ゴールドマンサックスCEOが仮想通貨に期待感「皆懐疑的だった携帯電話が普及した例もある」

米ゴールドマンサックスCEOが仮想通貨の可能性を語る
ゴールドマンサックスのCEO、Lloyd Blankfein氏は、「私にはビットコインは必要ないが、初期は懐疑的に見られていた携帯電話が生活必需品レベルまで普及した例もあり、数年間で確立される資産クラスとなる可能性はある。」と肯定的な発言を行った。
Lloyd Blankfein氏とは
Lloyd Blankfein氏は、ウォール街の中で最もベテランの1人で、米投資銀行ゴールドマンサックスを12年間に渡って牽引してきた大物。2018年12月の年次会食にて、同社を去るのではないかと報じられている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

米ゴールドマンサックスCEOが仮想通貨の可能性を語る

ゴールドマンサックスのCEOであるLloyd Blankfein氏は、「ビットコインは私には不要だが、法定通貨から仮想通貨へと進化する可能性が将来認められるようになるかも知れず、仮想通貨の可能性を否定することは賢いとは言えない。」と述べ、仮想通貨の将来性に対して肯定的な発言を行いました。

Blankfein氏は昨年11月、ビットコインが詐欺の手段になっていると述べ、否定的なコメントも残しています。

火曜日に開催されたニューヨークの経済クラブでBlankfein氏は、「5〜10年先のウォール・ストリートは、仮想通貨に関してどのような変化を遂げているか」と問われた際、「”社会全体的な観点”からは心配していないが、仮想通貨を快く思っているわけではない。」と、後ろ向きな回答をしています。

Blankfein氏は、次のようにも述べています。

ビットコインは、私のためのものではない。

ビットコインを今後利用するつもりもないし、保有もしていない。

前向きな意見

ただし、否定的な意見ばかりではありません。

Blankfein氏は、「仮想通貨を支持する人がいれば、支持しない人もいる。仮想通貨の普及については、携帯電話の誕生とよく似ている。」と主張。

「みんな始めは、携帯電話を利用することに対して懐疑的だった。しかし、今や日々の生活に欠かせない必需品となっている。」と、続けました。

これと同様に、現時点では快く思っていない仮想通貨も、いつか確立した資産クラス(同じようなリターンやリスクがあり投資対象となる資産の種類や分類のこと)になるかもしれないと述べ、以下のように語りました。

仮想通貨がどのように機能すべきかについての回答は控えるが、それがなぜ機能しているかを説明することができると思う。

わたしは「不愉快だしよく知らないから、ありえない」と、感情論で考えるような教育はされてはいない。

同氏は以前、「私が好まないものでも、良く機能するものはたくさんある。」と発言しており、個人感情を抜きにして、仮想通貨の将来的な可能性について、一定の評価をしています。

CoinPostの関連記事

ゴールドマンサックスCEOが2018年末に退任か|BTC取引デスクは需要増加
5月18日、The New York Times にて、ゴールドマンサックスのCEOを務めるLloyd Blankfein氏が、2018年末に同社を去るのではないかという記事が掲載されました。ゴールドマンサックスの従業員達の多くが、仮想通貨に対して半信半疑の状態ですが、一部の顧客が、仮想通貨をコモディティ(商品先物)として保有したいと考えていることから、ウォール街を先導する「今後の方針」に内外から注目が集まっています。
ウォール街は、ビットコインに懐疑的な立場を取りつつも精力的に動き始める
ウォール街の各支配者(銀行またはその責任者)は、ビットコインやその種の仮想通貨を都合の悪いもの、または時にはチャンスと考えている人もいるでしょう。もしくは、これらの意見両方を同時に捉えられているかもしれません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。