CoinPostで今最も読まれています

【確定申告特集4】仮想通貨の損益計算のながれ~利益計算から納税まで~|Aerial Partners寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の損益計算のながれ~利益計算から納税まで~

導入

2020年度は仮想通貨市場が大きく盛り上がったこともあり、取引で利益が出た方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨取引を行っていて確定申告が必要な人の条件については、こちらの記事にて解説しています。

【確定申告特集1】知っておきたい仮想通貨にかかる税金を税理士が解説|Aerial Partners寄稿
ビットコイン・イーサリアムなど2020年度は仮想通貨市場が大きく盛り上がった年となりました。仮想通貨取引での所得について、どのような税金がかかるのか、税務に詳しくない方にもわかりやすく説明していきます。

今回は、仮想通貨の確定申告の流れについて解説していきます。

まずは損益計算して正確な所得額を確認する

まずは、年間の利益額(または損失額)を確認するために損益計算を行う必要があります。こちらの記事でも紹介したように、仮想通貨の計算では、移動平均法・総平均法の2種類の計算方法のどちらかを選択する必要があります。

総平均法では、自分の予測の数値と大きく異なった計算結果になることがあるため、今年は利益は出ていないだろうと予測している人も必ず計算を行いましょう(計算方法は原則3年間変更できないため、特に昨年度に総平均法を選択している人は必ず計算しましょう)。

取引履歴の収集

まずは、取引履歴を収集します。仮想通貨の損益計算の性質上、計算を行いたい年度だけではなく、過去からのすべての履歴がないと正確に計算出来ないという特徴があるので覚えておいてください。

取引所などを利用している場合は、取引履歴をCSVやExcel形式でダウンロードできます。履歴はダウンロードできない場合は、Excelなどに自分で記録しておく必要があります。

以下は履歴を収集する上で押さえておきたいポイントです。

  • 仮想通貨取引を始めたときから、現在までのすべての年度の取引履歴を収集する
    (2017年から取引を始めている場合は、2017年度からの履歴が必要です)
  • 海外取引所やウォレットの履歴も忘れずに収集する
    利用しているすべての取引所・ウォレットの履歴を収集しましょう。取引所によっては、「売買履歴」、「入出金履歴」、「ボーナス履歴」といったように取引の種類によって履歴が分かれていることが多いので、行った取引の履歴はすべて集めてください。
  • 取引所を介さない第三者との取引の履歴も収集する
    友人への送金や、その他仮想通貨関連のサービスなど取引所を介さない取引を行っている場合は、それらの履歴も収集し計算に反映させる必要があります。取引履歴はダウンロードできない場合が多いので、普段から自分で取引を記録しておきましょう。

仮想通貨の損益計算ソフト利用すると簡単に計算できる

収集した取引履歴を元に損益計算を行います。Excelなどで計算を行うことは可能ですが、普段からExcelを使い慣れている方でも難易度が高いため、Gtaxなどの仮想通貨の損益計算サービスを利用することを推奨します。

Gtaxでは収集した取引履歴をアップロードするだけで、自動で計算が完了します。また、国内外の多くの取引所、様々な種類の取引に対応しています。

Gtaxの詳細はこちら

確定申告書の作成・提出

計算が完了したら確定申告書を作成し、提出します。

2020年度の所得税の確定申告の期間は、2021年2月15日~2021年4月15日です。新型コロナウイルスの影響で期間が1ヶ月延長されましたが、余裕を持って早めに終わらせておくことを推奨します。

web上で申告書の作成から提出まで行うことができます。最近ではスマートフォンで確定申告を行うことも可能になりました。

国税庁のHPを確認して、画面の案内に従って必要事項を入力していくだけで申告書を作成することができるので、申告書の作成自体はそこまで難しい作業ではありません。

仮想通貨取引による所得は、確定申告書の雑所得の欄に記入します。

国税庁:確定申告書等作成コーナー/e-Tax

また、移動平均法・総平均法のどちらを選択するかの届け出も、申告期限までに提出する必要があります。

国税庁:所得税の仮想通貨の評価方法の届出手続

納税

申告書を提出すると納税額が確定するので決められた期限までに納税します。

銀行口座からの振替納税やクレジットカード、コンビニでの納付などいくつか方法がありますので、自分にあった方法で納税しましょう。

まとめ

仮想通貨の確定申告は煩雑で、特に確定申告自体が初めての方にとっては大変な作業になるかと思います。特に取引履歴の収集・損益計算は、時間がかかり難しい作業ですので、申告期限が1ヶ月延長されましたが、2月中には計算を終わらせておくことを推奨します。

寄稿者:藤村 大生

公認会計士・税理士

株式会社Aerial partners ビジネス開発部長

監査法人でデューデリジェンス、原価計算導入コンサルなどの業務を中心に従事。 また、証券会社の監査チームの主査として、分別管理に関する検証業務も行う。暗号資産事業者に対する経理支援を行っており、暗号資産会計・税務の知見に明るい。

企業情報

企業名:株式会社Aerial Partners

設立:2016年12月27日

代表者名:沼澤 健人

グループ会社:Aerial法律事務所/Atlas Accounting/税理士法人堀口会計

運営サービス:Gtax(ジータックス)、Guardian(ガーディアン)

事業概要:仮想通貨損益の自動計算ソフト『Gtax』、税理士紹介&仮想通貨取引の損益計算サービス『Guardian』などの開発

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 水曜日
16:05
米コインベース関連団体、大統領候補による仮想通貨討論会を開催
米コインベースが立ち上げた仮想通貨の権利擁護団体「Stand with Crypto Alliance」は、米大統領候補による仮想通貨をテーマとした公開討論会を開催すると発表した。
15:59
オプション市場で5万ドルが意識されるビットコイン相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
1BTC=45000ドルまで上昇した暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの指標について、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が解説。
13:30
ふるさと納税のNFT採用進む、記念SBTで地域振興図る
日本各地の自治体がふるさと納税の返礼品としてNFTを導入する新しい動向を紹介。JPYC商品券の活用や、海陽町、高松市、岸和田市の先進的な取り組みを探り、デジタル技術を駆使した地域活性化の可能性を探る。
12:23
ビットコイン45000ドルまで大幅続伸、「ビットコインETF」巡るSECの動きに高い関心
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが45000ドルまで急騰した。ブラックロックや米SEC(証券取引委員会)を巡る動きを受け、ビットコイン現物ETFの承認思惑が加速している。
12:00
ビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注
米上場仮想通貨マイニング企業Riotは、MicroBTに6万台以上の最新ビットコインマイニングマシンを発注した。これまで最大規模の注文となる。
10:50
自民党主導の「デジタル先端金融議連」、ビットフライヤー等も参加
自民党がデジタル先端金融議員連盟を発足。暗号資産(仮想通貨)交換業者のビットフライヤー、コインチェックが参加。金融DX推進、Web3技術活用で現行制度の課題克服を目指す。グローバルな金融革新の状況を解説
10:30
新作Web3ゲーム「Apeiron」、Sky MavisのRoninチェーンに登場へ
アクシーインフィニティの開発スタジオSky Mavisはゲーム開発企業Fooni Magusとの提携を発表。新ゲーム「Apeiron」をRoninチェーンで展開する。
09:45
仮想通貨法人税制、2024年度も見直しへ
自民・公明の与党は、2024年度に向けた税制調査会を開催し、各省庁から出されている税制改正要望を査定。仮想通貨の法人税制を見直すことが決定したという。
08:40
ビットコイン続伸でマラソンなど仮想通貨関連株も続伸
主要な仮想通貨関連株はビットコインが44,000ドルに続伸したことを受け、6日にも続伸した。伝統金融では昨夜は10月の米求人件数データが発表され、労働市場が冷え込みつつあることが再び示されている。
08:05
IBM、仮想通貨向けコールド・ストレージ技術を発表
IBMは、仮想通貨などのデジタル資産向けの新たなコールド・ストレージ・ソリューションを発表。リップル傘下のMetacoらと協業し、このソリューションを開発したという。
07:30
コインベース、TikTokやインスタで仮想通貨送金無料に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは、世界で最も利用される通信・SNSアプリを通じて顧客同士が無料で仮想通貨を送金できる新サービスを導入した。
06:25
ブラックロック、ビットコインETF申請で10万ドルのシード資金調達
米資産運用大手ブラックロックの現物仮想通貨ビットコインETFの上場申請について、流動性提供のためのシードファンディングを10万ドル受けたことが判明した。
06:05
米SEC、グレースケールのイーサリアムETF上場申請の可否判断を延期
米SECは5日、グレースケールの仮想通貨現物イーサリアムETF上場申請の可否判断を延期した。今年中にビットコイン・イーサリアムのETF申請に対するSECの承認はされない見込みだ。
12/05 火曜日
19:46
「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
18:25
ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア