夕刊CoinPost|5月21日の重要ニュースとエアードロップ情報

夕刊CoinPost
本日より、学校や会社帰りの方々が夕方に読むためのイブニングニュース(投資情報まとめ記事)を定期配信いたします。仮想通貨の投資情報の参考として是非どうぞ。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPost重要ニュース3選

Tether社が約275億円相当のUSDTを発行

5月18日にTether Limited(テザー社)が、約2億5千万ドル(約275億円)分のUSDTを新規発行したことが判明。

テザーとUSDTの発行に関しては、多くの懐疑的な意見も存在する中、架空のUSDを元に作ったUSDTで価格高騰を支え価格操作を行なっているという疑惑も浮上しています。

ビットコインは「コンセンサス2018」辺りで、Mt.GOXの売り圧力などが影響し下落相場にあったものの、今回のUSDT発行日と同日18日に反発。bitfinexでは2度ほど大きな取引量の増加が見られました。

Tether社が約275億円相当のUSDTを発行|BTC上昇相場に影響の可能性
5月18日にTether Limited(テザー社)が約2億5千万ドル(約275億円)分のUSDTを新規発行したと報じられました。実際に発行された日にちとBTC価格が反発した日にちが再度一致し、価格操作への影響も再度浮上しています。

三菱UFJ:MUFGコイン発行と独自取引所構想

三菱UFJファイナンシャルグループは、3年以上にわたり開発を続けているMFUGコインの小規模の実証実験を重ね、2019年に大規模実証実験を目指しています。

また日経新聞は21日、独自通貨である”MUFGコイン”の開発を進める「三菱UFJフィナンシャル・グループ」がブロックチェーン技術を使い、処理量を従来のカード決済システムの10倍超に高めた」と報じ、海外メディアでも取り上げられました。

また三菱UFJは、本年度中に独自の取引所を開設を目指している旨を金融庁に通告したことが、今年1月に報じられています。

三菱UFJ:MUFGコイン発行と独自取引所構想、19年に10万人規模の実証実験へ
三菱UFJファイナンシャルグループは、2015年より開発を進めている独自の仮想通貨、MUFGコインの2019年の大規模実証実験を目指し、先月から報道されているように、着実に、小規模な実証実験を重ねています。さらに、同グループによるブロックチェーン技術を応用した高速決済システムの開発も報道されました。

国内仮想通貨取引額は、昨年度から20倍に

2017年度の取引高は、現物と信用取引等合わせて、約69兆円と昨年度の約20倍にまで増加しました。

FXの規制強化、また円相場の膠着といったことが要因となり、仮想通貨取引に個人マネーが向かったと指摘されています。

しかし2018年の3月には、1日の取引量が過去2年間の最低値を更新するなど、仮想通貨税率の問題や新規参入者の落ち着きなどが懸念材料となる中で、G20など世界的な規制がどのように動くかが、今後の焦点となるでしょう。

昨年度から20倍となった国内仮想通貨取引額:FX業界からの流入との指摘も
2017年度の取引高は、現物と信用取引等合わせて約69兆円と昨年度の約20倍に膨れあがりましたが、日経新聞によると、FXの規制強化、また円相場の膠着といった要因で、仮想通貨取引に個人マネーが向かったと指摘されています

Pick Up(全般)

元VISA英国支部CEOが仮想通貨に参入

国際的クレジットカード「VISA」で、英国とアイルランドの前社長を務めたMarc O’Brien氏が、消費者向けの仮想通貨決済を目指しているスタートアップ企業に参画しました。

Crypteriumは2017年にエストニアで創業した会社で、昨年末にICOを通じて5200万ドル(約58億円)の資金を調達したと言われています。

仮想通貨対応の決済カードを作るため、技術開発に取り組んでおり、今秋にその製品を発表することを目標にしていて、マスターカードやビザとの提携を模索しています。

Zaifニュースレター

金融庁より業務改善命令が出されたZaifがニュースレターを配信。

約三ヶ月ごとにシステム面、お客様対応面を改善・向上させ強化していくための具体的な施策を打ち立てて、2018年3月22日に業務改善計画書を近畿財務局へ提出したことを報告。

進捗報告のために業務改善報告書は4月10日・5月10日の計2回にわたり提出した、と記載しました。

Zaif ニュースレター vol.1

Tron(TRX)のメインネット間近

Tronがメインネットへの移行を近日に控え、期待が高まっています。

Tron Virtual Machineがメインネットローンチ前にTRXマーケットで稼働することがわかり、価格を大きく上昇させ、時価総額第9位まで浮上しています。

エアードロップ最新情報

Electroneum (ETN)

5月29日にElectroneumからフォークが行われ、307,000ブロック(ブロック数に依存する)に達するとElectroneroが誕生します。

p>

Electroneum保有者は、1 ETN = 1 ETNXの割合でETNXが付与されます。

SingularDTV (SNGLS)

SingularDTV(SNGLS)保有者に対して、SingularX(SNGX)が200 SNGLS:1 SNGXの割合でエアードロップが行われます。

SingularDTVとCentralityの合同事業であるSingularXが誕生し、SingularDTVとCentralityの中で、10,000,000 SNGXが分配されます。

1,000,000,000 SNGLSの中で、5,000,000 SNGXが分配され、1 SNGLS=0.005 SNGXの割合になります。

詳細については以下の記事を確認ください。

最新の仮想通貨エアードロップ(無料配布)情報一覧|毎週更新
仮想通貨の無料配布イベント、エアードロップ(AirDrop)が行われる通貨の最新情報一覧です。無料配布されるイベントであるため、エアードロップ前に投資家達が買い漁り価格が押し上げられ、実施直後、価格減少しやすい傾向にあります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

各務貴仁CoinPost7株式会社CoinPost取締役COO 兼 編集長

高校卒業後アメリカ、カナダへ4年間の留学を経験。2017年1月から仮想通貨関係の事業に携わり、同年7月より仮想通貨・ブロックチェーン専門メディアCoinPostを立ち上げ編集長となる。国内外の仮想通貨、ブロックチェーン界隈の著名人との数々のインタビューなどを軸に、仮想通貨・ブロックチェーンの正確な情報をより早く届ける運営体制に力を入れている。