CoinPostで今最も読まれています

デジタル証券の成功事例、先進企業の取り組みと成果 デジタル証券特集⑤

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

先進企業のデジタル証券活用例

2020年5月1日の金融商品取引法改正及び関連する政省令の改正施行により、デジタル証券の法制度が整備されて以来、従来の金融商品とは異なる新たなアプローチが次々と生まれています。

この記事では、国内におけるデジタル証券の先進的な事例や、企業が実際に取り組んでいる具体的な取り組みに焦点を当て、不動産から社債、ファンマーケティングまでの幅広い分野でデジタル証券が業界にどのような影響を及ぼし、新たな価値を生み出しているのかを詳しくご紹介します。

目次

  1. 不動産のデジタル証券が先行
  2. 社債に付加価値を付けるデジタル証券
  3. 国内初の公募型不動産STの事例紹介
  4. ファンマーケティング×デジタル証券
  5. UTとの組み合わせでさらなる拡張へ

1.不動産のデジタル証券が先行

出典:STO協会

デジタル証券市場の主流となっているのは「トークン化有価証券」であり、主には不動産の投資信託受益証券や、社債が中心です。多くは利回りを重視し、償還期間までの保有を前提とする投資商品として扱われています。

中でも、不動産セキュリティトークン(不動産ST)は、デジタル証券の分野で最も先行しています。STO協会の統計(21年4月~23年4月)によれば、不動産STの公募事例は全体(22件)中13件(予定4件)あります。

主な不動産STの発行事例

不動産のトークン化は、ブロックチェーン技術と「特定受益証券発行信託」の組み合わせにより、不動産投資の新しい形を生み出し、より多くの人々に投資の機会を提供しています。野村證券が関与した東京の超高層レジデンスプロジェクトのSTOは、国内最高額となる134億円を調達しました。

2.社債に付加価値を付けるデジタル証券

先ほどのSTO協会の統計(21年4月~23年4月)によれば、社債や株式などの有価証券をデジタル証券(ST)として発行し、資金調達を行う事例は9件存在しています。一般的に、既に電子化されている振替債をSTに移行するインセンティブは単体ではあまりありません。そこで、日本取引所グループ(JPX)「グリーン・デジタル・トラック債」のように、特殊な性質を持つ社債がSTとして発行される事例が増えています。

デジタル債でデータの透明性・適時性を高める

本プロジェクトは日本初のESG債でのST活用となり、環境問題の改善を図るグリーンプロジェクトに活用する資金調達を目的として発行される債券・グリーンボンドと組み合わせてセキュリティトークンを発行しました。

調達した資金使途の透明性を高めるため、資金充当した発電設備のCO2削減量を、ウェブサイト「グリーン・トラッキング・ハブ」でタイムリーに投資家に提供する。
出典:株式会社JPX総研

ブロックチェーン技術を活用しつつ、従来のグリーンボンドが抱えていた、発行後のレポーティングの透明性が低いという課題を解決。発電したクリーン電力の量やどれほど二酸化炭素(CO2)削減量のデータを蓄積するなど、資金の使途や成果をリアルタイムで把握可能な点が特徴です。

デジタル証券(ST)により、社債は多様な特徴を持ち、異なるニーズに対応できる柔軟性を示しています。次章では、デジタル証券の分野で活躍する先進企業の取り組みに焦点を当てます。まずは、運用額3兆円を誇る大手資産運用会社のケネディクスの代表的な事例を深堀りします。

3.国内初の公募型不動産STの事例紹介

出典:SBI証券

具体的な事例として、2021年8月に実施された国内初の公募型不動産セキュリティ・トークン「ケネディクス・リアルティ・トークン渋谷神南」の公募概要について紹介いたします。この案件は、株式会社SBI証券と野村證券株式会社が販売を担いました。

ケネディクス・リアルティ・トークン渋谷神南は、再開発の進む渋谷中心地に所在する賃貸住宅への新たな投資機会として考案されました。このファンドは、特に単一の物件に焦点を当てており、それが「手触り感、オーナー感」を提供します。従来のポートフォリオ投資(複数物件)を行うJ-REITと比べると、投資対象の物件が一つのみであるため、何に投資しているのかが非常に明確になります。

出典:ケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社

主な調達要件:

  • 売り出し時期:2021年8月
  • 鑑定評価額:27億4,000万円(2021年6月時点)
  • トークン価格:1口=1,000,000円
  • 売り出し総数:1,453口
  • 総調達資金:約14.53億円
  • ファンド形態:特定受益証券発行信託

本ファンドの主要な目的は、賃貸物件を担保とし、家賃収入を基にした資金調達です。具体的には、2016年11月に竣工された高スペックの新築分譲マンションが投資の対象となっており、この単一不動産からのキャッシュフローを基に分配金が年2回支払われることが予定されています。

なお、この投資の収益や損失は、上場株式などの所得として税務申告が必要となります。一般口座で購入するため、投資家ご自身での税務申告が求められます。

主な実績:

本案件はファンドの透明性を保つため、運用状況をまとめた開示資料を年2回(1月 / 7月)公開しています。ここで、2023年7月時点の実績を確認しましょう。

  • 当初の見込み利益:1口当たり16,767円(年利3.35%)
  • 2023年7月の実利益:1口当たり19,134円
  • 増加要因:収入の上振れ。他経常費用が想定を下回った。
  • 鑑定評価額の増加:30.5億円(2023年7月時点)
  • 評価額の要因:土地と建物に基づいて28.8億円と評価された。ただし、最終的な鑑定評価では、収益価格がより説得力を持つとして、この価格は参考程度に留められた。
  • トークン価格:1口=1,213,352円
  • 備考:2023年7月末日現在、37戸中33戸が稼働。2024年1月期及び2024年7月期については、稼働率(面積ベース)95%を想定。

「ケネディクス・リアルティ・トークン渋谷神南」の2023年7月の鑑定評価額は、前年に比べて増加しており、その主な原因は収入の上振れです。

このファンドでは、投資対象不動産の鑑定評価額に基づく純資産額(NAV)をもとに、定期的に価格が設定され、取扱金融商品取引業者がその価格での売買を許可しています。

一般的に、J-REITや上場株式に比べて、不動産セキュリティトークン(不動産ST)の価格変動は比較的小さいとされています。これは、不動産STの評価が実物不動産の価値に密接に関連しているため、市場の短期的な変動にはあまり影響されにくいという特性があります。

出典:ケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社

最後に、重要な点として、「ケネディクス・リアルティ・トークン渋谷神南」の運用は、2026年1月までを予定しており、その後の不動産受益権の売却から得られる収益や元本を投資家に返還する計画です。つまり、投資家は2026年1月をメドに資産のリターンを期待することができるということを意味します。

ただし、市況やその他の要因により、アセット・マネージャーの判断で早期売却や運用期間の延長の選択も考慮されています。

4.ファンマーケティング×デジタル証券

近頃のトレンドとして、投資家との関係を深化させる手段として「ファンマーケティング」の考えを取り入れたデジタル証券、特に社債STの発行が注目されています。この方法を活用することで、伝統的な株主優待を現代的にデジタル化し、特典をリアルタイムで付与することが可能となります。この新しいアプローチは、企業と投資家との繋がりをより深くし、マーケティングの新たな道を開拓しています。

日本初の社債ST発行事例は、SBI証券によるもので、その特徴は、税引前利益0.35%の利息に加え、10万円ごとの投資で暗号資産「XRP」が受け取れる点にあります。

主な特典付きSTの発行事例

また、丸井グループもこの波に乗り、セキュリティトークンの発行を行いました。特に、エポスカード会員をターゲットとしたこの取り組みは、若年層から年配層まで多くの世代が参加。投資することで、通常の利益に加えて、エポスポイントも獲得可能となっています。

さらに、この「応援投資」による資金は、貧富の格差が問題となっているインドなどで、マイクロファイナンス機関の資金として利用されています。投資家への利息は1%で、そのうちの0.7%がエポスポイントとして支払われる仕組みです。

カゴメ社も、この流れに乗じ「日本の野菜で健康応援債」というプロジェクトをスタート。年利0.20%と、特典として「つぶより野菜」のジュース1箱が受け取れるという条件で、この社債STを提供しています。

5.UTとの組み合わせでさらなる拡張へ

デジタル証券(ST)は、単なる金銭的報酬を超えて、非代替性トークン(NFT)やユーティリティトークン(UT)を活用した特典提供の方法を探求しています。UTは、特定のサービスやコミュニティへのアクセスを目的としています。

出典:Progmat

具体的な事例として、ケネディクスが発行した「ケネディクス・リアルティ・トークン湯けむりの宿 雪の花」STを挙げられます。このSTの特典として、新潟県にある「湯けむりの宿 雪の花」での特別体験がUTとして提供されています。

このSTとUTの発行は、株式会社BOOSTRYの「ibet ネットワーク」を通じて行われ、デジタル優待としてモバイルアプリ「ibet ウォレット」で利用可能です。

このような新しい取り組みの背景には、投資家に独自の価値を提供し、同時に投資先の施設やサービスをより身近に感じてもらい、ロイヤルな顧客に育て上げるという戦略があります。

まとめ:デジタル化の時代において、ファンマーケティングとデジタル証券の組み合わせは、企業と投資家の関係を一層強固にし、両者に新たな価値をもたらす可能性を秘めています。

CoinPost デジタル証券特集

デジタル証券の基礎知識 これからの金融を変える技術とは? 2023年のデジタル証券市場の動向と将来展望
デジタル証券の法的側面:規制とチャンス デジタル証券の技術的側面:ブロックチェーンとの関連性
デジタル証券の成功事例、先進企業の取り組みと成果
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/25 火曜日
18:00
チェーンリンクの買い方、取引所選びの完全ガイド
暗号資産(仮想通貨)チェーンリンク(LINK)の特徴、最新価格、将来性、購入方法について詳しく解説。多様な用途と採用事例で注目されるLINKの成長の背景を探ります。
17:03
ブロックチェーンゲームでも税金が発生する?課税のタイミングやNFT取引における所得の注意点などを解説|Aerial Partners寄稿
暗号資産(仮想通貨)の損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partners所属の税理士が、STEPNやブレヒロなどの人気ブロックチェーンゲームの煩雑な税金計算の基本について初心者向けに解説。国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostに寄稿しました。
15:44
仮想通貨市場、今週の材料まとめ|イーサリアム、アバランチ、JUP、PRIMEなど
ビットコイン、イーサリアム、ソラナなど時価総額上位の暗号資産(仮想通貨)やその他の注目銘柄について、過去1週間の材料をまとめた。
13:20
韓国シンクタンク、ビットコイン現物ETF導入に警鐘 地域経済を弱める可能性
韓国金融研究院は、韓国におけるビットコインの現物ETFの導入は、 国内経済にとっては利益よりも多くの問題をもたらす可能性が高いと警鐘を鳴らした。
12:38
マウントゴックスの売り圧懸念でビットコイン急落、思惑先行の指摘も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が急落し、58000ドル台まで下落した。マウントゴックス(Mt.Gox)の債権者弁済が7月に始まることを受けたものだが、専門家からは市場の売り圧力は市場予想を下回るとの見解もある。
11:20
Coatue、米上場マイニング企業Hut8に240億円出資 AIインフラ構築で
米上場仮想通貨マイニング企業Hut 8は、AIインフラ構築で米投資企業Coatueから約240億円の戦略的投資を受けると発表した。
10:35
仮想通貨投資企業コインシェアーズ、FTXに対する請求権を63億円で売却
欧州の仮想通貨投資企業コインシェアーズは、破綻したFTXに対する債権請求権の売却に成功し約63億円を受け取ったと発表した。
10:05
米政府、SECに批判的な人物をNSC特別顧問に任命
米バイデン政権は、SECに批判的なキャロル・ハウス氏をNSCの特別顧問に任命。ハウス氏は、仮想通貨やブロックチェーン、CBDCに精通した人物である。
08:50
STEPN GO(ステップンゴー)、iOS版25日にローンチ予定
ライフスタイルアプリ「STEPN GO」のアップルiOS版アプリは、日本時間25日17時よりダウンロード可能になる予定だ。
08:05
ステーブルコインUSDT、アルゴランドとEOSで発行終了
ステーブルコインUSDTを発行するテザーは24日、アルゴランドとEOSという2つのブロックチェーンへの対を終了するを発表した。
07:20
野村、仮想通貨に関する機関投資家の動向を調査
日本の機関投資家の54%が今後3年間に仮想通貨に投資する意向であることなどを記載した調査結果を野村が公表。他にも投資配分や参入障壁なども機関投資家に聞いている。
06:40
DEX Screener、ソラナ基盤ミームコイン市場をローンチ
主要な仮想通貨銘柄の情報を検索するプラットフォームDEX Screenerはソラナ基盤ミームコイン市場「ムーンショット(Moonshot)」をローンチした。
06:10
トランプ氏、7月のビットコインカンファレンスへの登壇で交渉中
トランプ元大統領は、仮想通貨ビットコインの年次カンファレンスである「ビットコイン 2024」に登壇しスピーチを行うために、交渉しているようだ。
05:45
東証上場メタプラネット、約10億円でビットコイン追加購入へ
国内上場のメタプラネットは24日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを10億円相当で追加購入するための社債発行予定を発表した。
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア