仮想通貨Binance Coin(BNB)のバーンが予定され、通貨価格に影響を与えるのか

BNBトークンが4月中にバーンを実施
Binanceは、BNBトークンのホワイトペーパー上で、四半期ごとにBNBを自社で買い戻し、バーンを行うことを宣言しています。4月中にトークンの3度目のバーンが実施される予定であり、BNBトークンに注目が集まっています。
BNBトークンの価格上昇
BNBトークンのバーン実施については、ホワイトペーパーにあるように予め情報が発表されており、その影響がトークン価格にも如実に表れている事が確認できます。多くの仮想通貨が3月上旬から下降し続けているのに対し、BNBトークンは3月を通してゆるやかな価格上昇を続けました。

Binanceが発行するトークンであるBNBが、4月中に3度目のバーンを行う予定です。

BNBは、世界一の取引高を誇る取引所BinanceがERC20トークンの規格を利用して発行した通貨です。

BinanceではBNBを使用し、取引手数料を半額にする事ができるほか、今後Binance社が展開する様々なサービスでBNBトークンが活用されていくとアナウンスされています。

仮想通貨 バイナンスコイン(BNB)とは/今後の将来性について
仮想通貨バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)とは何か、また今後の将来性についてを解説しました。バイナンスコインはその特性上、Binanceの信用度や成長性に大きく影響を受ける通貨で、手数料割引や投票制度などで使われています。

同取引所は、BNBトークンのホワイトペーパー上で、四半期ごとにBNBを自社で買い戻し、バーンを行うことを宣言しています。

Binanceは取引所の利益のうち20%をBNBの買い戻しに充てるとしており、BNBトークンが2017年7月にICOを実施して以来、これまでに2回のバーンが行われています。

1度目のバーンは2017年10月18日に行われ、計986,000 BNBがバーンされました(同社公式ブログ)。

また、2018年1月15日に2度目のバーンが実施され、前回のバーン量のおよそ2倍に当たる1,821,586 BNBがバーンされました。

最終的に、全発行量の50%に当たる1億BNBがバーンされる予定であり、今後も四半期ごとの買い戻しが行われます。

BNBトークンの正確なバーン実施日程については公式に発表されておりませんが、過去2回のバーンが対象月の15日付近に実施されていることを鑑みると、3Qのバーン実施時期もそう遠くない日に行われると考えられます。

バーンによる価格への影響

BNBトークンのバーン実施については、ホワイトペーパーにあるように予め情報が発表されており、その影響がトークン価格にも如実に表れています

※ BNB/USD 日足チャート Binance公式チャートより

BTCをはじめとした多くの仮想通貨が3月上旬から下降し続けているのに対し、BNBトークンは3月を通してゆるやかな価格上昇を続け、3月上旬に記録した最低値7.06ドルから、3/24にはおよそ2倍の14.9ドルの値をつけました。

バーンによって1トークンあたりの価値が高まることが予想され、こうした価格上昇に繋がったものと考えられます。

過去に行われたBNBのバーン時にも、バーン実施の直前までトークン価格の上昇トレンドが続き、バーンが発表された直後に価格が低下するという傾向が見られています。

仮想通貨の価格が上昇する要因5選
仮想通貨の価格が上昇する要因、理由として、上場、エアードロップ、フォーク、バーン、パートナーシップ提携などがありますが、それぞれどういった形で上がっていくかを掲載しています。