269兆円を運用する米大手資産運用会社が仮想通貨取引所の開設へ

Fidelityの社内求人
Business Insiderは6月6日、アメリカの大手金融サービス企業であるFidelityが、仮想通貨取引所のシステムエンジニアなどの人材を募集開始、デジタル資産の保管サービスの人材も募集していると報じた。
Fidelityの仮想通貨への姿勢
Fidelityは、2017年にも米大手取引所Coinbaseとの提携。仮想通貨の試験的なマイニングも開始している。CEOのAbigail Johnson氏も、仮想通貨やブロックチェーン技術に高い関心を持っていることから、今後のサービス展開に注目が集まっている。
フィデリティ・インベストメンツとは
米大手の投資信託販売・運用会社。オープンエンド型投資信託のミューチュアル・ファンドだけで300以上の基金を持ち、2,500万人以上の投資家との取引がある。推定運用資産額は2017年時点で、2.4兆ドル(約264兆円)。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

米大手金融企業が仮想通貨取引所の人材募集

米NYのビジネスニュースサイト「ビジネスインサイダー」は6月6日、アメリカのボストン・マサチューセッツの国際金融サービス企業「Fidelity Investments」が、社内求人にて、「既存顧客内外の人々を対象とした、デジタル資産取引所の開発、作成、展開」できる人材を募集していることを明らかにしました。

Fidelity Investmentsは、投資顧問をはじめ、投資信託、資産運用、証券取引仲介など多種多様なサービスを提供し、2017年第四四半期時点で、2.4兆ドル(約264兆円)、現在では2.45兆ドル(269兆円)の資産を管理・運用している世界有数の大企業です。

出典:www.google.co.jp

さらにFidelityの仮想通貨計画に詳しい関係者によると、顧客に対し、特定のデジタル資産を売買できるサービスを提供することは、約1年前から計画されていたとBusiness Insiderにて記載されました。

仮想通貨業界は依然として未熟な市場であるものの、2018年に入ってから、G20での議論や公式機関などが積極的に介入し、適切に整備が進められていることも、計画を実行に移す一つの理由になったのではないかと考えられています。

そしてFidelityは、開発者に加え、「ビットコインを始めとするデジタル資産の保管サービス」に携わる人材も社内で募集しています。

Fidelityは2017年8月、米大手取引所Coinbaseと提携を結んでいます。この提携によって、Fidelityの顧客がCoinbaseアカウントと連携させ、同社ウェブサイト上で、保有仮想通貨を参照できるようなシステムを構築しています。

マイニングにも着手

さらに、その後Fidelityは、ビットコインおよびイーサリアムのマイニングを小規模で開始。Fidelity LabsのHadley Stern氏は以下のように言及し、仮想通貨分野へのさらなる進出を示唆しました。

「私たちは、(マイニング事業を)実験だと思っている。マイニングを始めた理由は、そのネットワークや合意形成がどのような仕組みを持ち、どれほどの難易度を持つのかを把握するためだ。」

ニューヨークにて行われたConsenus 2017でも、同社CEOを務めるAbigail Johnson氏は、仮想通貨に関する期待を語りました。

「私はビットコインやイーサリアム、ブロックチェーン技術が大好きで、その将来性についても楽しみにしている。」

Fidelityの仮想通貨取引所事業への参入は、あくまでも社内求人によって予測されたものであるため、その具体的な計画までは明らかにされていません。

しかし、同社が以前から仮想通貨関連に関心を持っており、CEOも仮想通貨やブロックチェーン技術に意欲的であることからも、情報の信憑性は高いとされています。

Fidelityのような、多くの顧客を抱える世界有数の大企業が仮想通貨取引業に参入することで、仮想通貨市場への新規参入が増えることが期待されています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。