CoinPostで今最も読まれています

デジタル証券の基礎知識 これからの金融を変える技術とは? デジタル証券特集①

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタル証券の基礎知識

近年、デジタル証券(セキュリティ・トークン:ST)という新たな金融商品が注目を浴びています。ブロックチェーン技術を活用して、従来の金融システムの課題を解決し、よりアクセスしやすい、透明性の高い投資の形を実現することが期待されています。

この記事では、デジタル証券の基礎から、代表的な不動産ST、そしてその魅力や税制上の枠組みについて解説します。これからの金融の未来を切り開く、デジタル証券の世界へ、一緒に足を踏み入れてみましょう。

目次

  1. デジタル証券とは?ブロックチェーン技術の活用
  2. デジタル証券のメリット
  3. 不動産セキュリティトークンの概要
  4. 不動産STとREITの違い
  5. デジタル証券の税制と投資の魅力

1. デジタル証券とは?ブロックチェーン技術の活用

デジタル証券は「保有すると利益が分配される」出典:Progmat

デジタル証券(セキュリティ・トークン:ST)は、有価証券とみなされる権利をトークンの形で表現し、ブロックチェーン駆動のST基盤を活用して取引を行うデジタルアセットのことを指します。

「トークン」は、ブロックチェーン上に価値や権利の情報を記録して、他者と交換ができるデジタルデータという意味です。明確な定義はありませんが、主に事業からの利益分配権を持つトークンがデジタル証券(ST)として認識されています。

過去のICOにおける詐欺的な被害を背景に、2020年5月に金融商品取引法(金商法)が改正され、デジタル証券(ST)の取扱いが法的に明確化されました。金商法では、STを「電子情報処理組織を用いて移転可能な財産的価値」として定義しています。

まとめ:STはデジタル技術を活用して取引される新しい形の有価証券(セキュリティ)であり、その取扱いや定義は日本の法律によって明確にされています。

2. デジタル証券のメリット

出典:Progmat

投資家にとって、デジタル証券のメリットには以下3つがあります。

1. 新しい金融商品へのアクセス

従来の上場商品は「証券保管振替機構(ほふり)」を利用し、約定照合手数料や労務などに高いコストがかかることから、主に大手企業や大規模プロジェクトに適しています。デジタル証券はST基盤に金融機関が接続することで資金調達の管理業務を効率化し、多様な資産の証券化を可能にします。

2. 小口投資が可能
新しいインフラの登場により、これまで大手の機関投資家が主要な対象とされていた非上場の資産や証券に加え、単一不動産という新しい投資対象も資金調達が促進されます。ST基盤は、資産の小口化や流動性の向上を実現し、その結果、一般の投資家も小さな単位での投資や取引が可能となります。

3. 収益/特典の享受
デジタル証券の持ち主に、NFTやユーティリティトークンなどの特典を享受する事例も増えています。ST基盤を介して、投資家や株主との直接的な関係を築くことができるため、様々なサービスや特典を投資家に提供するなど、新しいファンサービスの形が生まれています。

  • 参考:証券保管振替機構とは
  • 3. 不動産セキュリティトークンの概要

    出典:Progmat

    不動産セキュリティトークン(不動産ST)は、特定の不動産への投資をデジタル化した新しい形の金融商品であり、デジタル証券の事例の中では最も先行している分野です。不動産STを通して、デジタル証券のポイントを整理してみましょう。

    1. デジタル化されたファンドの持分:不動産STは、特定の不動産への投資を代表する「ファンドの持分(例:信託受益権)」をデジタルトークンとして表現します。

    2. 収益の享受:不動産STを保有することで、物件の賃料収入や売却益をトークンの保有量に応じて受け取ることが可能です。

    3. 流動性と手触り感:不動産STは、個別の不動産への直接的な投資の手触り感を保ちつつ、必要な流動性も提供します。多くの不動産STは、5年以上の期間を持つものが主流となっています。

    4. 価格の安定性:不動産STの価格は鑑定評価ベースでの価格設定となり、市場の変動に影響されにくいのが特徴です。

    5. 税制のメリット:受益証券発行信託スキームを利用した不動産STの税率は分離課税(20.315%)となる場合もあり、多くの投資家から好評を得ています。(第1項有価証券として扱われるデジタル証券等の場合)

    4. 不動産STとREITの違い

    出典:Progmat

    REIT(Real Estate Investment Trust)と不動産セキュリティトークン(不動産ST)は、いずれも不動産投資の形態ですが、その仕組みに根本的な違いがあります。投資家は自身の投資目的、リスク許容度によって、選択することが重要です。

    1.投資対象:REITは、多様な不動産プロジェクトへの投資を一つのパッケージとして提供し、分散投資を通じて安定した収益を目指します。これに対して、不動産セキュリティトークンは主に単一の不動産物件またはプロジェクトへの投資を提供し、特定のプロジェクトの成功に依存する可能性があります。

    2.価格変動:REITは株式市場に上場され、市場条件の影響を受けやすいのに対し、不動産セキュリティトークンの価格は鑑定評価額に基づいており、より安定しています。

    3.流動性(換金性):REITは数万円からの低コスト投資が可能であり、高い流動性を提供する一方で、不動産セキュリティトークンも低コストで投資が可能ですが、現段階では流動性は限られており、証券会社内のマッチング機会に依存しています。しかし、不動産セキュリティトークンの流動性は、取引所の整備により将来的に向上する可能性があります。

    5. デジタル証券の税制と投資の魅力

    出典:Progmat

    デジタル証券の中でも先行している「特定受益証券発行信託」の受益証券(ST)について、その税制は上場株と同様に分離課税が適用され、その税率は20.315%となる場合があります*。特定口座を利用できる案件であれば源泉徴収され、確定申告も簡単になります。

    そのため、不動産関連のデジタル証券は税制面でREIT(不動産投資信託)と同様に扱われることが多いです。

    一方で、クラウドファンディングや実物の不動産投資は、税制上の優遇措置がない場合が多く。また、特定口座の利用が認められていないため、確定申告の手続きは複雑になる可能性があります。

    なお、デジタル証券の税制は種類や法的な扱いによって異なるため注意が必要です。各案件について詳細な情報を確認し、適切な税務対策を考慮することが重要です。

    *注記:「第一項有価証券」として認められるデジタル証券は上記の税制が適用される場合があります。しかし、「みなし有価証券(第2項有価証券)」として分類されるデジタル証券は総合課税の対象となり、年間所得合計に応じた税率が適用されます。

    補足:証券保管振替機構とは

    国債以外の有価証券の決済及び管理業務を集中的に行う日本で唯一の証券決済機関。「社債、株式等の振替に関する法律」に基づき、株式、社債、投資信託といった有価証券の振替制度を運営している。

    CoinPost デジタル証券特集

    デジタル証券の基礎知識 これからの金融を変える技術とは? 2023年のデジタル証券市場の動向と将来展望
    デジタル証券の法的側面:規制とチャンス デジタル証券の技術的側面:ブロックチェーンとの関連性
    デジタル証券の成功事例、先進企業の取り組みと成果
    CoinPost App DL
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    04/14 日曜日
    11:30
    ビットコイン過去最高値8万ドルも視野、半減期に向けた地ならし整ったか|bitbankアナリスト寄稿
    来週末頃に半減期を迎えるビットコインは、テクニカル的な地均しは整ったとの見方も。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
    11:00
    週刊仮想通貨ニュース|BTC半減期分析に高い関心
    今週は、仮想通貨ビットコインの半減期に関するコインベースやアーサー・ヘイズ氏の分析、メルカリにおけるビットコイン決済に関する記事が最も関心を集めた。
    04/13 土曜日
    12:00
    アニモカブランズジャパン、今夏NFTローンチパッド立ち上げへ
    アニモカブランズジャパンは2024年夏にNFTローンチパッドを提供開始すると発表した。クリエイターやプロジェクトをNFT販売で多角的に支援する。
    11:00
    複数の米銀行や金融企業、ビットコインETFに投資
    この新たな傾向は、仮想通貨ビットコインに対する機関投資家の関心の高まりを示唆するもので、仮想通貨資産の受容と評価に今後大きな影響を与える可能性があるとみられる。
    10:00
    モジュラー型ブロックチェーンAvail、エアドロップ計画が浮上
    Availがエアドロップを行う計画が浮上している。メインネットのローンチ時に様々なL2ロールアップのユーザーなどが対象となる可能性がある。
    08:20
    イスラエル情勢懸念で株・仮想通貨から米国債やドルに逃避
    NYダウやナスダック、仮想通貨ビットコインは、イスラエルがイランからの直接攻撃に警戒との報道を受け大幅安。また、今週発表の強いCPIデータが6月利下げの可能性を後退させ、タックスシーズンに近づいていることもあり、リスクオフの動きが加速した格好だ。
    07:05
    「仮想通貨取引の申告分離課税検討すべき」自民党web3PT
    仮想通貨取引を申告分離課税の対象にすることを検討すべきなどの提言を盛り込んだホワイトペーパーを自民党web3PTが公開。DAOやNFTなど、ほかにも様々な提言を行なっている。
    06:35
    香港のビットコイン現物ETF、中国から巨額資金流入の見込み
    Matrixportの分析によると、香港の仮想通貨ETFは中国本土の投資家から年間最大250億ドルの需要を引き出せる。
    06:10
    EVM互換L1「Berachain」、シリーズBで153億円調達
    ユーザーはBerachainの「プルーフオブ・リクイディティ」のもとで、ネイティブSwap機能からガストークンBERAを取得し流動性を提供することで、ステーブルコインHONEYをミントしたり、ガバナンストークンBGTを獲得したりすることができる。
    04/12 金曜日
    15:34
    GMOコイン 取引所(レバレッジ)でソラナやドージコインなど追加
    取引所(レバレッジ取引)でソラナなど6銘柄追加 暗号資産交換業を展開するGMOコイン株式会社は、2024年4月13日(土)から「取引所(レバレッジ取引)」で6つの新銘柄の取り扱…
    15:21
    チェーンリンク、高度なセキュリティを提供するブリッジアプリ「Transporter」を発表
    分散型オラクルネットワークのチェーンリンク(LINK)は、「クロスチェーン相互運用性プロトコル(CCIP)」上に構築された、安全性の高いブリッジアプリ「Transporter」のリリースを発表した。Transporterは複数のネットワーク間で、安全な仮想通貨やデータの移動を可能にする。
    14:39
    米下院議員らがステーブルコイン法案の進展に向けて会合か
    米国下院金融サービス委員会の議員たちがステーブルコイン法案の進行について話し合った。超党派の解決策としての法案推進の可能性を探る。法案が可決すれば、規制の明確化による企業・機関の採用増加、マネーロンダリング対策など適切なリスク管理の環境整備が期待される。
    14:32
    CoinbaseがFinCEN法執行賞を受賞、AML対策と犯罪捜査への貢献
    米国の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbaseが犯罪捜査において顕著な貢献を果たし、FinCENからDirector's Law Enforcement Awardを受賞した。CoinbaseがAML対策を強化し、過去の課題をどのように克服したかについて解説します。
    12:40
    ビットコイン決済月10万件 メルカリが200万口座突破
    メルカリの子会社メルコインが開始した仮想通貨ビットコイン決済サービスが、全ユーザーに開放されてから1ヶ月で10万回の使用を達成。この新機能により、メルカリアプリを通じて即座にビットコインの購入・売買が可能になり、多くの初心者が簡単に暗号資産取引を体験している。
    11:51
    高止まりで推移するビットコイン、UNI暴落の背景は?
    マクロ経済と金融市場 11日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比2.4ドル、ナスダック指数は271.8ポイント(1.68%)高で取引を終えた。ハイテク株が買われ反発した。 …

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア