ユニセフがブロックチェーン企業に投資する理由|Forkast寄稿 Forkast寄稿

ブロックチェーン企業へ資金提供

6月9日、金融サービスをいまだ受けられない世界の人々を支援するため、ユニセフのベンチャーファンドは、ケニア、アルゼンチン、インド、メキシコ、ルワンダ、ネパールといった、6カ国のブロックチェーン・スタートアップ企業7社に投資することを発表しました。

77カ国、450社の応募の中から選ばれた7社に、上限10万米ドルが初期投資として提供されました。これらのスタートアップ企業のうち、5社は投資額の一部をイーサリアムで受け取る選択をしており、また5社は女性が中心となっているものです。

ブロックチェーンを活用し、17億人の金融包摂をサポート

世界銀行が2018年10月にまとめた金融包摂に関する調査によると、世界には銀行口座の開設をはじめ、基本的な金融サービスが受けることのできない、「銀行口座を持たない人々(Unbanked)」が約17億人いると推定されています。

アルゼンチンの「Xcapit」、インドの「GovBlocks」、メキシコの「BX Smart Labs」、ルワンダの「Leaf Global Fintech」、ネパールの「Rumsan」、ケニアの「Grassroots Economics」および「KotaniPay」の各スタートアップ企業は、金融包摂(Financial Inclusion)の拡大に向け、ブロックチェーン活用のソリューションに取り組んでいます。内容としては、十分なサービスを受けることができない層に対し、決済や送金、コミュニティ通貨、融資、投資機会の提供、および分散型の意思決定ツール提供など多岐にわたるものです。

ユニセフ・ベンチャー・ファンドは、2016年以来、世界のあちこちの課題に対する革新的なソリューションを支援すべく、世界中の新規プロジェクトに投資を行っています。また、ユニセフの「仮想通貨ファンド」(ユニセフ・イノベーション・ファンドの一部で、ビットコインとイーサリアムをプールするファンド)は、ユニセフによる仮想通貨の受け取り、保有、分配を実現しています。

関連: UNICEF has invested in 100 startups. Could your blockchain project be no. 101 — and receive funding in crypto?

途上国の金融包摂を実現するブロックチェーン

ユニセフ・ベンチャーズのリーダーであるSunita Grote氏は、声明の中で次のように述べています。

新型コロナウイルスは、子どもたちのコミュニティに影響を与えており、今後も世界中の多くの人の生活が大きく乱されるでしょう。金融システムやサービスへのアクセス実現など、包括的で手頃な価格のデジタルソリューションがいかに重要であるかがわかります。

より良い復興を目指すためには、システムの透明性、効率性、分散性を確保し、これまで十分なサービスを受けられなかった人々を取り込むために、イノベーターや問題解決に長けた有識者を支援する必要があります。

また、ユニセフ・イノベーション・ファンドと仮想通貨ファンドで投資部門を担当するセシリア・チャピロ氏は、Forkast.Newsとのインタビューにおいて、ブロックチェーンなどの新技術は子どもたちの生活を改善し、途上国での金融包摂を実現するソリューションを提供できると語っています。

チャピロ氏は、より多くの人々がこの技術に携わる必要があると述べ、ブロックチェーン技術活用がもたらす大きな可能性、そしてそれが及ぼす社会的影響について多くの人々が考え、実現していこうという発想が重要だと述べています。

勢いに乗るインドのDeFiとDAO

インドに拠点を置くスタートアップ企業の1つ、GovBlocks社は、分散型ガバナンスのためのプロトコルをイーサリアムブロックチェーン上に構築しており、ブロックチェーンベースの投票を分散型自律組織(DAO)や分散型アプリ(dApps)に提供します。

GovBlocksの共同設立者であるIsh Goel氏は、Forkast.Newsのインタビューに対し、ブロックチェーンベースの投票システムについての見解を述べました。

イーサリアムやPolygon、その他多くのエコシステムに見られる、ブロックチェーンプラットフォームで作成されるプロトコルや所有型経済は、重要な意思決定において、コミュニティの投票を必要とすることが多くなっています。

インドのDeFi(分散型金融)とDAO(分散型自律組織)のエコシステムは活況を呈しており、イーサリアムのレイヤー2ソリューションである、Polygonのようなプロジェクトがイノベーションを推し進めています。

DeFi(分散型金融)

DeFi(分散型金融)とは、ブロックチェーンを活用し、中央管理者不在の状態で行われる金融サービス、またはそのシステムを指す。

仮想通貨用語集

インドにおけるDAOの現状

Polygonで構築されたプロトコルやdAppsにはガバナンスソリューションが必要だとする一方、現状は他に選択肢がなく、マルチシグ(マルチ・シグネクチャ:Multi Signature)ウォレットやシングルウォレットが運用されていることにもGoel氏は言及。その上で、ブロックチェーンだけでなく、コミュニティにおける意思決定も分散化されてきていると付け加えています。

分散型アプリケーションを構築するのであれば、中心メンバーにもある程度の分散性が必要です。コミュニティの分散化を期待するだけではなく、創業チームも仮想通貨での構築という分散化の側面を受け入れ流べきでしょう。

人々は、物事が制度化された管理から、コミュニティによる管理へと移行していることに少しずつ気付き始めています。

信用は、仲介者からスマートコントラクトへと移行し、最近ではDAOが意思決定を行っています。

コンセンシス社の2021年第1四半期のDeFiレポートによると、dAppsやスマートコントラクトがコミュニティ主導のNFT取得を促進する、NFT所有の新たなメカニズムとしてDAOが注目を浴びています。

DAOの成功要因、および参入障壁とは

またGoel氏は、UniswapをバックボーンとするDAOのような成功例こそが、繁栄するコミュニティであるとします。彼によると、コミュニティを第一に考えるアプローチ、ビジョンを持つリーダー、そして「コミュニティへの参加」というコンセプト(つまりはより大きな利益のためには主導権を放棄する意思)に賛同する投資家が、その他の成功要因だということです。

仮想通貨業界で起きつつある変化として、創業者はベンチャーキャピタルではなく、コミュニティに目を向けるようになったと同氏は指摘します。

人気の高まりを見せているとはいえ、DAOはまだ始まったばかりです。DAOにとっての最大の参入障壁は取引コストでしたが、レイヤー2ソリューションによりその問題は解決されています。

現在は規制当局のスタンスが、新規参入の障壁になっているとGoel氏は言います。

2021年以降、ブロックチェーンや仮想通貨に関しては、取引コストが議論されなくなることが予想されます。

イノベーションは、規制当局から尊重される必要があります。規制の部分に関しては大きな変革が必要ですが、やがてそれは達成されることでしょう。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します