CoinPostで今最も読まれています

ユニセフがブロックチェーン企業に投資する理由|Forkast寄稿 Forkast寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーン企業へ資金提供

6月9日、金融サービスをいまだ受けられない世界の人々を支援するため、ユニセフのベンチャーファンドは、ケニア、アルゼンチン、インド、メキシコ、ルワンダ、ネパールといった、6カ国のブロックチェーン・スタートアップ企業7社に投資することを発表しました。

77カ国、450社の応募の中から選ばれた7社に、上限10万米ドルが初期投資として提供されました。これらのスタートアップ企業のうち、5社は投資額の一部をイーサリアムで受け取る選択をしており、また5社は女性が中心となっているものです。

ブロックチェーンを活用し、17億人の金融包摂をサポート

世界銀行が2018年10月にまとめた金融包摂に関する調査によると、世界には銀行口座の開設をはじめ、基本的な金融サービスが受けることのできない、「銀行口座を持たない人々(Unbanked)」が約17億人いると推定されています。

アルゼンチンの「Xcapit」、インドの「GovBlocks」、メキシコの「BX Smart Labs」、ルワンダの「Leaf Global Fintech」、ネパールの「Rumsan」、ケニアの「Grassroots Economics」および「KotaniPay」の各スタートアップ企業は、金融包摂(Financial Inclusion)の拡大に向け、ブロックチェーン活用のソリューションに取り組んでいます。内容としては、十分なサービスを受けることができない層に対し、決済や送金、コミュニティ通貨、融資、投資機会の提供、および分散型の意思決定ツール提供など多岐にわたるものです。

ユニセフ・ベンチャー・ファンドは、2016年以来、世界のあちこちの課題に対する革新的なソリューションを支援すべく、世界中の新規プロジェクトに投資を行っています。また、ユニセフの「仮想通貨ファンド」(ユニセフ・イノベーション・ファンドの一部で、ビットコインとイーサリアムをプールするファンド)は、ユニセフによる仮想通貨の受け取り、保有、分配を実現しています。

関連: UNICEF has invested in 100 startups. Could your blockchain project be no. 101 — and receive funding in crypto?

途上国の金融包摂を実現するブロックチェーン

ユニセフ・ベンチャーズのリーダーであるSunita Grote氏は、声明の中で次のように述べています。

新型コロナウイルスは、子どもたちのコミュニティに影響を与えており、今後も世界中の多くの人の生活が大きく乱されるでしょう。金融システムやサービスへのアクセス実現など、包括的で手頃な価格のデジタルソリューションがいかに重要であるかがわかります。

より良い復興を目指すためには、システムの透明性、効率性、分散性を確保し、これまで十分なサービスを受けられなかった人々を取り込むために、イノベーターや問題解決に長けた有識者を支援する必要があります。

また、ユニセフ・イノベーション・ファンドと仮想通貨ファンドで投資部門を担当するセシリア・チャピロ氏は、Forkast.Newsとのインタビューにおいて、ブロックチェーンなどの新技術は子どもたちの生活を改善し、途上国での金融包摂を実現するソリューションを提供できると語っています。

チャピロ氏は、より多くの人々がこの技術に携わる必要があると述べ、ブロックチェーン技術活用がもたらす大きな可能性、そしてそれが及ぼす社会的影響について多くの人々が考え、実現していこうという発想が重要だと述べています。

勢いに乗るインドのDeFiとDAO

インドに拠点を置くスタートアップ企業の1つ、GovBlocks社は、分散型ガバナンスのためのプロトコルをイーサリアムブロックチェーン上に構築しており、ブロックチェーンベースの投票を分散型自律組織(DAO)や分散型アプリ(dApps)に提供します。

GovBlocksの共同設立者であるIsh Goel氏は、Forkast.Newsのインタビューに対し、ブロックチェーンベースの投票システムについての見解を述べました。

イーサリアムやPolygon、その他多くのエコシステムに見られる、ブロックチェーンプラットフォームで作成されるプロトコルや所有型経済は、重要な意思決定において、コミュニティの投票を必要とすることが多くなっています。

インドのDeFi(分散型金融)とDAO(分散型自律組織)のエコシステムは活況を呈しており、イーサリアムのレイヤー2ソリューションである、Polygonのようなプロジェクトがイノベーションを推し進めています。

DeFi(分散型金融)

DeFi(分散型金融)とは、ブロックチェーンを活用し、中央管理者不在の状態で行われる金融サービス、またはそのシステムを指す。

仮想通貨用語集

インドにおけるDAOの現状

Polygonで構築されたプロトコルやdAppsにはガバナンスソリューションが必要だとする一方、現状は他に選択肢がなく、マルチシグ(マルチ・シグネクチャ:Multi Signature)ウォレットやシングルウォレットが運用されていることにもGoel氏は言及。その上で、ブロックチェーンだけでなく、コミュニティにおける意思決定も分散化されてきていると付け加えています。

分散型アプリケーションを構築するのであれば、中心メンバーにもある程度の分散性が必要です。コミュニティの分散化を期待するだけではなく、創業チームも仮想通貨での構築という分散化の側面を受け入れ流べきでしょう。

人々は、物事が制度化された管理から、コミュニティによる管理へと移行していることに少しずつ気付き始めています。

信用は、仲介者からスマートコントラクトへと移行し、最近ではDAOが意思決定を行っています。

コンセンシス社の2021年第1四半期のDeFiレポートによると、dAppsやスマートコントラクトがコミュニティ主導のNFT取得を促進する、NFT所有の新たなメカニズムとしてDAOが注目を浴びています。

DAOの成功要因、および参入障壁とは

またGoel氏は、UniswapをバックボーンとするDAOのような成功例こそが、繁栄するコミュニティであるとします。彼によると、コミュニティを第一に考えるアプローチ、ビジョンを持つリーダー、そして「コミュニティへの参加」というコンセプト(つまりはより大きな利益のためには主導権を放棄する意思)に賛同する投資家が、その他の成功要因だということです。

仮想通貨業界で起きつつある変化として、創業者はベンチャーキャピタルではなく、コミュニティに目を向けるようになったと同氏は指摘します。

人気の高まりを見せているとはいえ、DAOはまだ始まったばかりです。DAOにとっての最大の参入障壁は取引コストでしたが、レイヤー2ソリューションによりその問題は解決されています。

現在は規制当局のスタンスが、新規参入の障壁になっているとGoel氏は言います。

2021年以降、ブロックチェーンや仮想通貨に関しては、取引コストが議論されなくなることが予想されます。

イノベーションは、規制当局から尊重される必要があります。規制の部分に関しては大きな変革が必要ですが、やがてそれは達成されることでしょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
14:00
Yuga Labsら、BAYC販売をめぐって訴訟に直面
BAYCなど人気NFTを提供するYuga Labsらが米国で集団訴訟に直面している。訴状は、被告が著名人を使ったプロモーションで不適切な宣伝・販売を行っていたと申し立てている。
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧