ビットコインは既に底値であり価格回復が見込める状況|Fundstratアナリストが分析

Robert Sluymer氏の主張
Fundstrat Global Advisorsのテクニカル戦略責任者を務めるRobert Sluymer氏は、5月31日に、CNBCに対し、ビットコインが底値に到達したと考えられる理由を述べました。
今までの主張
Sluymer氏及び、同僚のTom Lee氏は、以前から、ビットコインが2018年7月に強い上昇トレンドに転換し、その価格が2020年3月までに91,000ドル(約998万円)に到達する予想を出しています。
Fundstrat Global Advisorsとは
ウォール・ストリートに存在する経営戦略会社。研究責任者のTom Lee氏は大胆な価格予測を行う事で有名。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコインが底値に到達?

Fundstrat Global Advisorsでテクニカル戦略責任者を務めるRobert Sluymer氏(以下、Sluymer氏)は、5月31日に、CNBCの”Futures Now”という番組に電話出演して、ビットコインが底値に達し、今後価格の回復が見込めるという展望を語りました。

「私達は、ビットコイン価格において、7000ドル(約76万円)付近で強力な下支えがあると考えており、この価格から回復に向かっていくのではないかと予想しています。」

出典:TradingView

Sluymer氏は、ビットコインが、底値を更新し続けていると主張されている中で、ビットコイン価格は支持線によって支えられていることを主張しました。

彼は、チャートを用いて、その支持線が、2017年第四四半期から始まり、2018年の2月と4月によって形成されていると語り、5月最終週にも、その価格が、この支持線にまで到達していることから、底値に見られる適切な調整が行われていると言及しました。

さらに、特定期間内の値動きの強弱を示すRelative Strength Index(RSI)に関しても、過剰な売却が見られ、その値が底に近づいていることもビットコイン価格の底値を示唆していると語りました。

RSIとは

投資家の心理状況を表す為に考案されたテクニカル指標。RSIの数字が高いと「買われ過ぎ」、低いと「売られ過ぎ」となり、相場の強弱を教えてくれるテクニカル指標で、株式の世界では、一般的には70%以上だと買われ過ぎ、30%以下になると売られ過ぎとされる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

最後に、彼は、ビットコイン価格が再び回復し、下降トレンドから脱却するためには、15日移動平均線が、7800ドル(約85万円)を突破することが必要であると主張しました。

今までの主張

Sluymer氏は、以前から、同じくFundtrat Global Advisorで研究責任者を務めるTom Lee氏(以下、Lee氏)と共に、ビットコイン及び、アルトコインに関する市場予測を発表していました。

彼らは、アルトコイン市場の下落トレンドは、150日~175日間続き、2018年の4~6月にかけて価格の下落がピークとなり、その後8月中旬以降に強気市場に転換すると2018年3月時点で予想しており、そのアルトコイン市場が上昇する前の7月頃にビットコイン価格も強い上昇トレンドに転換するのではないかと推測していました。

さらに、Lee氏は、既述の予想を出した同月3月に、ビットコイン価格が2020年3月までに、91,000ドル(約998万円)に到達すると予想しています。

よって、もし今回の底値が確かであり、今後、ビットコイン価格が上昇トレンドに切り替わっていくのであれば、彼らのシナリオ通りに事が進んでいると言えるでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Koji Takahashikoji_cryptoCoinPostの海外在住ニュース担当記者

CoinPostの海外在住ニュース担当記者をしています。 海外大学への留学を経て、現在NZで生活をしながら、仮想通貨投資や記事の作成に取り組んでいます。