NFTがアジアの音楽業界にもたらす影響とは|Forkast寄稿

NFTは音楽の価値を取り戻せるか?

音楽業界の一部のユーザーやアーティストは、新たな収入源を確保するために非代替トークン(NFT)に注視していますが、暗号資産(仮想通貨)に積極的でない人が参加するのはなかなか難しいと思われます。

NFTのプラットフォームの中には、音楽ファンをNFTの世界に導くために、専門用語を無くし、このNFTという新しい技術が、たくさんのミュージシャンの収入源増加に繋がるよう、尽力しているところもあります。

業界専門家はForkast.Newsに対し、音楽配信サイトにより音楽作品の単価がほぼゼロになった今、NFTは再び音楽の価値を取り戻す可能性があると語っています。

とはいえ、マーケティング活動を大きくさせるためには、すでに多くのファンを持つ歌手やミュージシャンの既存ファンをNFTへ誘導することが不可欠と考えられています。

NFT普及における課題とは

しかし、デジタル・コレクション(NFT)という新しい形の商品を音楽ファンに買ってもらうためには、どうしたらよいかという課題が残されています。

台湾のNFTプラットフォームOURSONGの共同設立者で、ロックバンドEchoのメインボーカルであるPochang Wu氏は「この新しい(NFT)アイデアを一般の人々に紹介することが一つの大きな課題です」と述べ、メディア露出が助けになっていると付け加えました。

Pochang Wu氏は新しい技術に戸惑う人は多いとは思いますが、ファンは、NFTが何であるかを正確に知る必要はないと言います。

CDやDVD、WiFiのスペルを知らない人がいるように、新しい技術は最初は難しく見えるかもしれません。

ファンたちの結束力

NFTに参加する個人クリエイターが増えるにつれ、ファンのサポートが必要不可欠になってきました。

Terence Leong氏は、人々がとにかくオンラインで見つけることができるMP3をファンに与えるようなものではなく、”ユニークなものを与える “のだと語っています。

OURSONGは、アーティストがチャットグループで購入者と関わることができる機能を開始しました。このようなファンに向けた活動は、サブカルチャーから世界的なメインストリーム現象に発展したK-POPを取り巻くコミュニティで活発に行われています。

関連:NFTが音楽業界にもたらすベネフィットとは|Forkast寄稿

K-POPファンに広まるNFT

NFTがアジアのアート業界を揺るがす中、エンターテイメント業界、特に韓国ではコロナウィルス感染が広がる中でも、オンラインでの活動が盛り上がっています。その中でもNFTに関するコミュニケーションが活発です。

例えば、2PMやTWICEなどのK-POPアーティストを擁する韓国4大エンターテインメント企業の1つであるJYPエンターテインメントは、7月に地元のブロックチェーン企業Dunamuと提携し、K-POP専用のNFTプラットフォームを立ち上げる計画を発表しています。

K-POPを代表するアイドルグループであるBrave Girlsも7月、Upbitと提携し、活動再開に合わせて限定版NFTをリリースしました。

「K-POPのファンはかなり粘り強いので、少し難しい内容でも、すぐに学ぶことができると思います」と、シドニーのマッコーリー大学の講師で、K-POPの革新方法などを研究しているトーマス・ボーディネット氏はForkastのインタビューに答えています。

四川大学ピッツバーグ研究所で韓国のポップカルチャーを教えているAreum Jeong助教授も、K-POPファンは高度にネットワーク化され、組織化されているという同じような見解を示しました。

Areum Jeong氏はインタビューの中で、以下のようなコメントを残しています。

彼らは非常に具体的な共同目標を持つ高度に組織化されたコミュニティーです。YouTubeやTwitterで、7つの言語でハウツーのチュートリアルを作ってくれるんです。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します