供し、一般技術者がLisk上で開発したアプリなどを一般利用者が使用することによる相乗効果を生むことを目標にしています。

これを更に簡単に言うと、ブロックチェーン技術をより一般向けに利用しやすくするということになります。

これは以下の項目により可能になります。

  1. 開発を容易に
  2. アプリ管理のためのプロフェッショナルなツール提供
  3. トピック、プラットフォーム、ツールの教育
  4. 優れた採用事例を基にインスパイアする
  5. しっかりした基盤およびスケーラブルなインフラを構築し維持させる

3、新しいプロダクトネームとアイコン

先日、CoinPostと独占インタビューを行ったマーケティング・リードのThomas氏本人から新しいプロダクト名とアイコンの発表がありました。

上述にあるLiskの目的は、正しいデザイン・マーケティングを通さなければユーザーには伝わらない、とThomas氏は言います。

Lisk Coreの名前は変わりませんが、Lisk JSはLisk Elements、LiskyはLisk Commander、そしてLisk AppはLisk Hubと名前が大きく変わり各アイコンデザインは以下のようになりました。

新しい名前とアイコンにより、Lisk開発チームの取り組みをより分かりやすくユーザーに伝達します。

4、新ホームページ

今回最も注目度の高い発表の1つは新たなホームページの公開と、一部プロダクトの新サービス提供です。

ホームページに関しては、仮想通貨初心者からベテランの開発者すべてに受け入れられるようになっています。

今後は動画コンテンツ、初心者から上級者にレベル分けしたイベント開催の情報、そしてニュースレターをホームページから流していくと言及しました。

特に最新情報はYoutubeの動画として発表されるので、YoutubeのLisk公式チャンネルを登録することをお勧めします。

ブログを読むより、動画を見たほうが楽しい、がLiskチームの意図になります。(今回のイベントで流された動画のクオリティの高さから見て、この本気度は十分伝わるでしょう。)

ホームページの新デザインに踏まえ、Lisk Hubと呼ばれるウェブベースのアプリケーション(前Lisk App)を新たに開発しました。

リリースはまずβ版になりますが、Lisk Hubから自身の保有するLSKコインの管理やその他のサービスへのアクセスなど基本的な操作を行うことが可能となります。

ユーザー登録機能であるLisk ID(後述)に加えて、Explorerと呼ばれる検索機能や、ウォレット管理、新たな拡張機能などが随時更新予定となっています。

5、LiskIDの詳細

Lisk Hubの新しい機能の一つとして、Lisk IDが登場しました。

Lisk IDでは個人アカウントを作成し、このアカウントでログインすることによってHUB内の機能が使用可能になります。

特徴的なのはこのLISK IDの作成に際し、不規則な数文字列のID と複数の図形を組み合わせ、Liskアバターと呼ばれるそれぞれのIDに由来するユニークロゴを生成するシステムです。

このLiskアバターでは、一度生成されたデザインは二度と発行されることがないため、他のユーザーとロゴが被ることはありません。

よって、仮想通貨の送受信時のアドレス判別などの見分けが付きやすくなるなどの利点もあります。

リローンチイベント全編(英語)はこちらで確認できます。

コインポストの関連記事:

後編ニュースやインタビュー記事はこちら!

【後編】リスク(Lisk)リローンチイベントまとめ:Lisk Core 1.0.0進展など

【Vol.1】Liskインタビュー:リローンチとロードマップについて

【Vol.2】Liskインタビュー:日本・アジア市場での展開について

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧