リップル社は3つの大送金企業が2018年度XRPを使用する見通しを公言

XRP利用に大きな一歩
リップル社はTwitterで、今年世界規模の5大送金企業のうち3つの企業が、リップルのXRPトークンを会社の支払いシステムで使用することを明らかにしました。
Ripple=XRPの誤解
リップル(XRPやリップル社の技術を合わせたすべて)の話題が日常的に流れる度に、新規投資家の『Ripple=XRP』という誤認識が、多くの懸念に繋がっています

リップル社はTwitterで、今年世界規模の5大送金企業のうち3つの企業が、リップルのXRPトークンを会社の支払いシステムで使用することを明らかにしました

詳しいパートナー企業は明かされないツイートですが、反響はとても大きく、大きな話題となりました。

反響が大きかった理由としてXRPトークンが実際に利用されると明言されていたことが言えるでしょう。

またこの当時XRPの価格は最高値を更新し、イーサリアムを抜かして2位に君臨しています。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

新規投資家がリップル社技術に対する誤認識をしていると懸念されていた

毎週提携などのニュースが続き、このXRPが正式に利用されることが明言されたことでの、反響の大きさに疑問を持つ新規投資家も多くいることと思います。

リップル社は100以上の金融機関を獲得したことや、内外為替一元化コンソーシアムのRippleNet利用など、現在金融機関のブロックチェーン採用の最前線に立っている企業と言っても過言ではありません。

しかしブロックチェーンや仮想通貨メディアだけでなく日刊紙などでリップル(XRPやリップル社の技術を合わせたすべて)の話題が日常的に流れる度に、新規投資家が『Ripple=XRP』という誤認識をしているのでは、と懸念されてもいます

現在多くの金融機関でメインで利用発表されているのは、リップル社が提供するブロックチェーンソリューションの中の1つ『xCurrent』です。

『xCurrent』の他にもリップル社が提供するプロダクトのラインナップには『xRapid』や『xVia』があり、仮想通貨XRPが利用されるのは『xRapid』となります。

もちろんこの『xCurrent』という素晴らしいプロダクトの採用が進むことが、XRPに良い影響を与えるのは間違いはありません。

これについてRipple社チーフ暗号作成者David Schwartz氏も以前から以下のように明言しています。

『国際送金をリップル社のソリューションで提供しつつ、安価なXRP利用の送金システムも選択肢として柔軟に対応できる』

これらの複数の送金ソリューションが一つの選択肢となり、金融機関が利用できるプラットフォームの提供へと繋がるのでしょう。

銀行がリップルプラットフォームのみを採用、XRPを利用しなかったら価格はどうなるか?
銀行によってXRPが直接的に使われなかったとしても、支払いをする企業にとって、XRPは活動をより低コストで迅速にするための非常に魅力的な通貨です。今後銀行にどのような形で取り入れられても需要は上がっていき、結果価値も上昇していくのではないかと考えています。

しかしこのような技術採用ニュースの誤認識は、正しい投資理由へと繋がらない恐れもあり、より厳格な内容を伝える事が必要になってきています。

内外為替一元化コンソーシアムを主導する SBI Ripple Asia CEO 沖田 貴史氏に、CoinPost編集部も直接お話させていただく機会がありました。

その時、『多くの人に正しいリップル社の提供プロダクトを把握してもらうためにも、メディアでの表記について』を強く語られている印象を受けました。

また沖田氏は最近このようなツイートも行なっています。

XRP利用に関する明言の重要さ

このようにリップル社に関するニュースが多くある中で、今まで数が少なかったXRPという通貨自体に関する報道の増える兆しが見えてきています。

リップル最高経営責任者 Brad Garlinghouse氏(以下、ガーリングハウス氏)は、ニューヨーク・タイムズ紙の記事で、 XRPの使用についての疑問を投げかけられ、仮想通貨を分析した銀行や決済業者からのコメントを述べました。

Twitterでも、ガーリングハウス氏は、このように述べています。

『過去数カ月において、私は銀行や決済業者と話をしてきました。彼らは、確かにxRapid(リップルのXRP流動製品)を使用することを本格的に視野にいれています』  

2018年、仮想通貨市場だけでなく、XRPを始めとしたリップル社の躍進がより日常的な報道で目立つこととなるかもしれません。

その報道を正確に捉えるためにも、Ripple社の技術とXRPについてを正しく認識することで、より根拠立てた投資に繋がるのではないでしょうか。

2018年もCoinPostはRipple社が目指すブロックチェーン革命の軌跡を追っていきたいと思います。

リップルニュース一覧