英中央銀行がビットコインのライバルとなり得る仮想通貨発行の研究を行う

イングランド銀行が自身の仮想通貨発行
イングランド銀行が仮想通貨を発行した場合、市中銀行が不要になります。
仮想通貨と銀行
銀行発行仮想通貨には取り付け騒ぎを起こしてしまう可能性があり、銀行がそれを以下に回避するかが問題です。

2017年、ビットコインおよび他の仮想通貨が盛り上がり、2018年も多くの仮想通貨に関するニュースを見ることになるでしょう。

現在もっとも期待されていると行ってもいい事業の一つはイングランド銀行(BoE)によるものです。

イングランド銀行の研究ユニットは2015年より仮想通貨研究を始め、現在自身の仮想通貨を発行する計画に力を入れています

さらにこの計画は、自国通貨を単純にデジタル通貨として置くものではなく、ビットコインやイーサリアムなどのライバルとなり得るような、プロトタイプの通貨を発行する研究を行なっている模様です。

現在の仮想通貨と銀行発行通貨の違い

銀行とビットコインの関係が良好ではないことは確かです。

これは銀行が集中制御・管理に頼り、仮想通貨は分散型・peer to peer (P2P)経済取引を利用しているからです。

最近ポーランドの中央銀行は国民の仮想通貨利用を阻止するため、「仮想通貨はお金ではない」と伝えています。

もちろん、銀行は仮想通貨の基礎をなすブロックチェーン技術のポテンシャルに気づいており、それを利用しようとは考えています。

さらにいうと、仮想通貨を完全に切り抜き、規制が可能なもので代用することを望んでいます

イングランド銀行は、このような研究を行なっていますが、結果として政府の管理下に置かれるため、本質的に非中央集権を特徴とする仮想通貨と同じくくりで取り扱われるかはわかりません。

イングランド銀行はこの研究レポートを今後12ヶ月以内に報告することを予定しています。

銀行発行仮想通貨の欠点

現在でも中央銀行は電子決済を利用していますが、取引は集中集権型であり、中央銀行アカウント間に行われています。

問題は銀行発行仮想通貨により中心的仲介者を無視し、誰とでも即時決済ができるようになることです。

ブロックチェーンの共有レジャーにより、いつ、どの銀行でもアカウントを作成および移動することが可能になります。

この中心的仲介者を不要とする銀行間即時移動は大きな影響を及ぼすでしょう。

中央銀行総裁カーニー氏は以下の様に述べました。

「市内の普通の銀行で問題が生じた時、顧客は簡単に取り付け騒ぎの状況を作ることが可能になってしまいます。つまり、人々は心配を感じた瞬間、イングランド銀行の口座に変更することができるのです」

取り付け騒ぎ:特定の金融機関や金融制度に対する信用不安などから、預金者が貯金を取り戻そうとして、急激に金融機関の店頭に殺到し、混乱をきたす現象のこと。

そのような取り付け騒ぎの懸念点から、イングランド銀行は大量の預け金が入るため、イングランド銀行は様々な資産への投資が強いられることになるでしょう。

これは興味深いとんち問題です。

中央銀行による銀行発行仮想通貨は市中銀行を不要にしてしまう可能性があります。

現在、多くの人がデビットカードを利用し、スマートフォンを使って決済を行なっているため、銀行はやがて実店舗を減らし始めるでしょう。

銀行が一番心配しているのは取り付け騒ぎの可能性です。

その可能性を軽減するための方法に思いつくかどうかが楽しみです。

Bank Of England May Issue Its Own Cryptocurrency

bitcoinist Jan. 1, 2018 by Jeff Francis

参考記事はこちらから

Bank of England ‎to Beat Bitcoin with Rival Cryptocurrency Coming Out in ‎‎2018

financemagnates Jan. 1, 2018 by Aziz Abdel-Qader

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加