CoinPostで今最も読まれています

英中央銀行がビットコインのライバルとなり得る仮想通貨発行の研究を行う

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イングランド銀行が自身の仮想通貨発行
イングランド銀行が仮想通貨を発行した場合、市中銀行が不要になります。
仮想通貨と銀行
銀行発行仮想通貨には取り付け騒ぎを起こしてしまう可能性があり、銀行がそれを以下に回避するかが問題です。

2017年、ビットコインおよび他の仮想通貨が盛り上がり、2018年も多くの仮想通貨に関するニュースを見ることになるでしょう。

現在もっとも期待されていると行ってもいい事業の一つはイングランド銀行(BoE)によるものです。

イングランド銀行の研究ユニットは2015年より仮想通貨研究を始め、現在自身の仮想通貨を発行する計画に力を入れています

さらにこの計画は、自国通貨を単純にデジタル通貨として置くものではなく、ビットコインやイーサリアムなどのライバルとなり得るような、プロトタイプの通貨を発行する研究を行なっている模様です。

現在の仮想通貨と銀行発行通貨の違い

銀行とビットコインの関係が良好ではないことは確かです。

これは銀行が集中制御・管理に頼り、仮想通貨は分散型・peer to peer (P2P)経済取引を利用しているからです。

最近ポーランドの中央銀行は国民の仮想通貨利用を阻止するため、「仮想通貨はお金ではない」と伝えています。

もちろん、銀行は仮想通貨の基礎をなすブロックチェーン技術のポテンシャルに気づいており、それを利用しようとは考えています。

さらにいうと、仮想通貨を完全に切り抜き、規制が可能なもので代用することを望んでいます

イングランド銀行は、このような研究を行なっていますが、結果として政府の管理下に置かれるため、本質的に非中央集権を特徴とする仮想通貨と同じくくりで取り扱われるかはわかりません。

イングランド銀行はこの研究レポートを今後12ヶ月以内に報告することを予定しています。

銀行発行仮想通貨の欠点

現在でも中央銀行は電子決済を利用していますが、取引は集中集権型であり、中央銀行アカウント間に行われています。

問題は銀行発行仮想通貨により中心的仲介者を無視し、誰とでも即時決済ができるようになることです。

ブロックチェーンの共有レジャーにより、いつ、どの銀行でもアカウントを作成および移動することが可能になります。

この中心的仲介者を不要とする銀行間即時移動は大きな影響を及ぼすでしょう。

中央銀行総裁カーニー氏は以下の様に述べました。

「市内の普通の銀行で問題が生じた時、顧客は簡単に取り付け騒ぎの状況を作ることが可能になってしまいます。つまり、人々は心配を感じた瞬間、イングランド銀行の口座に変更することができるのです」

取り付け騒ぎ:特定の金融機関や金融制度に対する信用不安などから、預金者が貯金を取り戻そうとして、急激に金融機関の店頭に殺到し、混乱をきたす現象のこと。

そのような取り付け騒ぎの懸念点から、イングランド銀行は大量の預け金が入るため、イングランド銀行は様々な資産への投資が強いられることになるでしょう。

これは興味深いとんち問題です。

中央銀行による銀行発行仮想通貨は市中銀行を不要にしてしまう可能性があります。

現在、多くの人がデビットカードを利用し、スマートフォンを使って決済を行なっているため、銀行はやがて実店舗を減らし始めるでしょう。

銀行が一番心配しているのは取り付け騒ぎの可能性です。

その可能性を軽減するための方法に思いつくかどうかが楽しみです。

Bank Of England May Issue Its Own Cryptocurrency

bitcoinist Jan. 1, 2018 by Jeff Francis

参考記事はこちらから

Bank of England ‎to Beat Bitcoin with Rival Cryptocurrency Coming Out in ‎‎2018

financemagnates Jan. 1, 2018 by Aziz Abdel-Qader

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧