CoinPostで今最も読まれています

【Vol.1】Liskインタビュー:リローンチとロードマップについて

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Q. 開発ロードマップをみると、既にLisk Core1.0の発表が遅れている状態ですが、その他のプロジェクトは予定通り始動・発表するのでしょうか?
A. Lisk Core1.0の遅れはアーキテクチャの変更があり、セキュリティを徹底するための犠牲でした。ユーザー様に理解してほしいのは、我々は『スピードよりもクオリティを重視』しているという点です。Core1.0がリリースされれば、その流れに沿ってその他のプロジェクトがリリースされます。現段階ではその他のプロジェクトはロードマップ通りにリリースされる予定です。
Q. リブランディング・リローンチの詳細を教えてください
A. 多くの方がLisk Coreの発表とリブランディング.リローンチ発表日が重なると思っていますが、これは誤りです。Liskはどのようにしたらより多くの方にブロックチェーンを有効活用して頂けるかということを考えています。そのため、ユーザー、トレーダー、デベロッパーを含むすべての方のための快適なUIを提供することをスタート地点として考えました。

Liskのリブランディング.リローンチ直前にCoinPost編集部がLisk社に対し独占インタビューを行いました。

今回のインタビュー記事は第二編まで予定しています。

Vol.1ではリローンチとロードマップについての情報をお届け致します。

内容公開の許可をして頂いたLisk社に御礼申し上げます。

LiskCEOマックス氏 CTOオリバー氏のプレゼンテーションは日本時間2月21日4:30AMから始まる予定です。

※追記

Vol.2を公開しました。

【Vol.2】Liskインタビュー:日本・アジア市場での展開について
CoinPostによるLisk独占インタビュー記事のVol.2です。日本・アジア市場での展開についてや、ヨーロッパの市場、2018年の仮想通貨市場展開についてインタビューしました。また、記事下にLiskの求人情報も掲載しています。

リローンチイベント詳細

当日語られる内容の予定はこちら↓です。

インタビューそして、Lisk公式ブログにて語られた内容を参照しました。

  • CEO マックス氏が語る「Lisk vision in 2018 and more future」
  • NEW Liskデスクトップ、ウェブアプリ
  • NEW LOGO発表 (ブランドコンサルティング会社Revanceより)
  • ウェブサイトデザイン変更発表(UIとUX戦略)
  • 各チーム、今後のプラン発表
  • Lisk アカデミー (ブロックチェーン教育)
  • -Lisk Core 1.0についてCTOオリバー氏が言及

リブランディング.リローンチイベントに関して

―リブランディング・リローンチの詳細を教えてください。

多くの方がLisk Coreの発表とリブランディング発表日が重なると思っていますが、これは誤りです

2017年にリブランディングの発表をし、時間が経つにつれその企画は大きくなっていきました。

初めはウェブサイトのアップデートから始まり、Lisk NanoウォレットのUIの改善、そして最終的には、どのようにしたらより多くの方にブロックチェーンを有効活用して頂けるか、という点にたどり着きました。

これはLiskの根本的な原動力でもあります。

一般の方に限らず、投資家、開発者に対し、ブロックチェーンの利便性をあげることがLiskの目的です。

一例を挙げると、ICO参加の難しさです。

イーサリアムプラットフォームを利用してICOをする場合、一定水準の知識が必要になります。

そのため、ユーザー、トレーダー、デベロッパーを含むすべての方のための快適なUIを提供することをスタート地点として考えました。

Lisk Coreについてはリローンチ発表日に、パネルディスカッション形式で我々のCTOが詳細を発表する予定です。

リブランディングはコミュニティのフィードバックを基に進めていくとありましたが、具体的にどのような意見があったのでしょうか。

まずホームページを新しくしてほしいという要望が多かったです。

ロゴに関しても気に入らない・時代遅れに見えるという声がありました。

現在、Liskコミュニティにも認められる新しいロゴをデザイン中です。

しかし我々の優先順位は第一にセキュリティであり、次に利便性です。

近日のcoincheckのハッキング事件を受けて、取引所に限らず仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトのセキュリティ面の重要度を再認識しました

Liskは2016年に始動して以来、過去のプロジェクトの失敗からヒントを得て、セキュリティ面などを完璧にすることを心がけています。

我々のCTOは必ずテストを怠らず、開発チームの一人が毎朝必ずセキュリティテストを行います。

我々のプロジェクトを信頼するユーザーが多くいる分、彼らの資金を厳重に管理しなければならないとCTOは心掛けています。

今後コインチェックとのやり取りはどのように行いますか。

Coincheckは未だに多くのLSKコインを保有しています。

Coincheckは実のところ世界最大のLSKコイン保有社であり、その保有率は12%を占めます

この数字からみて、Liskがどれだけ日本で人気かがわかるでしょう

また、今回のコインチェック事件でハッキングを受けたLSKコインはありませんでした。

同じような事件が二度と起きないよう、ビットフライヤーに限らずLSKコインを新たに上場した取引所と協議しています。

今回のリブランディングを経た後の、中期的な目標についてお聞かせください。

Liskチームでは毎日新しいコードを発表しており、ユーザーにも開発が盛んであることをもっとアピールすべきだと考えております。

Liskが仮想通貨トップ10に入るのはまだ早いかもしれませんが、今後そのポテンシャルは十分にあります。

リブランディングを経た新ホームページを通じて、ユーザーとのエンゲージメントを増やし、Liskプロジェクトの真摯な姿勢をお伝えしたいです。

リブランディングによって、開発者が我々のコードにより深い興味を持つようになり、多くの方がLiskプロジェクトを見直す機会になればと考えております。

開発ロードマップについて

―Votingシステムの手数料は今後どのように改善されるのでしょうか。

これは我々が抱えている最優先の改善点です。

毎日、Votingシステムに関する多くの問い合わせを受けています。

我々がDPoSのDelegateをユーザーの投票から選ぶ際に、投票のための手数料を設定した当時はLSKコインの価値が今ほど高くない時でした(1LSK=1円以下)。

LSKコインの高騰により、投票手数料送金手数料の0.1LSKはユーザーにとって大きな負担となりました。

(※投票手数料が0.1 LSKとなっていましたが、正しくは投票手数料は1 LSKで、送金手数料が0.1 LSK、と確認が取れました)

新しくリリース予定のLisk Core 1.0では、新システムである『Dynamic Fee System』を活用します。(リリース日は異なる)

この手数料システムはまだ計画段階ですが、担当のIker Alustiza(クリプトグラファー)がMax、Oliverなどと話し合い、有能かつ、ユーザー満足のいく手数料システムを考案中です。

開発ロードマップをみると、既にLisk Core1.0の発表が遅れている状態ですが、その他のプロジェクトは予定通り始動・発表するのでしょうか?

Lisk Core1.0が当初の予定とはより遅れていることは確かですが、これはアーキテクチャの変更があり、セキュリティを徹底するための犠牲でした

ユーザー様に理解してほしいのは、我々は『スピードよりもクオリティを重視』しているという点です。

Liskはオープンソースプロジェクトなので、我々の開発チームがデベロップメントにどれほど熱心かはGithubを見れば一目瞭然です。

Liskプロジェクトは最も活発な仮想通貨開発チームの世界トップ3に入ると思います。

Core1.0がリリースされれば、その流れに沿ってその他のプロジェクトがリリースされます。

先のリリース日を予測することはとても難しいことですが、現段階で言えることは他のプロジェクトに関して話すと、ロードマップの予定通りリリースされる予定だということです。

開発中のDEX(分散型取引所)についてお聞かせください。

有益なLiskエコシステムの構築やサイドチェーンのトークンの流動性を向上するために取引所が必要だと考えています。

LSKは世界中で人気のあるトークンですが、各国に飛んでそれぞれの取引所と商談する人材と時間がないので、LSKユーザーがトレードできる我々の取引所を開発することにしたのです。

この分散型取引所ではサイドチェーンのトークンはLSKトークンと連携します。

これによりサイドチェーントークンは流動性・供給向上、LSKトークンは需要が上がると言ったウィンウィンを生みます。

近年、中央集権型取引所の欠点や弱点が目立ち、分散型取引所の需要が増えています。

特に今年はDEXの年になると予想します。

もちろん両者ともに利点、欠点がありますが、Maxは分散型を選択しました。

どのプロジェクトに最も注力しているのでしょうか。

開発チームが最も力を注いでいるのは、やはりCore1.0のリリースです。

同時に新しい手数料システムも開発中であり、Coreの次にリリースされるのは新しいFeeシステムです。

その他のプロジェクトも同時に開発中です。

各プロジェクトは孤立している訳ではなく、Liskエコシステムを完成させるための重要なピースであり、全部がそろって連携するのです。

モジュール化について詳しく教えてください。

マーケティング部の観点から説明いたします。

現在、Coreシステムのコードは非常に複雑な状態です

開発チームはこの状態でも開発中のコードを把握していますが、一般的なJavaJavaScriptの開発者にとってはおそらく難解なものとなるでしょう。

しかし、例えば一般の開発者がサイドチェーンのコンセンサスのコードだけを欲しい場合、そのコードを容易にコピーできなければなりません。

そのためにCoreシステム内のコードを読解しやすくするための作業がモジュール化なのです。

Vol.2では「日本・アジア市場での展開について」をお届けいたします。

※追記

Vol.2を公開しました。

【Vol.2】Liskインタビュー:日本・アジア市場での展開について
CoinPostによるLisk独占インタビュー記事のVol.2です。日本・アジア市場での展開についてや、ヨーロッパの市場、2018年の仮想通貨市場展開についてインタビューしました。また、記事下にLiskの求人情報も掲載しています。
リスクニュース一覧
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア