CoinPostで今最も読まれています

Astar zkEVMのローンチキャンペーン 「Yoki Origins」体験記 「Lore」ポイント取得方法を探る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「Lore」ポイント取得方法を探る

日本人起業家、渡辺創太氏が率いるAstar Network(ASTR)は3月初旬、イーサリアム経済圏における新たな拡張として、レイヤー2「Astar zkEVM」をローンチ。この新しいステップを祝し、プロダクトの体験を推奨しようと、「Yoki Origins」キャンペーンが開催されています。参加者はこのキャンペーンを通じて特別なNFTを獲得し、独自のNFTへと昇華させることができます。

出典:Astar Network

参加者は専用ポータルを通じて「カプセルトイマシン」を回し、日本の妖怪をモチーフにした「Yoki」が入ったカプセルを手に入れます。これらのYokiを孵化させ、進化させる過程で必要となる「OMA(お守りモチーフのアイテム)」は、Astar zkEVM上で特定のタスクを完了することで獲得できます。

このキャンペーンは、Astar zkEVMの革新的な技術と卓越したユーザーエクスペリエンスを背景に展開されており、日本を代表する企業、プロジェクト、そして様々なクリエイター40社以上が参加しています。

出典:Astar

また、「Yoki Origins」のアートディレクションは、ファイナルファンタジーやバイオハザードなどの有名作品のアートディレクションを務めた人物が担当。懐かしさを感じさせる日本の原風景をテーマに統一された美しいビジュアルで構成されています。

集めたYokiを成長させ、進化させたYoki(Upgraded Yoki)は、「Lore(ロア)」と呼ばれるポイント獲得の指標にも影響するとされます。具体的な用途は定かではありませんが、YokiやOMA、そしてLoreを無料で、できるだけ多く獲得できる状態に持っていくことが今回の目標です。

この記事では、”Yoki Origins”キャンペーンの準備、NFTやロアの獲得状況、体験して1週間の感想、および今後の展望についてお届けします。このキャンペーンを通じて、Astar zkEVMの世界を一緒に探索しましょう。

体験した主なプロセス

ステップ1:仮想通貨ウォレット(メタマスク)を用意

今回の挑戦に備えて、メタマスク(MetaMask)をセットアップしました。これは主にイーサリアム系(EVM)チェーンをサポートするウォレットで、トークンの保管、送付、交換が可能です。また、dAppsへのアクセス時にログインツールとしても使用します。Chromeブラウザ用の拡張機能として、またはモバイルアプリとしてダウンロードできます。

メタマスクの詳細な設定方法や注意点については、専門記事で詳しく説明されています。

関連:初心者でもわかる、仮想通貨ウォレット「MetaMask」の使い方

Astar ZK EVMに接続する方法

Astar ZK EVMに接続する方法は主に2つあります。一つ目は、専用エクスプローラーや関連プロダクトにある、Connectボタンを通じて、ウォレットを直接接続する方法です。

出典:Astar Docs

表示されたウォレットから、Metamaskを選択。

出典:astar-zkevm.explorer.startale

接続プロセスは、表示されたウォレットから「Metamask」を選択し、接続を許可することで、おおよそ3タップで完了します。直感的な操作でスムーズに進行できる設計となっています。

出典:Astar Docs

もう一つの方法は以下の手順に従うことです:

ネットワーク設定手順

Metamaskで「ネットワーク追加」を選択。
以下画像を参考に、RPC URL、ChainIDなど必要な情報を入力。

出典:Astar Docs

これらのステップを完了することで、あなたのウォレットはAstar ZK EVMチェーンに接続され、準備完了です!

  • 補足:Dappsへのウォレット接続の仕組みについて:
  • ステップ2:bitbankでETHを購入しメタマスクに出庫

    イーサリアムはAstar zkEVMでの手数料(ガス代)支払いに必要です。ETHの送金にかかるガス代をできるだけ低く抑えるため、私はETHを移すネットワークに「レイヤー2(L2)」を利用しました。国内の仮想通貨取引所Bitbankでは、ETHを自己管理ウォレット(メタマスク)に送金する際、L2の一つ「Arbitrum One」を選択できます。出金手数料は0.00042 ETH(約240.38円:執筆時点)で、Ethereumメインネット(0.005 ETH)よりも格段に安価です。

    Arbitrum Oneを利用することで、Ethereumメインネットと比較してETHの送金が安く、かつ速く完了します。欧米のトレーダーが活発な時間帯を避けることで、スムーズにブリッジが完了できます。

    Arbitrum Oneを利用したETHの出金方法は次のような手順です。

    ①出金ページ「アドレス一覧」より、MetamaskのETHアドレスを追加。

    出典:Bitbank

    ②「ネットワーク」はArbitrumを選択し、「ラベル」には自身がわかるラベル名を入力。

    出典:Bitbank

    ③②で入力したラベル名の「アドレスを選択」し「引出数量」を入力して出金。

    出典:Bitbank

    ステップ3:メタマスクでETHをAstar zkEVMへ移動する

    現在、メタマスクにはETHがArbitrum Oneにありますが、これをAstar zkEVMに移動させる必要があります。このブリッジ作業には「Relay Link」という専用プロダクトを使用しました。

    3月14日からは、「Layer Zero」技術を使用する著名なブリッジ「STARGATE」がAstar zkEVMをサポートし始めました。マルチチェーンに対応しており、海外の仮想通貨取引所からAstar zkEVMへの送金も可能で、非常に便利です。

    これで準備は完了です。次は、「Yoki Origins」の世界を探索する旅に出かけます。

    ステップ4:Astar zkEVMを探索してYokiを集める

    「Yoki Origins」の冒険はここから始まります。プレイヤーは街中、都会の景観、または駅を巡りながら、「Yo Port」を見つけてカプセルを獲得し、「進化の泉」でカプセルを孵化させ、さらに、複数のYokiを融合させて彼らを成長させていくのが主な流れです。

    Yokiとは

    日本の「妖怪」にインスパイアされたAstarのオリジナルキャラクターです。グローバルのユーザーに日本文化を魅力的に伝えることができるようになっております。ユーザーはYokiのNFTを獲得していくことで、それぞれのキャラクターの生い立ちや背景を知ることができます。

    Yokiにはカプセルから孵化した直後の「Base Yoki」と、複数体を融合した後に得られる「Upgraded Yoki」の2つのレベルが存在します。Base Yokiは合計で12種類存在し、1種類に付き3つのUpgraded Yokiに成長する可能性があります。すなわち、合計36種類のUpgraded Yokiが存在します。

    Yo Portとは

    「Yo Port」は、Yoki Originsに参加するプロジェクトがオリジナルNFTを提供するもので。ユーザーは自身が興味のあるプロジェクトのYoPortをウェブサイト上で見つけることができます。

    出典:Yoki Origins

    ONIGIRIMANなど、人気のNFTアーティストも多数参加しており、各サイトにはそれぞれ独自のYo Portが設置されています。これらのYo Portを訪れ、タスクをこなすことで、無料でNFTをミント(発行)することが可能です。このタスクはプロジェクトのSNSアカウントフォローからオンチェーン上のタスクまで、プロジェクトごとによって多岐にわたります。

    Yoki獲得・進化の手順

    Yokiを孵化させたり、進化させるために必要な「OMA」は、指定のサイトにアクセスし、ウォレットを接続して「OMAアイコン」をクリックすることで、毎日最大5つまで取得できます。獲得したYokiはYoki帳で確認でき、また、NFTマーケットでも取り扱われています。OMAの消費には以下のルールがあります

    OMAの消費ルール

    Yoki Portを回してカプセルをゲット(1oma消費)
    カプセルを孵化してBase Yokiをゲット(3oma消費)
    Base Yoki 3体を融合させてUP Graded Yokiをゲット(4oma消費)

    Yoki帳のイメージ 出典:Yoki Origins

    ステップ5:参加プロジェクトのカプセルトイマシンをチェック

    Yoki Originsキャンペーンには、JAL(日本航空)、JR九州、IPプロデュース企業のツインプラネット、カシオ計算機(4月中旬予定)など、国内大手企業がNFTを提供しています。Web3プロダクトからは、Quickswap(分散型取引所)、Rarible(NFTマーケット)などが参加しています。

    JALのカプセルトイマシン

    一部のNFTは有料で提供されており、支払いは仮想通貨だけでなくクレジットカードにも対応しています。

    例えば人気イラストレーターSashimi氏やOnigiriman氏のNFTは0.015ETHでミントでき、リワードとして3omaを獲得できます。

    またXで21万人のフォロワーを持つ大人気のクリエイターUZNo氏のShark Collectionは0.002ETH (リワード1oma)、JR九州の有料NFTは0.003ETH(リワード1oma)でミント可能で、多様な人気クリエイターのNFTがランダムにフリーミントできるカプセルトイマシンも設置されています。

    3月14日のホワイトデーには、著名画家でキャラクターデザイナーの天野喜孝氏が発信するファインアート「Candy Girl」1周年記念のNFTがフリーミントできました。

    出典:Astar Network

    獲得したNFTは、Rarible・Dew・BluezなどのAstar zkEVMに対応しているNFTマーケットプレイス上で確認できます。

    ステップ6:ポイント「Lore」獲得条件をクリア

    最後に、Yoki Originsのもう一つの達成物である、使途不明のポイント「Lore」について、現時点で把握している獲得条件をまとめます。以下のアクションに対して、Loreが付与されます。

    1. カプセル/Yokiの保有に対するLore付与。

    カプセル、Base Yoki、Upgraded Yoki(融合されて生まれる、進化バージョン)が含まれる

    2. ボーナスLore:主な対象条件

    1種類のBase Yokiから生まれる、3種類のUpgraded Yoki全てを保有する
    マーケットプレイスから購入していない、自身で孵化したBase Yokiを保有
    マーケットプレイスから購入していない、自身で融合したUpgraded Yokiを保有
    全てのBase Yokiを保有している
    全てのUpgraded Yokiを保有している(Loreをたくさん獲得することが可能)

    *実際のLore獲得状況は、執筆時点で公開されていません。

    出典:Yoki Origins

    Loreに関する考察

    Loreについては謎が多い。公式サイトでは「キャンペーン中に複数回とキャンペーン終了時に、リーダーボードの上位ランクのユーザーには限定リワードが提供されるかもしれない!」と示唆しています。

    ポイントと聞いて、Web3に慣れたユーザーが連想するのは、エアドロップに代表される、追加のトークンインセンティブです。

    Web3における「ポイント」制度とは

    Web3におけるポイント制度は、プロダクト初期段階でのユーザーインタラクションを促進し、ユーザー獲得のインセンティブとして機能するマーケティング施策です。将来的なトークン生成イベント(TGE)へのエアドロップが期待されますが、報酬は保証されていません。この制度は、NFTトレーダーに取引量に応じたポイントでトークンを付与する仕組みを導入したBlurやそのL2「Blast」、Manta Networkなどによって広まりました。

    2月21日、AstarとBitgetのコラボAMAにて、Astar Network側はYoki Originsについて「MantaであったりBlastクラスを目指して取り組んでいる」と発言

    3月11日には、Astar NetworkのCOOであるShunP氏が、以下のようにXへ投稿しました。

    そしてAstar Networkの創設者である渡辺創太氏も、Yoki Originsが単なるNFT取得イベントではないこと。さらなる展開が続くことを示唆しています。

    Yoki Origin is not a simple NFT minting campaign. Some of activities follow.
    Yoki Originは単純なNFT mintキャンペーンではありません。アクティビティが続きます。

    今後さらに、Astar zkEVM上で多くの企業やプロジェクトが展開予定。Yoki Origiは5月半ばあたりまで開催しています。

    補足:Dappsへのウォレット接続の仕組みについて:

    DApps(分散型アプリケーション)にメタマスクウォレットを接続する際、ウォレットはDAppsに対して主に以下のような許可を与えています:

    1. アドレス情報の共有:DAppsは、ウォレットの公開アドレスを知ることができます。これにより、アプリケーションはユーザーのアカウントを識別し、トランザクション履歴や保有トークンのバランスなどを表示できるようになります。

    2. トランザクションの発行:ウォレットはDAppsからのトランザクションリクエストを受け取り、それをブロックチェーンに送信することを許可します。ただし、実際にトランザクションが実行される前には、ユーザーがそれを承認する必要があります。

    3. トークンの送受信:特定のDAppsでは、ユーザーのトークンを管理(送受信を含む)する機能があります。しかし、これらの操作もユーザーの承認が必要です。

    4. スマートコントラクトとのインタラクション:DAppsは、スマートコントラクトと通信するためにウォレットを使用します。ユーザーはスマートコントラクトの機能を実行するためのトランザクションを承認することができます。

    これらの許可により、DAppsはユーザーのウォレットと連携して様々なブロックチェーンベースの機能を実行できますが、重要なのはユーザーが各トランザクションや操作に対して最終的な承認権を持っていることです。

    『超早割』終了まで
    0
    0時間
    0
    0
    さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
    クリックしてコードをコピー
    CoinPost App DL
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    05/26 日曜日
    14:55
    ビットコイン上のミームコイン「DOG」とは?Runesプロトコルの背景や買い方
    RunesのミームコインDOGの買い方を紹介。Runesは、Ordinalsの創設者Casey氏が立ち上げたトークン発行プロトコル。暗号資産(仮想通貨)ビットコインのネットワークを使用。Ordinals保有者向けにエアドロップされたRunestoneに関係するDOGトークンはコミュニティ形成でリード。
    11:30
    31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
    イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
    11:00
    週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
    今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
    05/25 土曜日
    18:00
    ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
    暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
    15:00
    参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
    参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
    14:00
    秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
    オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
    13:00
    ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
    米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
    11:10
    イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
    イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
    09:55
    米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
    米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
    08:15
    JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
    仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
    07:40
    ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
    仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
    07:15
    アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
    CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
    06:10
    コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
    コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
    05/24 金曜日
    17:59
    コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
    暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから分析。
    17:49
    深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
    仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア