CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ビットコイン最新ニュースまとめ:価格に関する情報を随時更新

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨ビットコイン(BTC)に関するニュースまとめ
最新ニュース・関連企業の発表についてまとめたページです。新情報をキャッチ次第更新していきます。

今後の予定

日付 ニュース
2017/12/10 シカゴ・オプション取引所を運営するCBOEホールディングスがビットコイン先物取引を2017年12月10日に導入予定
2017/12/18 世界最大級の金融先物取引所のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)がビットコイン先物取引を2017年12月18日に導入予定
未定 ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースがビットコイン先物取引の仲介を検討中

ニュース一覧

日付 ニュース 値動き
2017/12/8 Cboeの10日のビットコイン先物直前の期待感でビットコイン2百万円突破 ¥2,000,000
2017/12/6 国内初、東京金融取引所ビットコイン先物取引計画を発表 ¥1,600,000
2017/12/2 ニューヨーク証券取引所に次ぐ世界で2番目に大きな証券取引所であるナスダック(6.8兆米ドル規模の証券取引所)が2018年の前期中にビットコインの先物取引を開始することを発表 ¥1,200,000
2017/11/22 年末のビットコイン先物取引導入予定への期待感から価格が上昇し続けて、ついに100万円を突破 ¥1,000,000
2017/11/22 年末のビットコイン先物取引導入予定への期待感から価格が上昇し続けて、ついに100万円を突破 ¥1,000,000
2017/11/22 JPモルガン、ゴールドマンサックスは、CMEのBTC先物取引を受け、ビットコイン先物取引の仲介として参入について検討中で、米国で最大のオプション取引所CboeもQ4に導入予定 ¥910,000
2017/11/12 多数のマイナーがBCHに切り替えて、大量のトランザクション詰まりが起こる ¥690,000
2017/11/9 Segwit2xハードフォークが回避される ¥820,000
2017/11/1 世界最大級の金融取引所CMEがビットコイン先物取引を今年末までに導入予定 ¥770,000
2017/10/26 近日中にAmazonがビットコイン決済を始めるとの噂が流れたが、事実ではなかった ¥670,000
2017/10/26 ビットコイン・シルバーのハードフォークが発表される ¥670,000
2017/10/11 ビットコインゴールドのハードフォーク等の影響によりビットコイン価格が上昇し続ける ¥530,000
2017/10/10 ビットコイン規制の末、取引を許可?中国ニュースが仮想通貨取引継続を示唆 ¥530,000
2017/9/28 米銀行モルガン・スタンレーCEOの発言がビットコイン価格上昇に影響?「ビットコインは明らかに単なる一時的な流行を超えている」 ¥460,000
2017/9/28 ビットコインのハードフォークで3つ目の新通貨が誕生?ビットコインゴールドとは? ¥460,000
2017/9/14 中国でICO全面禁止に続き、取引所閉鎖問題が話題となる ¥340,000
2017/9/13 JPモルガンCEOダイモン氏「ビットコインは詐欺であり、崩壊するだろう」と発言 ¥430,000
2017/9/4 中国ICO全面禁止 ¥473,000
2017/8末 Segwitの導入が終わり、分裂問題が一旦落ち着いた事によって価格を上げ続け、ビットコイン価格が¥500,000突破 ¥500,000
2017/8/1 ビットコインのハードフォーク実施、ビットコインキャッシュ誕生 ¥310,000
2017/6~ ビットコイン分裂問題が話題となる ¥270,000
2017/4/1 改正資金決済法が施行、国内の取引所は登録制へと移行、移行期間は6ヶ月 ¥120,000
2017/1/5 中国人民銀行が中国三大取引所(OKCoin/bTCC/Huobi)と会合 ¥110.000
2016/8/2 香港取引所bitfinexがハッキング被害を受け、約6347万ドルの盗難被害 ¥61,000
2016/7/9 ビットコインの半減期2回目、報酬25BTC→12.5BTC ¥66,000
2016/4/27 Steamでビットコイン決済を受付開始 ¥50,000
2016/3/1 DMM.comがビットコイン決済を受付開始 ¥49,000
2016/2/10 ビットコインがフォーク、Bitcoin Classicがリリース ¥44,000
2015/12/23 ビットコインがフォーク、Bitcoin Unlimitedがリリース ¥53,000
2015/10/22 欧州司法裁判所によりビットコインの付加価値税、消費税は非課税であるという判決が下される ¥33,000
2015/8/15 ビットコインコミュニティにてフォークが発生、Bitcoin XTがリリース ¥33,000
2015/8/1 Mt.GoxのCEO-Mark Karpelesが口座残高の不正操作疑惑で逮捕される ¥31,000
2015/1/4 Bitstampがハッキング被害により約500万ドル相当を失う ¥28,000
2014/12/11 Microsoftが米在住者限定でビットコイン決済に対応 ¥41,000
2014/10/30 Krakenが日本に上陸、サービス開始 ¥37,000
2014/9/19 コインチェック(coincheck)がサービス開始 ¥42,000
2014/7/18 DELLが米在住者限定でビットコイン決済に対応 ¥64,000
2014/6/30 Quoineが日本に上陸、サービス開始 ¥64,000
2014/6/18 bitbankがサービス開始 ¥61,000
2014/6/13 マイニングプール「Ghash.io」のハッシュレートが51%に到達、51%攻撃のリスクが高まる ¥60,000
2014/5/26 ビットフライヤー(bitFlyer)がサービス開始 ¥59,000
2014/4/9 BtcBoxがサービス開始 ¥44,000
2014/4/1 日本国内にビットコイン取引所etwingsが開設→後にZaifに買収される ¥49,000
2014/2/24 Mt.Goxがハッキングを受け、ビットコインが流出、Mt.Gox流出 ¥18,000
2013/12/5 中国政府が金融機関のビットコイン取扱を禁止 ¥110,000
2013/12/4 NHKが初めてビットコイン特集を放送 ¥123,000
2013/10/1 ダークサイト「シルクロード」の運営者が逮捕される ¥13,000
2013/3/16 キプロス金融危機によりビットコインの注目が高まる ¥4,500
2013/3/11 バージョン0.8.0のバグによりブロックチェーンの分岐が発生→0.8.1へのバージョンアップで修正 ¥4,700
2012/11/28 ビットコイン初めての半減期、報酬50BTC→25BTC ¥1,000
2012/11/15 WordPressがビットコイン決済を受付開始 ¥900
2012/5/9 FBIによる「ビットコインが違法行為に使われる可能性が高い」という資料が流出 ¥400
2011/6/19 Mt.Goxがハッキングを受ける ¥1,400
2011/4/16 TIME誌にてビットコインの特集記事が公開される ¥80
2011/3/16 Tibanne社がMt.Goxを買収 ¥70
2010/9/18 ビットコインの脆弱性を突き、1840億BTCが偽造される→開発チームにより対応 ¥5
2010/7/18 Mt.GOXサービス開始 ¥6
2010/5/2 店舗(ピザ屋)にて初めてビットコイン支払いが対応
2009/10/12 ビットコインとフィアット(法定通貨)の交換が実現
2009/1/3 ビットコインのブロックチェーンの第一のブロック(genesis block)が誕生
2008/10/31 Satoshi Nakamotoがビットコインに関する論文を発表

ビットコイン(BTC)について

ビットコインはインターネット上で取引や新規発行を行うことができる世界初の「分散型仮想通貨」のことをいいます。

一般的には通貨は政府や中央銀行が発行、管理を行っていますが、ビットコインはP2Pを用いて分散して発行、管理を行っています。

また、ビットコインは仮想通貨取引の基軸通貨としての役割があります。

ビットコインに比べると入手経路が少ないビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)は、手に入れる手順として

  • 日本円や米ドル(法定通貨)
  • ビットコイン(基軸通貨)
  • ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)

という流れになることが多いです。

つまり、ビットコインの価格変動に、その他の仮想通貨(アルトコイン)が影響されやすいという面があります。

ビットコインが大幅に値下がりするとアルトコインもつられて値下がりする、と言われるのはこのためです。

詳しくはこちら↓

仮想通貨ビットコインとは|初心者でもわかる注目ポイントと将来性を解説
仮想通貨(暗号資産)ビットコインの誕生から2021年現在までの歴史、主な特徴や将来性について初心者にも分かりやすく解説。

ビットコインおすすめ取引所

取引所 解説

coincheck

2017年3月より、ビットコインの現物取引高はbitFlyerを抑えて取引量No.1。世界でも取引量が多い主要なアルトコインの販売も行っているが、アルトコインの取引は出来ない点に注意。ビットコイン取引手数料0%。スマートフォンアプリが使いやすく、評判も良い。
  • BTC
  • ETH
  • ETC
  • XRP
  • FCT
  • LSK
  • LTC
  • XMR
  • REP
  • ZEC
  • XEM
  • BCH
bitbank

bitbank

取引手数料がマイナス0.05%のbitbank.cc、追証なしレバレッジ最大20倍のビットコインFXが出来るbitbank Tradeの二つの取引所を運営。販売所機能はないが、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、モナコインは日本円建てで取引可能。
  • BTC
  • XRP
  • LTC
  • ETH
  • MONA
  • BCH

GMOコイン

FX界隈では不動の地位を持つ業界大手のGMO(GMOクリック証券)によって展開されている取引所。レバレッジ最大25倍で取引が可能であり、仮想通貨の信用取引業界でこれから存在感を増すと思われる。また、取り扱い通貨も増え始めた。
  • BTC
  • ETH
  • BCH
  • LTC
  • XRP(11月予定)
  • ETC(12月予定)

QUIONEX

BTC取引の手数料0%実施中。レバレッジ取引がビットコインだけではなくイーサリアム・ビットコインキャッシュでも可能で、2・4・5・10・25倍の5段階から選べるため、少ない資産で大きくトレードしたい方はもちろん、幅広いトレードに対応しています。
  • ETH
  • BTH
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

おすすめのウォレット

Copay
android,iOS,Mac,Windows
Copay公式サイト
Bitcoinの専用ウォレットでデザインがシンプルなため操作がしやすいです。また色んなデバイスに対応しているため、機種変更の際も対応できます。iOS対応のBTCウォレットの中で多機能かつ日本語に対応している貴重なウォレットです。
Bitpay
android,iOS,Mac,Windows
bitpay公式サイト
bitpayは上記のcopayと同じ会社で開発され、デビットカード機能を追加したウォレットです。この機能を使えば、デビットカードで決済したものをビットコインで支払いすることが可能になります。もちろん日本語対応しているので取り扱いやすいウォレットです。
Bitcoin.com
android,iOS,Mac,Windows
Bitcoin.com公式サイト
Bitcoin.comは、上記のbitpayと同じ会社で開発されたBitcoinCashに対応しているウォレットです。bitpayと同じ要領で使えるのでとても扱いやすいです。また少ないBCH対応ウォレットのなかでも、日本語に対応している希少なウォレットです。

bitpayとBitpayについて詳しくはこちら↓

ビットコインウォレット「bitpay」,「copay」登録、使い方について解説
スマホ対応により、外出先でも決済可能 Windows,Mac,Linux,Android,iPhoneに対応しているため、...
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア