CoinPostで今最も読まれています

韓国と中国政府間で新仮想通貨協定へ|韓政府が大規模な組織改革を計画

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

韓国政府の大規模組織改革
韓国政府の金融監督官が大規模な組織改革を計画していることが明らかになった。仮想通貨を始めとする金融革新の規制を担当する事務局を設立する予定。
韓国政府と中国政府間の協定
韓国と中国政府間で、仮想通貨に関する金融監督協力協定(Financial Supervisory Cooperation Agreement)の統合に合意したことが明らかになった。今後は国際金融規制などで、協力して対応していく方針。

韓国金融委員会で組織改革

先週、韓国金融委員会の金融監督官は、組織改革を計画していることを発表しました。

計画内容については、”韓国における仮想通貨ブロックチェーンに関する規制を担当する事務局を設立する“と現地メディアに語っていました。

その新たな事務局は、”金融革新局”(Financial Innovation Bureau)と呼ばれており、活動期間は2年間と定められています。

金融革新局は、金融委員会の一部として動き、”この組織改革は金融革新を先導し、代用産業革命へと繋げていくことを意図としている。“とニュースで報道されました。

さらに、”韓国のフィンテック業界の成長にも繋がる“とも発表しました。

金融委員会の委員長Choi氏は、

組織改革により、金融消費者の保護をより改善することを考えて行動している。

また、新たな金融革新局は、仮想通貨ブロックチェーンの規制以外にフィンテック、ビックデータ、これらを使用する団体など、他の金融革新に関する規制の取り決めの主導権についても課せられる。

と述べています。

中国との協定

また先週の朝鮮日報で、韓国大韓民国金融監督院の副知事Yoo Kwang-Yeol氏は、中国銀行保険監督管理委員会の理事長と会談を行ったことを公表、金融監督協力協定(Financial Supervisory Cooperation Agreement)の統合に合意したことを明らかにしました。

同国の交渉は、大韓民国金融監督院が中国で韓国保険会社の在外支店を立ち上げようとした際、そのプロセスを見直した時です。

この2つの組織は金融機関内部の規制に関して、情報交換の拡大と対マネーロンダリングのモニタリング経験の向上を決定を発表し、さらに”中国証券監督管理委員会との協力経路が建てられ、さらに事務レベルのホットラインが設けられました。

今後は協力しながら国際金融規制、仮想通貨、ICO、フィンテックなどの新たな技術に対応していく。

と述べています。

このように、複数の政府が共同で仮想通貨ブロックチェーン対策を行おうとするのは、初めてではありません。

今年始め、韓国規定者が中国と日本と共同を望んでいることや、今年2月、韓国企画財政局の大臣と中国銀行の知事が経済問題や仮想通貨規制についての話し合いで面談をしていることも明らかになりました。

ブロッックチェーン企業の税制優遇

経済政策の大臣会議では、政府は国の投資報奨制度を活性化するための策を考えていると、Korea Timesが今週発表しました。

ブロックチェーンは、税制優遇の資格がある将来性豊かな技術のリストに加えられ、新たなテクノロジーを採用している企業の投資負担を減らすため、政府が税制優遇の対象にしたとのことです。

他にも、”ブロックチェーンベースの情報管理技術、量子コンピューター(次世代コンピューターで複雑な量子計算が可能)、さらなる成長が期待できる商業化施設は、すべて税額控除規制に従って法免税の対象になる。“と発表しています。

実名アカウントの期限切れ

韓国政府は今年1月、「実名アカウントシステム」を採用しました。

Money Todayによると、仮想通貨取引所と商業銀行の契約は半年に一度更新しなければなりませんが、取引所サイトなどの対マネーロンダリングの意識を上げるために必要不可欠とのことです。

現在では、韓国トップ4の取引所が実名アカウントを使用しています。

Upbit, Bithumb, Coinone, and Korbitなどは実名アカウント作成を可能にしているものの強制はせず、他社は未認証の匿名アカウントなどを未だに使っているのが現状なようです。

さらに、実名アカウントが採用可能な銀行が6つある中、実際に使える銀行は3つのみとのことですが、契約申請時には、Coinplugが実名アカウント採用の第6社目になる可能性があります。

現地メディアによると、今年始めからShinhan銀行と交渉を始めているとのことです。

CoinPostの関連記事

なぜ韓国では熱狂的な仮想通貨ブームが起こるのか、そのルーツに迫る
韓国の人口は世界人口の1%にも満たないものの、ある推算によると世界の仮想通貨トレードの30%が韓国で行われているとのことです。韓国での流行の理由として、テクノロジーに対する関心・好奇心の高さ、およびオンライン少額決済への抵抗感が少ないことが挙げられます。
韓国政府がブロックチェーン(仮想通貨含む)を公式産業として法的に認める
韓国の仮想通貨メディアであるBChainは、韓国政府が国内ブロックチェーン業界において公式な産業分類基準を定め、その仮分類表を公開したことを明らかにしました。そして、その公式な分類表は、7月末に公開されると記述されました。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア