「人材流出が著しい」NFT特別担当の平将明議員、ガバナンストークンへの課税の見直しを要望

仮想通貨の税制も見直しを要望

自民党の平将明議員は4日、同日開催された衆議院内閣委員会において暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーンなどの技術を活用した分散型の概念である「Web3.0」やスタートアップのガバナンストークンへの課税の問題について関係大臣に質問した。

現行の税制については、「これほどイノベーションを阻害する税制になっている」とし、業界の有望な人材やスタートアップが国外に流出している窮状を訴えた。

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

平議員は、元内閣府副大臣などを歴任しており、1月に自民党のデジタル社会推進本部より「NFT(非代替性トークン)特別担当」に指名されている。先進的な技術にも明るい人物だ。

関連:自民党が「NFT政策検討プロジェクトチーム」設置 成長戦略踏まえた税制改正も視野に

Web3.0について

平議員は、ブロックチェーン・トークンエコノミー・NFT・メタバースなどが活用されるWeb3.0について、「社会を大きく変えるインパクトのあるもの」とし、先手で様々な議論を進めていく必要があると説明し、牧島かれんデジタル大臣と山際大志郎経済再生大臣に見解を問うた。

牧島デジタル担当大臣

Web3.0は抽象的な概念ではあるものの様々な見解があり、従来のインターネットのあり方を変える可能性があると期待する見方があると受け止めている。デジタル社会の実現に向け、日々変化する技術のトレンドをしっかり把握して技術動向を注視することが重要と考えている。

山際経済再生担当大臣

ゲームチェンジができるチャンス。Web3.0になったときにプラットフォーマーからの呪縛から我々がどのように解き放たれるのか、全体像が見えていない状況にありながら、だからこそ与党の中でこの分野における政策を議論することは本当に価値のあること。したがって、デジタル大臣を中心とし成長戦略の中にしっかりWeb3.0を盛り込んでいきたい。

両大臣とも、Web3.0に関してインターネットや社会のあり方を変える可能性を持つものとの認識を示した。

各大臣の答弁を受け、平議員は「Web3.0はインターネットのあり方を必ず変えるという認識で政策を作る必要がある」と主張。岸田総理の掲げる「新しい資本主義」に言及しつつ、「ブロックチェーンの活用によりこれまで(株式の配当)とは違う資産の分配方法を可能とする」「成長戦略の一つの柱としてWeb3.0を位置づけることが極めて重要」と述べ、ブロックチェーンを成長戦略・国家戦略として位置づけたうえで担当大臣としっかり検討してほしいと要請した。

スタートアップのガバナンストークンへの課税について

平議員は、「ブロックチェーンに関して一番の問題は課税の問題」であると切り出す。日本では、法人の場合ガバナンストークンに対してキャッシュ化していなくても時価評価で課税されるが、暗号資産(仮想通貨)のベンチャーがガバナンストークンを発行した際、手元にトークンを保有しておかないと事業を推進することができないと説明。

「ブロックチェーン界隈のスタートアップや技術者は日本で創業できず、シンガポールなどの国に行かざるを得ず、ものすごい勢いで優秀な人材、有望なスタートアップが日本から流出している状況」であるとし、ガバナンストークンに対する課税の見直しを訴えた。

藤原崇財務大臣政務官

一般論として、法人が年度末で保有し活発な市場が存在する暗号資産については、売買目的で保有する有価証券や金・銀などと同様に時価評価で評価損益を計上することとなっている。

この取り扱いの理由は、企業会計上も時価評価とすることになっていること、あるいは売却・換金が容易であること、仮に時価評価を行わなければ所得の発生する事業年度に含み損のある暗号資産のみを売るという租税回避行為が想定されることによるもの。

こうしたことを踏まえ、ガバナンストークンについても一般的には事業年度末に時価評価を行い評価損益を計上しているということだ。

藤原財務大臣政務官の答弁に対し平議員は、それは「財務省の理屈」であると反論し、再度現行の税制の問題点を指摘。人材の流出が深刻化する窮状を訴えた。

売買目的でなくともブロックチェーンの特性上、手元にガバンストークンを持たざるを得ない。利益が実現してないにもかかわらず課税している。おそらく財務省は公平性に着目していると考えられるが、結果的に有為な人材を海外に流出させることを促進する税制になっている。

いずれにせよ、昨年から人材流出が半端でなく、仮想通貨・ブロックチェーン業界では日本で起業したいという人には「日本だけはやめておけ、シンガポールや中東に行ってやるべきだ」となってしまっている。

これほどイノベーションを阻害する税制になっていることを議論していきたい。

NFTの活用について

続いて平議員は、日本が有するアニメやポップカルチャーなどクールジャパンのコンテンツをNFTを活用することで「グローバルのマーケット価格に引き直して最大化できる」「クールジャパンにおいてNFTは起爆剤になる」と主張。一方で、日本ではNFTなどに関する法整備が整っていないため企業が積極的に事業を推進してよいものか判断できなくなってしまっている状況にも触れつつ、クールジャパンに関する見解について、若宮健嗣デジタル田園都市国家構想担当大臣に見解を問うた。

若宮デジタル田園都市国家構想担当大臣

我が国は漫画やアニメなど多様な知的財産を有するコンテンツ大国と認識している。近年これらの分野にNFTが導入され、例えばデジタルアートに証明書を付して流通させる、あるいは仮想コンテンツを資産として高付加価値化する取り組みを展開している。

NFT技術を用いたコンテンツの転売に関しては原作者等への対価の還元が可能であると認識している。今後のクールジャパン戦略においてはデジタル技術の積極活用が不可欠と考える。

我が国の豊富なコンテンツをNFTなどの技術を活用し、広く世界に知らしめることができると期待しており、しっかり取り組んでいきたい。

答弁内容について、平議員は、「このままだとNFTのマーケット自体が海外に取られてしまうことになりかねないため、クールジャパンの文脈でNFTに関して成長戦略として進めていってもらいたい」と要請した。

関連:『基本路線は成長戦略』自民党デジタル本部のNFT特別担当に平将明議員が就任

関連:Twitter投稿が3億円の価値に|大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します