CoinPostで今最も読まれています

ブロックチェーンゲームの稼ぎ方「Play to earn(P2E)編」|廃猫

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

 

今回は、ブロックチェーンゲームの稼ぎ方を紹介します。

本記事は、国内初のブロックチェーンゲームの解説書を出版した著者の「廃猫(@hainekolab)」が、CoinPost所属ライターとして執筆したものです。

ブロックチェーンゲームの大きな稼ぎ方3つ

ブロックチェーンゲームは、ゲームで遊びながらお金を稼ぐことが可能です。ブロックチェーンゲームでのお金の稼ぎ方には、大きく3つあります。

  • Play to earn
  • ゲームで遊んで稼ぐ

  • Invest to earn
  • ゲームのアイテムであるNFTやゲームの独自のトークンを運用して稼ぐ

  • Create to earn
  • ゲーム外で付加価値を生み出す

    の3つです。

    本記事では、ゲームで遊んで稼ぐ「Play to earn」を詳しく説明します。

    遊んで稼ぐ(Play to earn)


    ブロックチェーンゲームでは、ゲームで遊ぶことで独自のトークンやゲームのアイテムであるNFTを報酬として得ることができます。

    それらの報酬を売却することでお金を稼ぐことができます。一言で「ゲームで遊んで稼ぐ」と言っても、それぞれのゲームによって多様 な稼ぎ方が存在します。

    ここでは「ゲームで遊んで稼ぐ(Play to earn)」の代表的な稼ぎ方を3つ紹介します。

    ゲームで遊んで稼ぐ(Play to earn)1.指定されたミッションを達成することで稼ぐ

    ブロックチェーンゲームの中には、ゲーム側で指定されたミッションを達成することにより、報酬としてトークンやNFTを得ることができるゲームがあります。具体的な例として3つ紹介します。


    1-1.「クリプトスペルズ」のデイリーミッション

    国内ブロックチェーンカードゲーム「クリプトスペルズ」では、毎日ゲーム内で特定の条件をクリアすると暗号資産である「MCHC」を得ることができます。MCHCは国内ブロックチェーンゲームである「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)」の独自トークンです。与えられるミッションとは、主にゲーム内でプレイヤー同士で戦うフリーバトルモードでの勝利回数に関する項目です。

    獲得したMCHCは、「My Crypto Heroes」の特設サイトで申請をすることで、polygonネットワークのMCHCとして得ることができます。MCHCは「My Crypto Heroes」のガバナンストークンとしての利用や、「My Crypto Heroes」の関連サービスのNFTの購入通貨として使用できます。ガバナンストークンとしての利用とは、ゲームの運用に際して1トークンを1票として投票権として利用できることを指します。

    報酬としてもらえる0.3MCHCは、執筆現在のレートで6.537円です

    1-2.「Splinterlands」のデイリークエスト


    出典:Splinterlands

    ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」では、毎日ゲーム内で特定の条件をクリアすると、暗号資産であるDECやNFTを得ることができます。DECは「Splinterlands」がゲーム内通貨として発行している独自トークンです。 特定の条件とは、制限されたNFTを用いて、バトルに勝利をすることです。報酬の数は、プレイヤーの強さの階級によって異なります。報酬の内容はランダムです。ただしDECの報酬を得るためには一定以上の階級に上がる必要があります。

    報酬としてもらえるDECは、執筆現在のレートで1DEC=0.38円です。

    1-3.「防衛ヒーロー物語」のデイリークエスト

    ブロックチェーンタワーディフェンスゲーム「防衛ヒーロー物語」では、毎日ゲーム内で特定の条件をクリアすると、暗号資産であるTOWERを得ることができます。特定の条件とは、ゲーム内のステージをクリアすることで得ることができる「星」を一定数集めることです。

    報酬としてもらえるTOWERは、執筆現在のレートで1TOWER=2.45円です。


    これらのゲームのように、毎日ゲーム内で何らかのタスクを達成することによりゲームの独自トークンやNFTを得ることのできるような仕組みが多々みられます。

    ゲームで遊んで稼ぐ(Play to earn)2.シーズン報酬で稼ぐ

     

    プレイヤー同士が競うブロックチェーンゲームの多くには、シーズンという一定期間を示す概念があります。例えば、「Splinterlands」では1シーズンは約2週間、「クリプトスペルズ」では1ヶ月、「ThetanArena」では2ヶ月、のようにゲームによってシーズンの期間は異なります。このシーズン期間中のレートで競い、報酬を得る仕組みが存在します。そのためシーズン中により高いレートを維持することでより多くの報酬を得ることができる仕組みになっています。具体的な例を3つ紹介します。

    2-1.「クリプトスペルズ」のランク戦

    「クリプトスペルズ」では1ヶ月のランク戦の成績上位者に報酬としてMCHCが配られます。シーズン終了時にレートがリセットされます。

    1位の報酬としてもらえる100MCHCは、執筆現在のレートで2164円です。

    1位の報酬としてもらえる100MCHCは、ピーク時のレートで21,875円です。

    2-2.「Splinterlands」のランク戦


    出典:Splinterlands

    「Splinterlands」では、シーズン終了時点の階級とランキングによりそれぞれ報酬が発生します。シーズン終了時にプレイヤーの階級によって、決められた数の宝箱を報酬として得ることができます。 宝箱からはNFTや暗号資産であるDEC、NFTが当たるパック、ゲーム内アイテムなどがランダムに出現します。またシーズン終了時にランキング上位者にはDECが支払われます。シーズン終了時にレートがリセットされます。

    1位の報酬としてもらえる200,000DECは、執筆現在のレートで78,000円です。

    1位の報酬としてもらえる200,000DECは、ピーク時のレートで2,942,000円です。

    2-3.「ThetanArena」のレート戦


    出典:Splinterlands

    「ThetanArena」では階級が上がるごとに、暗号資産であるTHCやゲーム内ポイント(PP)を得ることができます。シーズン終了時にレートがリセットされます。

    ゲームで遊んで稼ぐ(Play to earn)3.大会報酬で稼ぐ

    多くのブロックチェーンゲームでは大会やイベントが定期的に開催され、報酬を得ることができる仕組みがあります。具体的な例を3つ紹介します。

    3-1.「クリプトスペルズ」のチャレンジカップ

     「クリプトスペルズ」では、月に3日間のイベント(チャレンジカップ)が開催され、ランキングの上位に入るとNFTを得ることができます。階級はレジェンド級とゴールド級の2階級が開催されます。

    ゴールド級ではレアリティの一番高いレジェンドカードを使うことができません。レジェンド級は上位125位まで、ゴールド級は上位30位までNFTを得ることができます。報酬であるNFTの例として、報酬として配られた「花唄の奏者 フローライト」というNFTは執筆現在約3万円で取引されています。

    3-2.「Splinterlands」のトーナメント


    出典:Splinterlands

     「Splinterlands」では、賞金付きのトーナメント戦が定期的に開催されています。それぞれの大会により、バトルで使えるNFTを制限したルールが変化します。 また、プレイヤーの階級により、参加費が変動する場合があります。例えば、一番ランクの高いチャンピオンクラスのプレイヤーが、一番ランクの低いブロンズのトーナメントに出る際は、参加費が高くなります。参加費は大会によりますが、執筆現在のレートで数百円です。

    3-3.「Skyweaver」のコンクエスト


    出典:Skyweaver

     ブロックチェーンカードゲーム「Skyweaver」では、参加費を支払うことで、コンクエストと呼ばれる他プレイヤーとの特別なバトルに参加することができます。 コンクエストで1勝するごとにNFTであるシルバーカードを得ることができ、3連勝すると発行枚数制限のあるNFTであるゴールドカードを得ることができます。報酬となるゴールドカードは毎週更新されます。

    ゴールドカードは執筆現在のレートで900円~2万円で取引されています。

    本記事ではブロックチェーンゲームの代表的な稼ぎ方の1つであるゲームで遊んで稼ぐ Play to earnの紹介を行いました。その中でも指定されたミッションを達成することで稼ぐ、シーズン報酬で稼ぐ、大会報酬で稼ぐという3つの稼ぎ方を説明しました。

    執筆者:廃猫hainekolab
    ブロックチェーンゲーム(BCG)の情報を発信中。博士(工学)。 国内最大級BCG「クリプトスペルズ」公式大会2度優勝。海外最大級BCG「Splinterlands」チャンピオンリーグ世界ランキング6位を達成。同ゲームの日本語翻訳監修。 著作として、国内初のBCG攻略本「ブロックチェーンゲームの初め方・遊び方・稼ぎ方(技術評論社)」
    『超早割』終了まで
    0
    0時間
    0
    0
    さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
    クリックしてコードをコピー
    CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/27 月曜日
17:59
The Graph、AI推論とエージェントサービス導入へ AI駆動型アプリケーションの開発を強化
The Graphのコア開発チーム「Semiotic Labs」は28日、AI(人工知能)サービスを提案する新しいホワイトペーパーを発表し、The Graph上に構築されたChatGPTを基盤としたプラットフォーム「Agentc」の公開デモを公開した。
15:59
FTX、残り保有分のソラナ4000億円相当をディスカウントで売却完了 
22年11月に経営破綻した仮想通貨取引所FTXは、保有していたソラナ(SOL)26億ドル相当を大幅な割引価格で売却完了した。パンテラキャピタルなどが購入している。
14:55
イーサリアム共同創設者ルービン氏「ETF承認はゲームチェンジャー」
米Consensys CEOでイーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏は、イーサリアム現物ETFが業界の予想に反してSECから承認されたことは、米国における仮想通貨の流れを大きく転換させるものだとの考えを示した。
12:15
ETF米国初承認のイーサリアム週足大陽線、BTCドミナンスに変化の兆しも
暗号資産(仮想通貨)市場ではETFが米国で初承認されたイーサリアムが週足大陽線となり、強気シグナルが出ている。ビットコイン(BTC)ドミナンスに変化の兆しも見受けられ、一部ミームコインが買われている。
10:01
米トランプ前大統領「米国は急成長する仮想通貨業界のリーダーでなければならない、2位はありえない」
米大統領候補のドナルド・トランプ氏は、民主党バイデン政権や米SECによる暗号資産(仮想通貨)業界への過度な規制や締め付けを批判し、米国は新興産業業界のリーダーになるべきだと主張、ビットコインなど仮想通貨支持を表明した。
05/26 日曜日
14:55
ビットコイン上のミームコイン「DOG」とは?Runesプロトコルの背景や買い方
RunesのミームコインDOGの買い方を紹介。Runesは、Ordinalsの創設者Casey氏が立ち上げたトークン発行プロトコル。暗号資産(仮想通貨)ビットコインのネットワークを使用。Ordinals保有者向けにエアドロップされたRunestoneに関係するDOGトークンはコミュニティ形成でリード。
11:30
31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア