CoinPostで今最も読まれています

リップル社は3つの大送金企業が2018年度XRPを使用する見通しを公言

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XRP利用に大きな一歩
リップル社はTwitterで、今年世界規模の5大送金企業のうち3つの企業が、リップルのXRPトークンを会社の支払いシステムで使用することを明らかにしました。
Ripple=XRPの誤解
リップル(XRPやリップル社の技術を合わせたすべて)の話題が日常的に流れる度に、新規投資家の『Ripple=XRP』という誤認識が、多くの懸念に繋がっています

リップル社はTwitterで、今年世界規模の5大送金企業のうち3つの企業が、リップルのXRPトークンを会社の支払いシステムで使用することを明らかにしました

詳しいパートナー企業は明かされないツイートですが、反響はとても大きく、大きな話題となりました。

反響が大きかった理由としてXRPトークンが実際に利用されると明言されていたことが言えるでしょう。

またこの当時XRPの価格は最高値を更新し、イーサリアムを抜かして2位に君臨しています。

新規投資家がリップル社技術に対する誤認識をしていると懸念されていた

毎週提携などのニュースが続き、このXRPが正式に利用されることが明言されたことでの、反響の大きさに疑問を持つ新規投資家も多くいることと思います。

リップル社は100以上の金融機関を獲得したことや、内外為替一元化コンソーシアムのRippleNet利用など、現在金融機関のブロックチェーン採用の最前線に立っている企業と言っても過言ではありません。

しかしブロックチェーンや仮想通貨メディアだけでなく日刊紙などでリップル(XRPやリップル社の技術を合わせたすべて)の話題が日常的に流れる度に、新規投資家が『Ripple=XRP』という誤認識をしているのでは、と懸念されてもいます

現在多くの金融機関でメインで利用発表されているのは、リップル社が提供するブロックチェーンソリューションの中の1つ『xCurrent』です。

『xCurrent』の他にもリップル社が提供するプロダクトのラインナップには『xRapid』や『xVia』があり、仮想通貨XRPが利用されるのは『xRapid』となります。

もちろんこの『xCurrent』という素晴らしいプロダクトの採用が進むことが、XRPに良い影響を与えるのは間違いはありません。

これについてRipple社チーフ暗号作成者David Schwartz氏も以前から以下のように明言しています。

『国際送金をリップル社のソリューションで提供しつつ、安価なXRP利用の送金システムも選択肢として柔軟に対応できる』

これらの複数の送金ソリューションが一つの選択肢となり、金融機関が利用できるプラットフォームの提供へと繋がるのでしょう。

銀行がリップルプラットフォームのみを採用、XRPを利用しなかったら価格はどうなるか?
銀行によってXRPが直接的に使われなかったとしても、支払いをする企業にとって、XRPは活動をより低コストで迅速にするための非常に魅力的な通貨です。今後銀行にどのような形で取り入れられても需要は上がっていき、結果価値も上昇していくのではないかと考えています。

しかしこのような技術採用ニュースの誤認識は、正しい投資理由へと繋がらない恐れもあり、より厳格な内容を伝える事が必要になってきています。

内外為替一元化コンソーシアムを主導する SBI Ripple Asia CEO 沖田 貴史氏に、CoinPost編集部も直接お話させていただく機会がありました。

その時、『多くの人に正しいリップル社の提供プロダクトを把握してもらうためにも、メディアでの表記について』を強く語られている印象を受けました。

また沖田氏は最近このようなツイートも行なっています。

XRP利用に関する明言の重要さ

このようにリップル社に関するニュースが多くある中で、今まで数が少なかったXRPという通貨自体に関する報道の増える兆しが見えてきています。

リップル最高経営責任者 Brad Garlinghouse氏(以下、ガーリングハウス氏)は、ニューヨーク・タイムズ紙の記事で、 XRPの使用についての疑問を投げかけられ、仮想通貨を分析した銀行や決済業者からのコメントを述べました。

Twitterでも、ガーリングハウス氏は、このように述べています。

『過去数カ月において、私は銀行や決済業者と話をしてきました。彼らは、確かにxRapid(リップルのXRP流動製品)を使用することを本格的に視野にいれています』  

2018年、仮想通貨市場だけでなく、XRPを始めとしたリップル社の躍進がより日常的な報道で目立つこととなるかもしれません。

その報道を正確に捉えるためにも、Ripple社の技術とXRPについてを正しく認識することで、より根拠立てた投資に繋がるのではないでしょうか。

2018年もCoinPostはRipple社が目指すブロックチェーン革命の軌跡を追っていきたいと思います。

リップルニュース一覧
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧