CoinPostで今最も読まれています

BTC決済中止を決断したSTRIPEがステラとオミセゴーに目を向ける

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米オンライン決済会社、ストライプ がビットコインの使用を中止する予定
ビットコインの伸び悩む成長率と顧客からの支持率の低下から、ビットコインでの取引を今年の4月23日でやめることを表明しました。
ビットコインに代わる仮想通貨、ステラとオミセ・ゴーについての見解
新規仮想通貨ステラとオミセ・ゴーなどの安定した価値上昇に目を向け始めました。今後も上昇率が安定するようなら、資金調達を通して支持をすることも示しています。

1月25日、電子商取引企業ストライプは、仮想通貨業界に動揺を招きました。米オンライン決済会社は、ビットコインを支持することをやめ、ビットコインに変わる新たな仮想通貨を探し求めています。

2014年、ビットコインで支払いを可能にした初の会社として知れ渡ったストライプにとっては、今回の意気込みが大きな変わり目となることは言うまでもありません。

報道によると、ストライプはビットコインよる支払いを4月23日までとし、その後はビットコインでの支払いは受け付けないようです。

ビットコインでの支払いをやめる理由として、ストライプは、ネットワークの混雑、振り込み費用の上昇、処理時間の延長を理由としてあげています。

現在ビットコインは、仮想通貨業界で活気に欠ける効率の悪い仮想通貨として挙げられています。

ライトニングネットワーク決済会社が新たな試みを行うように、ビットコインも新たな改良を行わない限り状況は変わらないでしょう。

ビットコインは不安定かつ高価

ストライプのインターネットのブログサイトによると、ビットコインは取引に使うよりも資産に適していると綴られています。

また、価格の不安定さからくる法廷通貨取引における失敗率の上昇もみられます。取引が認証される頃には、仮想通貨額がすでに変動しており、リアルタイムでの取引が不可能になるケースが続出しました。

手数料の上昇もまた、代表的な仮想通貨であるビットコインにとっては懸念すべき点です。ストライプの製品責任者Tom Karlo(以下 カーロ氏)は、こう述べています。

「通常のビットコイン取引では、10ドル以上の手数料がかかることはざらで、ビットコイン取引を行うことは銀行で現金送金をすることと同じくらいの費用がかります。

その結果、顧客からはビットコインでの取引を削減する依頼が殺到しています。ストライプとの取引でビットコインの使用を認めている会社に関しては、ビットコインによる収入が大幅に下がっています。

この状況から、ビットコインでの支払いやビットコインでの取引に対し前向きではない人が増えていることはもはや仕方ないともいえるでしょう。」

今後の代用通貨について

今後、オンライン支払い処理には、取引を容易にする新たな仮想通貨が必要となります。

現段階で、新たな仮想通貨として注目を集めているのは、ステラやオミセ・ゴーです。

カーロ氏はこう述べています。

「オミセ・ゴーは、将来性があり、且つ賢明な仮想通貨です。さらに、イーサリアムは今後将来的に有望な事業を生み出すでしょう。

今後もステラが意義のある発展をするようなら、私たちが、資金提供という形でステラを支援することもありえるでしょう。」

ブログでは、ライトコインと、ビットコインキャッシュ、ビットコインとは異なる他の仮想通貨のことについても触れています。XLMとOMGによる影響力は、いまのところ有益です。

ステラは、数時間前に仮想通貨価値が1週間で最も最高の0.63ドルまで達し、上昇率は最高14%となりました。

現時点で、仮想通貨業界で6番目の時価総額をもち、その価値なんと10.8 億ドルにものぼります。

一方で、オミセ・ゴーは12%の上昇を果たし、19.02ドルに達しました。ビットコインの代わりとなるものは、価値変動が少なく、過去3ヶ月で230%の安定した上昇を見せました。

現在ストライプは、10万を超えるグローバル企業や個人のオンライン取引を管理しています。

Online Payments Company Stripe drops Bitcoin, eyes Stellar, OmiseGO

Martin J. Young・ January 25, 2018

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア