英中央銀行総裁「ビットコインは通貨として失敗」

イギリス中央銀行総裁「ビットコインは通貨として失敗」
BoEのMark Carney総裁は、リージェンツ大学の学生向け講演で、ビットコインは正当な通貨として認められないと語りました。カーニー総裁は、ビットコインは価値貯蔵、交換手段のどちらの役割も十分に果たしていないと主張しています。
多くの中央銀行関係者がビットコインに否定的
中央銀行関係者がビットコインに否定的な意見を述べたのは、今回が初めてではありません。過去には、ドイツ連邦銀行、欧州中央銀行、国際決済銀行の関係者も否定的な意見を述べています。

イングランド銀行(BoE)の総裁であるMark Carney氏(以下、カーニー総裁)は、ビットコインが合法的な通貨として「落第点」であると言及しました。

現時点では、ビットコインは価値の保存や利便性のある取引の仲介手段として十分でないと、カーニー総裁は主張します。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

BoE総裁「ビットコインは価値貯蔵手段としても交換手段としても不十分」

ロンドンのリージェンツ大学の学生向け講演で、カーニー総裁は学生に対して、ビットコインは主に2つの観点から合法的な通貨として認めることはできないと語りました。

Business Insiderは、質疑応答の際の彼の回答を以下のように引用しています。

現時点では、(ビットコインは)お金としての普遍的な側面が不足しているのです。

それは至るところに散らばっているため、価値の保存手段でもありません。

そして、交換手段として使用している人もいないのです。

Business Insiderは、ビットコインがダークウェブサイトでも交換手段として使用されていると指摘しました。

そして、そのボラティリティが採用の妨げになっているにも関わらず、Overstock社やマイクロソフト社を含む、何百、または、何千もの企業が仮想通貨を取り入れているのです。

一方で、先日、決済サービスを展開しているStripe社は、ビットコインの取り扱いや決済の最適な使用機会がほとんどなくなってきていることを理由に、仮想通貨の取り扱いを停止しました。

さらに、ゲームのダウンロード販売プラットフォームであるSteam社も、その高い手数料とボラティリティの問題からビットコインの取り扱いを停止しています。

※Stripe社は、ビットコイン以外の通貨には注目しています。

BTC決済中止を決断したSTRIPEがステラとオミセゴーに目を向ける
米オンライン決済会社、ストライプがビットコインの支払いを中止する予定です。現在はステラとオミセゴーが代用通貨として注目されています。ビットコインの伸び悩む成長率と顧客からの支持率の低下から、今年の4月23日で支払い打ち切りとするそうです。

一方で、法定通貨が完全に通貨の役割を果たしているとも言いきれません。

政府の失敗がその国の法定通貨の壊滅を招くこともあるのです。

したがって、ジンバブエやベネズエラなど、法定通貨が機能しなくなった国では、ビットコインが比較的高値で取引されています。

ビットコインに否定的な中央銀行は多い

カーニー総裁のコメントは、特に驚くべきものではなく、最近ビットコインや仮想通貨のエコシステムに介入している中央銀行やウォール街で働く人の意見と一致するものでしょう。

ドイツ連邦銀行の頭取を務めるJens Weidmann氏は先日、法定通貨をビットコインに置き換えるのはリスクが大き過ぎると言及しました。

財政・金融政策の安定には仮想通貨は必要なく、中央銀行はその価格の安定と効率的な銀行規則に重きを置くべきなのです。

そして、実際ユーロ圏では、その2つが実現されています。

2月の始めに、欧州中央銀行(ECB)の役員であるYves Mersch氏は、仮想通貨はお金ではないと語りました。

さらに、国際決済銀行(BIS)のAgustin Carstens氏も、ビットコインはバブルであり、ポンジ・スキームであり、環境破壊であると批評しています。

国際決済銀行の長Carstens氏がビットコインを激しく非難
国際決済銀行の長である「Carstens」氏が、ドイツにあるゲーテ大学の講演で、ビットコインを始めとする仮想通貨を酷評。銀行と密接に連携することで財政の安定を損ねる可能性があるとして、強い懸念を表明しました。

Bitcoin “Failed” as a Currency So Far, Says Bank of England Governor

Feb 20, 2018 by Francisco Memoria

参考記事はこちらから

CoinPost考察

1月には、イングランド銀行が独自の仮想通貨発行のための研究を進めていることが報じられました。

英中央銀行がビットコインのライバルとなり得る仮想通貨発行の研究を行う
イングランド銀行の研究ユニットは2015年より仮想通貨研究を始め、現在自身の仮想通貨を発行する計画に力を入れています。銀行発行仮想通貨には取り付け騒ぎを起こしてしまう可能性があり、銀行がそれを以下に回避するかが問題です。

BoEはビットコインやイーサリアムのような非中央集権型の通貨にあまり好意的ではなく、銀行などを介するある種の中央集権的な通貨の発行を目指していると考えられます。

一方で、ブロックチェーン技術のポテンシャルに関しては評価をしており、単なるデジタル通貨ではなく、ビットコインなどの仮想通貨に対抗するような通貨の発行を目指しています。

ビットコインニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。