CoinPostで今最も読まれています

2023年のデジタル証券市場の動向と将来展望 デジタル証券特集②

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

急成長中のデジタル証券市場

デジタル証券、またはセキュリティトークン(ST)市場は、新たな金融市場を形成しつつあります。しかし、2023年10月の時点では、STの主な取引はSBI証券や野村證券のような証券会社の中で行われており、一般の流通(セカンダリー)市場はまだ存在していません。

とはいえ、デジタル証券の流通市場も徐々に整いつつあります。金融商品にとって、発行市場と流通市場は、まるで自転車の前輪と後輪のような関係性があります。デジタル証券を購入しても、それを売買する流動性が低ければ、購入を検討する投資家は少なくなります。STの取引が容易になることで、その発行もスムーズに進められ、市場のさらなる拡大が期待されます。

この記事では、今後のデジタル証券(ST)の取引環境の展望について、詳しくご紹介します。

目次

  1. ST発行市場の現状と将来
  2. 主要なST発行基盤の一覧と特徴
  3. ST流通市場の展望
  4. 大阪エクスチェンジの役割と特徴
  5. PTSの利点と進化
  6. ステーブルコインとウォレットの展開へ

1.ST発行市場の現状と将来

出典:Progmat

日本のデジタル証券(ST: Security Token)市場は、2020年の立ち上げから2023年6月までの3年間で急成長を遂げています。特に不動産関連のSTが市場規模を牽引しており、三菱UFJ信託銀行によると2023年6月時点にSTの運用残高は680億円に上ります。

ST発行市場の将来展望

出典:Progmat

市場規模の見通しにおいて、2032年度には不動産STの市場が大きく伸びることが予想されます。2022年度(22年4月1日~23年3月31日)の不動産STの市場規模は400億円超で、これはJ-REITや私募ファンド等との合計の1%未満ですが、2032年度にはその規模が2.6兆円となり、同合計の5%を占めることが見込まれます。

2.主要なST発行基盤の一覧と特徴

出典:STO協会のデータに基づきCoinPost作成

国内のST市場では、いくつかの主要な発行基盤が活動しており、それぞれが企業と協力して新たなプロジェクトを推進しています。主に「Progmat」と「ibet for fin」が調達規模や案件数共に中心となっています。

Progmat: 三菱グループが主導して開発したプライベート型ブロックチェーン基盤で、不動産STの発行において11件(シェア90%)を手がけ、市場をリードしています。これらの案件の平均利率は約3.9%です。

ibet for fin: 野村ホールディングスと野村総合研究所(NRI)の合弁会社、株式会社BOOSTRYが2019年に立ち上げたコンソーシアム型ブロックチェーン基盤です。23年8月には野村證券が販売を引き受けた、東京都心の超高層レジデンスの不動産ST公募で国内過去最高額の134億円を調達しました。

3.ST流通市場の展望

デジタル証券市場の主流となっているのは「トークン化有価証券」であり、主には不動産投資信託受益証券や社債が中心です。これらの証券は、償還期間までの保有を前提とした利回り商品としての特色が強い傾向があります。

これらの商品は、販売サイドの取り扱いやすさを重視した形で設計されており、1口1,000,000円以上の価格設定が多く見受けられます。このため、STの持つ小口投資の特性が十分に活かされていないのが現状で、その解決策としてST流通市場の整備の重要性が高まっています。

出典:Progmat

2023年10月現在、専用のデジタル証券(ST)取引所は存在していません。STの取引は主に証券会社を介して実施されており、この「相対取引」という形態は、投資家の換金ニーズを十分に満たすものではありません。

今後の展開として、私設取引システム(PTS)がST取引の主力となる見込みです。特に、大阪デジタルエクスチェンジ(ODX)は2023年度内にSTの取引を開始する予定であり、これが契機となり、株式市場と同等の取引環境が整備され、STの普及が加速することが期待されています。

  • 参考:発行市場における流通市場の重要性とは
  • 4.大阪エクスチェンジの役割と特徴

    大阪デジタルエクスチェンジ(ODX)は、株式の私設取引システム(PTS)の運営、及び国内初のセキュリティトークン(ST)の取引市場の提供を目的に、2021年4月1日に設立されました。

    2022年6月27日からは「ODX PTS」の運営を開始、国内株式の現物取引とPTS信用取引を提供しています。22年10月時点、SBI証券、エービーエヌ・アムロ・クリアリング証券、立花証券の3社がODX PTSに参加しています。投資家はこれらの証券会社を経由してODX PTSを利用できます。

    SBIHD等、大手金融機関が出資

    大阪デジタルエクスチェンジ(ODX)には大手金融機関が出資していますが、その多くはこれまで個別にセキュリティトークン社債や、不動産ベースのセキュリティトークンの発行などを試行してきました。

    21年3月にSBI PTS ホールディングス(SBI HD完全子会社)と三井住友フィナンシャルグループの合弁事業として資本金5億円で設立されたODXは、21年11月までに資本金等で計40億円まで増資しました。22年6月時点の出資比率は以下の通りとなっています。

    SBI PTS ホールディングス              70%
    三井住友フィナンシャルグループ              20%
    野村ホールディングス               5%
    大和証券グループ本社               5%

    関連:SBI主導の新PTS市場、大阪デジタルエクスチェンジとは|デジタル証券との関係を徹底解説

    5.PTSの利点と進化

    出典:大阪デジタルエクスチェンジ

    私設取引システム(PTS)は、第一種金融商品取引業者(証券会社)が金融庁の認可を受けて運営する電子取引プラットフォームです。これは、証券取引所と同様に、多くの投資家が株式などの有価証券の売買注文を行うマッチング機能を有しています。

    デジタル証券市場では、PTSの確保により、より柔軟で効率的な取引環境が提供されることが期待されています。市場間の競争が促進され、情報が効率的に流通する健全な市場形成がサポートされる可能性があります。

  • 参考:ODXのロードマップ詳細
  • 6.ステーブルコインとウォレットの展開へ

    出典:Progmat

    デジタル証券取引の世界では、取引の速さと決済の即時性を実現するために、ステーブルコインが注目を浴びています。従来の現金決済の問題をステーブルコインが解決し、資金と証券の流れをスムーズに一体化する考え方が持ち上がっています。

    2023年6月施行の法改正で、金融機関がステーブルコインを使うことが公式に許可されました。2024年には、GMOあおぞらネット銀行が新しいデジタル通貨を発行する予定で、他の大手金融機関も取引での使用を検討中です。

    また、国内のST基盤であるProgmatやibet for finは、さまざまなデジタルアセット(ST、UT、SC)を一括管理するウォレットを提供。これにより、投資家はデジタルウォレットを通じて、多様なトークンを効率的に管理することができます。

    このような動きを背景に、今後は投資家が自身のデジタルウォレットで、様々なトークンを持ち、管理する時代を迎えようとしています。ステーブルコインを活用した新しい資産運用の形が広がりつつあります。

    補足:ODXのロードマップ詳細

    ODXは、最初に通常のマッチング機能とST基盤の連携機能から始める予定です。次の段階、Phase2では、即時清算決済(RTGS:Real Time Gross Settlement)を用いたDVP(Delivery versus Payment)を実現し、カウンターパーティリスクを排除したSTのセカンダリー市場の構築を目指します。更に、ステーブルコインを使用した決済や、スマートコントラクトの活用によって、ポストトレード業務の効率を向上させる計画も進行中です。

    補足:発行市場と流通市場について

    発行市場(プライマリー・マーケット):資金調達を目的として、株式や債券等の有価証券が発行され、それらの有価証券が発行者から直接、または仲介者(証券会社、金融機関等の相対取引)を通じて投資者に第一次取得される市場。

    流通市場(セカンダリー・マーケット):すでに発行された有価証券が第一次市場から、第二次、第三次の投資者に次々と売買され、流通する市場。

    両市場は有機的に結びついており、発行市場にとっては構成で継続的な価格形成と換金の可能性が高い(流動性が高い)流通市場が不可欠です。

    CoinPost デジタル証券特集

    デジタル証券の基礎知識 これからの金融を変える技術とは? 2023年のデジタル証券市場の動向と将来展望
    デジタル証券の法的側面:規制とチャンス デジタル証券の技術的側面:ブロックチェーンとの関連性
    デジタル証券の成功事例、先進企業の取り組みと成果
    『超早割』終了まで
    0
    0時間
    0
    0
    さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
    クリックしてコードをコピー
    CoinPost App DL
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    05/24 金曜日
    07:45
    グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
    グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
    06:15
    イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
    米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
    06:10
    米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
    Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
    05:30
    コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
    2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
    05/23 木曜日
    14:45
    ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
    BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
    13:55
    「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
    楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
    13:35
    韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
    韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
    11:45
    イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
    仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
    10:45
    香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
    香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
    10:10
    NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
    ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
    07:45
    SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
    米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
    07:25
    WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
    米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
    06:55
    仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
    ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
    06:05
    ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
    ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
    05:50
    エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
    半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア