CoinPostで今最も読まれています

「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「ブロックチェーンを国家戦略に」

2月4日の衆議院内閣委員会にて、自民党のデジタル社会推進本部「NFT特別担当」平将明衆議院議員が、暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン、およびNFT(非代替性トークン)をはじめとする「Web3.0」について関係大臣に質問を行い、大きな反響を呼んだ。

今回、CoinPost編集部は平議員にインタビューする機会をいただき、見解を伺った。

関連: 「人材流出が著しい」NFT特別担当の平将明議員、ガバナンストークンへの課税の見直しを要望

平将明(まさあき)議員平 将明

衆議院議員。早稲田大学法学部卒。自民党内のデジタル社会推進本部本部長代理やネットメディア局長を兼任。

1月下旬にデジタル社会推進本部内のNFT特別担当に指名されると、1週間後には「NFT政策検討プロジェクトチーム」の座長に就任。

岸田首相の掲げる「新しい資本主義」とWeb3.0構想のシナジーを提唱するほか、NFTのみならずブロックチェーンを日本の国家戦略に入れる構想を抱いている。

目次
  1. プロジェクトチーム設立の経緯
  2. 自民党内での温度感
  3. 今後の動き
  4. 規制とイノベーションのバランス
  5. 仮想通貨の税改正について
  6. 読者の出来る事
  7. 海外と日本の違い

プロジェクトチーム設立の経緯は

ーデジタル社会推進本部でブロックチェーンについての政策議論を行うということですが、まずはプロジェクトチーム設立の経緯について教えてください

自民党は、他の政党と比べてかなり分厚く「デジタル政策」について議論を重ねてきました。その結果、デジタル庁の設立や2021年に成立した「デジタル関連法」に繋がっています。

中心メンバーは、平井議員(前デジタル大臣)です。平井さんの下に自由民主党のデジタル社会推進本部があり、私は本部長代理(No.2)を務めています。

平井さんからは、今年初めての本部会議で「NFT市場をしっかり見て、日本の成長戦略に入れるべきではないか」ということで、私に白羽の矢が立った経緯があります。

指名された1週間後には、日銀出身で政策通の小倉將信議員に事務局長をお願いして、自民党内の「プロジェクトチーム」という形で発足しました。

関連:『基本路線は成長戦略』自民党デジタル本部のNFT特別担当に平将明議員が就任

ただ、一概にNFTといっても、暗号資産やブロックチェーンなどいろんなものが絡まってきますし、それぞれ縦に規制が入っているから、幅広に見ないといけない。簡単な話ではありません。

自民党内の温度感

ー22年1月に取引量が68億ドル(約7900億円)を超えるなど、世界的にも需要の高いNFT市場ですが、政府・自民党内のスタンスや温度感を教えてください

22年1月のNFT取引量は過去最高を更新
参照:The Block

NFTについては、クールジャパン担当副大臣を内閣府でやっていた頃から注目しています。

昨年は、自由民主党のクールジャパン戦略の中にアート・サブカルの分野でNFTを活用すべきだ、その研究をしっかりするようにということで、内閣府の知財部局やクールジャパンの担当部局に宿題を出しています。

一方で、ビットコイン(BTC)などの暗号資産は、古くはマウントゴックス社の不正流出事件などがありました。平井議員と我々が対応した記憶がありますが、当時は暗号資産への理解が浅く、規制面も市場規模も発展途上でしたから、日本国内に所管できる官庁がありませんでした。権限を押し付けあう消極的な権限争いが発生していたんです。

そこから数年かけてきっちりとした規制が入りつつ、2018年1月には再び大規模な不正流出事件などもありましたので、自民党としては保守的というか、「しっかり規制しなければならない」というのが現段階での空気感だと思います。

今後の動きは

ー自民党内では、2021年5月に「ブロックチェーン推進議員連盟」が設立されました。新興技術に対する意見交換や議論はどのように進んでいますか

ブロックチェーン推進議員連盟は、木原誠二議員と私が中心となって作った議連です。去年も議連での議論の成果について、当時デジタル担当大臣だった平井卓也議員に提言書を持って行きました。

議連では、ブロックチェーン業界の皆さんや専門家の方々と議論を重ね、税制の在り方についても提案していました。

関連:「ブロックチェーンを国家戦略に」NFT事業などを見据え、自民党の議員連盟発足

木原議員は現在、官房副長官に就任して政府の側におり、諸対応に集中されてるので、今回のプロジェクトチーム含めて、私の方で集約して政策立案をしていくという方針になるかと思います。

一方、自由民主党の成長戦略は、例年ゴールデンウイーク明け(5月上旬)頃に取りまとめが行われ、政府に提出する流れです。我々は与党なので、政府はこれを受けて、その後発表する成長戦略や骨太方針に反映するケースが多いです。

これが反映された後、年末には税調(税制調査会)の議論が始まるのがおおよその年間スケジュールです。何か新たな成長戦略や柱を自民党の成長戦略に入れられるかどうかは、大きなカギとなるでしょう。木原官房副長官も、以前自民党の成長戦略本部の事務局長を2年くらい担当しましたし、それ以前は私がその役目を果たしてきました。

今回の最初のターゲットは、自民党の成長戦略に入れ込むことができるよう、ブロックチェーンやNFTについて今後さまざまな方々の意見を聞いていき、それを基に政策のパッケージを作り、「デジタル社会推進本部」に提出することです。

次にデジタル社会推進本部から自民党の成長戦略本部に上げ、理解を得た上で最終的に「自民党の成長戦略」に入れるかどうか、というところが最大のポイントとなるでしょう。

現在のブロックチェーン界隈は幅が広く、展開が非常に早い上、新たなテクノロジーやサービスがどんどん出てきています。我々も精力的に議論を重ね、より合理的な成長戦略としてまとめていきたいと思います。

規制とイノベーションのバランス

ー早期のNFT規制、法整備を歓迎する一方、新興産業のイノベーションを妨げてしまうという懸念の声もあるかと思います

私がNFT特別担当になった際に平井卓也議員からも言われましたけども、「これは、成長戦略として捉えてやるべきだ」と。それが、基本スタンスです。

ですからそういった意味では、最近の日本の税制や金融のほうで何かしらの事象があるたびに規制が入っていったという結果、企業も色々やりにくいことがあると思います。

ただ一方で、それなりに意味があって規制が入っているところでもあります。ツイッターで「規制のデザイン」と言及したら批判も多く寄せられましたが、これは”必ずしも規制を強化する”という意味ではありません。

例えば、NFTに関しては現時点では何の規制もない状況ですが、一方で既存の法律に抵触するのではないかという懸念も寄せられていますし、その決済手段である暗号資産やブロックチェーンとか、全体を見ながら検討する必要があります。縦に入っている既存の規制では整合性が取れず、生態系(エコシステム)がきちんと回りません。

これに関しては、米国など国際的なルール化・標準化の動きもありますので、それも踏まえた上でどのような生態系を作ればいいのか、適切にデザインしなければならない。

「税制をどうするのか」という大きな問題もありますので、全体を見ながら、成長戦略としての「Web3.0」に乗り遅れないように、我々が足を引っ張らないように、政策をまとめていくことになると思います。

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨の税改正について

ー総合課税(最大55%)から分離課税への変更も検討項目に入っているのでしょうか

自民党のNFTのプロジェクトチーム(PT)を始める以前、アジアを中心としたカンファレンス(会議)に登壇しました。そこのセッションで、あるブロックチェーンの起業家の人に、強く批判された経験があります。

一番言われたのは、「ガバナンストークンの課税について」でした。ガバナンストークンに課税されてしまったら、スタートアップ企業はまともに機能できないと。その結果、有望な企業はシンガポールなど海外に移転してしまいます。

ガバナンストークンとは

トークン保有量に応じて、投票権(議決権)や発言権を有し、分散型プロトコル運営の意思決定に携わることができる。

▶️仮想通貨用語集

または、日本で起業すると「出国税」も発生しますから、中・長期的に見て貴重な人材の国外流出がすでに起きているのです。ですから、ガバナンストークンの課税をどう見るのか、というところを税当局としっかり議論しなければならないと思います。

もう一点は、分離課税なのか、雑所得なのかというところも議論があります。

さきほどのブロックチェーン議連では、「分離課税(20%)にするべき」というスタンスに立っていますが、政府側は「ブロックチェーンは、根源的な価値を生み出さないのではないか」と言っていて、正直なかなか固い壁です。

もちろん、さまざまな観点を考えながらになりますが、これを実際に決めるのは毎年末の「税制議論」になっています。

自民党の税制調査会が最終的な決定権を持っていますので、我々がまずやらなければいけないことは、まず税調でしっかり議論して、どれだけの果実が取れるのかと言う話になります。

そのために私がまずやらなければいけないのは、ブロックチェーンやNFT、暗号資産の周りで「今、世界でなにが起こっているのか」、貴重な人材の国外流出も含めて日本の将来的な成長に向けて何をしなければならないのか(課題を洗い出す)ということです。正しい認識の下で、同調する仲間を増やしていく事がすごく大事になるでしょう。

日本は民主主義ですし、自民党も非常に民主的な政党ですから、そういった人たちの声が増えて、届くようになれば我々のパワーになります。それと合わせて、先ほども述べた通り、自民党の「成長戦略」として位置づけられるのかどうかです。

もし成長戦略に組み込めたら、今度は政府の骨太方針に位置づけられるのかどうか。ここで成果を得ていかないと、その後の年末での税調議論に臨めないので、着実に果実を得ていくことが大事だと考えています。

関連:『基本路線は成長戦略』自民党デジタル本部のNFT特別担当に平将明議員が就任

国民に出来る事

ー党内でブロックチェーン議論を促進する上で、国民が後押しできる方法はありますか

私のTwitterにリプライなど書いてくれれば参考にさせていただきます。まだ法律を作るような段階ではなく、「成長戦略の素案」を作る段階なので、現時点では規制だとか、パブリックコメントをする前の段階なんですよね。

今回、座長に私がいて、上の本部には平井卓也議員がいて、本部の顧問に甘利明議員がいる。新しい技術に対して許容力のある方々が入っています。他にも事務局長の小倉議員も自民党を代表する政策通ですし、昨年企業が選ぶベストロイヤー(弁護士)トップ3にランクインした塩崎彰久議員もメンバーに入ってもらいました。さらには、法務大臣をやっていた若手で活躍する山下貴司議員もいます。

このように、自民党には豊富な人材がいるので、専門人材も含めて色々な方々に入ってもらって、理想に近いチームが出来てます。彼らなりにツイッターなどで議論の経過などをツイートなどする機会もあるかと思いますので、是非フォローしていただいて、提案などいただけたらと思います。

現に私が「NFTの特別担当になりました。規制のデザインをします」とツイートした直後から、「規制強化か」といって批判を浴びたりしながらも、フォロワーが1万人ほど増えた際には、デジタルの時代を痛感させられました。

一方で、親しくさせていただいているIT業界で最先端を走っている方々や、ブロックチェーン業界の方々が、僕のツイートに即座に反応して、メッセンジャーでグループを作ってくれたんです。早速、色々な議論が可能な環境も出来ました。通常だと、直接会うには日程調整だけで何ヶ月も先になるような日本を代表する錚々たるメンバーだと思います。

今は本当にデジタルの時代で、政策の立案過程も変化しています。SNSなどで意見を言っていただけると目に入ってくると思うので、うまく活用していただければと思います。

総括

仮想通貨税制に関する議論の進展や企業の仮想通貨導入事例について、日本は他国に比べて遅れているとの指摘もある。

しかし平議員は、「このような状況の背景には、日本が採用する大陸法(Civil Law)と英米法(Common Law)の違いがある」と指摘する。

大陸法は、ローマ帝国で発祥し、西欧で発展した法系だ。日本でも明治維新に伴い、この法系が採用されており、市民法とも呼ばれる。主な性質としては成文法を重視し、既存の法律への依存が大きい点などがある。

対照的に、英米法(コモン・ロー)では過去の判例を重視する傾向があり、主に米国やイギリス、オーストラリアで普及している。

英米法では、法律に違法な事項が明記してある場合はそれができなくなる反面、そうでなければ、「新しいことはまずやってみる。問題があれば事後司法判断になる」と平議員は説明する。

対照的に、大陸法では合法的なことは全てポジティブリストに記されているため、全く新しいことは記載されていない場合があると指摘。新たなものである場合、法改正してポジティブリストに加える必要があるとした。

このため、英米法の国では企業が新たなイノベーションに対して自由に動き、後から規制を伴った法整備も可能だが、日本やドイツなど大陸法の国々では必然的に規制主導にならざるを得ない状況があると分析する。日本が後れをとっているのは「アニマルスピリットとかそういう以前に、法律の問題、法体系の問題が大きい」との見解を示した。

日本でもこういった問題を解決するため、「国家戦略特区」を導入しようと試みていたが、加計学園問題で議論が硬直状態にあると指摘。

さらに、日本では新興技術のリスクばかりが懸念され、将来を見越したイノベーションが止まってしまうような風潮がある。ブロックチェーン技術に対する理解度がまだまだ浅いため、「まずは自民党内での理解度向上が急務である」と述べた。

動画の視聴はこちら

CONNECTVとは

仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュースや初心者向けの学べるコンテンツを解説するYouTubeチャンネル「#CONNECTV」。記事でわからないトピックを動画で毎日解説する内容を届けている。

また、国内大手仮想通貨・ブロックチェーンメディアだからこそ可能な有益な情報も配信予定。今後は、国内外のさまざまなビジネスジャンルのキーパーソンと、仮想通貨・ブロックチェーン業界のキーパーソンがコラボレーションできる「場」の創出を目指す。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/26 日曜日
11:30
31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから分析。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア