仮想通貨 Nano(ナノ)とは/今後の将来性について

手数料無料や高速送金の仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)
DAGと呼ばれる技術(IOTAなどでも利用されている)により、手数料が無料となり、送金などが高速で実現できること、2018年2月2日にBinanceに上場したことから注目されています。
Nanoの今後と将来性
IOTAなどDAG技術通貨の注目が集まる事で、ゼロフリー・スケーラビリティの実現ができる仮想通貨として、今後将来的に注目が集まり続けることが考えられます。
目次
  1. 仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)とは?
  2. 仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)の特徴
  3. 仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)の今後と将来性
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨 Nano(ナノ・XRB)とは?

Nanoは、2018年1月31日にRaiBlocksがリブランディングにより通貨名を変更して誕生した仮想通貨です。

新しいロゴとなる「N」の文字は、ノードを意味します。

DAGと呼ばれる技術により、手数料が無料となり、送金などが高速で実現できることから注目されています

2018年2月2日には、バイナンスに上場しており、これによる資金の流入が予測されており、昨年12月の大幅な上昇傾向から、安定化への値動きが続くなかで、今後Nanoの価格上昇が期待されています。

Nanoは、スケーラビリティ(拡張性)のある仮想通貨として、P2Pに最適な信用のある取り引きと裁定取引のための迅速な資金の転送を目的としています

またNanoは、資金転送においてリップルなどよりも高速になることを公表しています。

仮想通貨 Nanoの特徴

Nanoの特徴についてまとめました。

特徴的な強みであるDAG技術により、ゼロフリー・スケーラビリティ・送金の高速性を実現

Nanoの特徴的な強みと言えるゼロフリー(手数料が無料)、スケーラビリティを実現するのは、DAG(有向非巡回グラフ)という技術によるものです。

Nanoにおいては、それぞれのアカウントに独自のブロックチェーンを置くことによるラティス構造が採用されています。

トランザクションは、各アカウントのチェーンとして、アカウントの所有者が更新します。

これにより、ほかのネットワークの部分とは、非同期で、即時的に更新されるアカウントチェーンが実現できます。

具体的に送金の時は、送信側と受信側のそれぞれのアカウントの所有者が署名したブロックによりトランザクションが成立します。

このようなDAG技術により、マイニングなどのコストが必要なくなり、手数料が無料となるわけです。

また、この独自のDAGが、スケーラビリティの確保を可能にします。

安全性能の実証性において歴史的に浅いNanoの対応策は?

ホワイトペーパーにおいては、DAGという新しい技術が安定的に機能する実証例として、IOTAにおいて積みあげられてきた取引の累積額をあげています。

さらには、安全性を守るための対策が採用されています。

仮想通貨 Nanoの今後と将来性

Nanoの今後や将来性について考察するため、価格形成の要因や流出事件の内容をまとめました。

Nanoの価格形成の要因について

Nanoは、中国の仮想通貨取引所バイナンスでの投票で、1位の座を獲得して、上場が確定している点からも、多くの人からNanoが高く評価されていることがわかります。

バイナンス上場での資金の流入もあり、今回の事件における問題が解決すれば、昨年12月に、大きく上昇してきたIotaなどとともに、Nanoは今後将来的に再び上昇傾向に向くことが期待されてくると思われます。

年初には、時価総額で17位にまでのぼってきているNanoは、DAG技術によるゼロフリーやスケーラビリティの実現ができる仮想通貨として、今後も注目が集まり続けることが考えられます。

「BitGrail」の約211億円流出における問題は、いつ判明するのか?

イタリアのフィレッツェに所在する仮想通貨取引所「BitGrail」は、Nano1700万XRBの盗難被害にあったことを2月9日(現地時間)に公表しました。

現在、同市場においてNanoは、取引と入出金を停止にしており、警察が捜査にあたっています。流出したNanoの総額は、直前の価格1250円/XRBで換算すると約211億円となります。

創業者でCEOであるFirano氏はツイッターにおいて、全額の補償は、不可能であることを言明しています。

BitGrail側は、「解決に向けて、できることすべてに取り組んでおり、再開するために懸命に働いています」と表明しています。

公表前日の8日(現地時間)には、Firano氏がNanoのコアチームのメンバーと連絡をとり、技術的な検証方法などの話し合いが、行われました。

しかし、双方の見解などに違いがあることから、今後については、協力的な事態の収拾は見込めないようです。

BitGrail側は、盗難に関する詳細な技術情報は公表しないとしており、事件における技術面などの問題の所在が判明してくるのは、警察の捜査結果の公表を待つことになるようです。

仮想通貨:時価総額ランキングTOP50(投資初心者向けの解説あり)

仮想通貨おすすめランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
【5/17更新】ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「時価総額おすすめランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。