ビットコイン暴落を暴く、イギリスが厳しい仮想通貨取締計画を発表

http://coinpost.jp/wp-content/uploads/2017/12/brngeraku.png
ビットコイン急落の背景
先日おきた急落の事実はイギリス政府による取り締まりも影響している可能性が大きく考えられる。
イギリス、EUが規制する仮想通貨市場
年末年始、新年早々に予定されているイギリスをEU国の取り締まり内容が発表される予定です。資本流出を念頭に取り締まる動きが活発化しています。

今月1日金曜日、日本時間午前4:30頃仮想通貨界全体は暴落し、ビットコインは130万円から一時約80万円まで価値が落ちました。

当時ビットコイン先物上場が海外で相次いでいたことから、機関投資家による相場操縦テストとの噂や、単純な大きな売りからこれは前回のロスカット連鎖によるものだけかと考えられ、売りの発生も特に理由は特に発表されていませんでした。

仮想通貨価格大幅下落/強制ロスカット連鎖の怖さとは
11月30日の早朝、仮想通貨全体の価格が大きく下落しました。先物取引市場の大口売りから、ビットコインFXでロング(上昇する相場に投資)にポジションを置く人が強制的にロスカットされ、それが連鎖した形で大きな下落を生みだしたと考えられます。

しかし、実際にその当時起こっていた事実から振り返ってみるとそんなことはなかったかもしれません。

英国政府が仮想通貨の規制を検討

イギリスの新聞社 The Telegraphがビットコインの今回の暴落を報告した際に

英国大臣達は仮想通貨ビットコインが資金洗浄(マネーロンダリング)及び税金逃れのために使われているという心配が絶えないため、厳しい取り締まりを計画している

と掲載しました。

中国の策略を真似て、英国大蔵省はビットコインを取締り、いわゆる仮想通貨の取引者が正体を明確にした上で、匿名性のある怪しい活動を(取引所やウォレットサービスを提供する企業が)国に報告または規制を強制させようと考えています。

The Telegraphによると、

「今まではビットコインや他のデジタル通貨を匿名で売買することができたため、犯罪者や脱税者にとってとても魅力的なツールでした。しかし、大蔵省は総価値21.1兆円の仮想通貨を反資金洗浄及び対テロ財政法律についての規則をもって厳しい取締りをすることを発表しました」

大蔵省特別委員会のメンバーJohn Mann(以下マン氏)は、新年にビットコイン及び他のアルトコインをしっかり規制するための調査を行うつもりであると言いました。

彼によると、

「これらの新たな通貨は世界で急激に広がっているため、置いて行かれないように気をつけなければなりません − 特に資金洗浄、テロ及び純粋な窃盗についてです。」

「私は監督官庁がそれについていけているとは思いません。現状をしっかり把握しておかなければならないため、来年までに調査が行われなければ問題があると考えています。仮想通貨の発展に賛成であればそれだけ取り締まりが遅れないことの重要性が上がります。

イギリス政府、年末年始頃に規制内容の決定を下す

ビットコインの価値が過去12ヶ月で暴騰し、通貨投資者を引き寄せながらギャングの犯罪による収益の洗浄に使われているという恐れが広まっている中、このような提案がされました。

言い換えれば、米国でIRSがCoinbaseのクライアントを取り締まっている理由と同じで英国及び他のヨーロッパ諸国の取り締まりは、中国と同様に時刻からの資本流出を念頭に取り締まろうと考えているでしょう。

英国のみによる取り締まりが仮想通貨の価格決定にさほど影響を与えませんが(英国は、現状のように韓国と日本によって独占されている仮想通貨市場ではあまり有力ではないため)、新たな規則はEUに渡って適用され、「年末もしくは年明け早々には効力を発する」と大臣が言いました。

EUに関しての新たな取り締まりは資金洗浄及びテロの財政を阻止するために現在のEU法律規定に加えられます。

実際にこのような国の対応について、Telegraphは仮想通貨取引プラットフォームおよびウォレット提供者が疑わしい取引を報告するよう強いられることを言及しました。つまりビットコインユーザーの正体は匿名でなくなってしまいます。

大蔵省経済大臣のStephen Barclay (以下バークレー氏)が成文議会回答で法律規定を変える計画を明らかにしました。

バークレー氏は

「英国政府は現在、仮想通貨取引プラットフォームおよびウォレット提供者を反資金洗浄および対テロ財政において取り締まる改正を取り決めています。それによりこれらの会社の活動は国の監督当局によって取り締まられます。これらの取り決めが年末もしくは新年早々にEUレベルで完結すると予想しています

大蔵省の代表者が12月2日

「我々は仮想通貨エクスチェンジプラットフォームを反資金洗浄および対テロ財政において取り締まるようアップデートするつもりです。」と言いました。

したがって、英国もEUもビットコイン匿名性の取り締まりを要求する最初の国にはなりません。

実際9月に行われた中国の悪名高い仮想通過取引所の規制以降ビットコインは取り締まり人、中央銀行および主権者に対して恐れず、ほぼ4倍にも上りました。

今回のことが前回と違う結果に終わるかどうかはまだ確かではありませんが、日曜日に$10,600まで落ちたビットコインはすでに損害を半減し、$11,280で取引をしていることが確認されました。

Reason For Bitcoin Sudden Plunge Revealed: UK Plans Regulatory Crackdown On Cryptocurrencies

Dec. 3, 2017 by Tyler Durden

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

今後取り締まりが多くなっていく仮想通貨市場。

100万円を超えてからさらに上昇を続け130万円に上り詰めるビットコインですが、各国が取り締まりを急いでいる様に感じられます。

インドネシアでは政府が全面的に仮想通貨の禁止を発表しました。

今後も12月はハードフォークや先物上場により、価格高騰が見込まれますが、イギリスや先進国の仮想通貨取り締まり内容によっては下落傾向に陥る可能性も十分あり得ることでしょう。

しかし、今回のイギリスの法整備検討のように、仮想通貨を利用した悪い部分を各国が規制することは、長期の目で見たときに仮想通貨市場や、成長にはとても良い効果をもたらすのではないでしょうか?

投機で考える場合、短期的な相場も大事ですが、この急成長する仮想通貨が本当の革命をもたらすためには必要なことなのかもしれません。

仮想通貨ビットコイン最新ニュースまとめ:価格に関する情報を随時更新
仮想通貨ビットコイン(BTC)のニュースをまとめた特集記事です。価格の下落や高騰についても触れていきます。