CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨価格大幅下落/強制ロスカット連鎖の怖さとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

11月30日の早朝、仮想通貨全体の価格が大きく下落
先物取引市場の大口売りから、ビットコインFXでロング(上昇する相場に投資)にポジションを置く人が強制的にロスカットされ、それが連鎖した形で大きな下落を生みだしたと考えられます。
FX取引は注意が必要
日本ではデリバティブ市場が大きく盛り上がりを見せていますが、一回の失敗で大金を強制的に失う可能性があることを頭に入れて臨むことが大切となります。

ビットコインが100万円というJPY建てで記念すべき価格を突破し、USD建てでも1万USDを突破したことから、BTCの価格は数日間仮想通貨の時価総額1位という多くの資本が入っている通貨とは思えない上昇を記録しました。

ビットコインは継続して伸び続けるだろうと多くの人が思っていた矢先、日本時間早朝に大きな下落を記録しました。

130万円付近を天井に112万円までじわじわと価格を下げ、一気に80万円まで下落していることがわかります。

価格下落の原因は?

原因はデリバティブ市場(ここでは先物取引市場を指す)の大口売りから、ロング(上昇する相場に投資)にポジションを置く人が強制的にロスカットされ、それが連鎖した形で大きな下落を生みだした相場の可能性が大きいと考えます。

強制ロスカットとは?

強制ロスカットは自動的にポジションを決済する仕組みとなります。

取引市場でポジションを決済するという言葉は、利益や損失分を確定させることを指し、この決済が自動的に行われてしまう仕組みを指します。

証拠金を取引所に置き、レバレッジ(倍率)を掛けて取引を行うと、相場が大きく上向いた時には倍率に比例した利益を得ることができますが、逆に相場に急激な変動があった場合、予想以上に大きな損失を被る場合があります。

一定割合以上の損失が発生した場合、トレーダーの意志とは無関係に強制的に決済(損失を確定)して、損失を証拠金で留めるシステムが存在し、これを強制ロスカットと言います。

日本がBTCの価格に大きく関係する

これは本日11月30日15時時点でのビットコイン取引高を通貨ごとや取引所で比較したものです。

世界のビットコイン取引の約60%が日本円で行われており、その内bitFlyerFXが80%も占めていることがわかります。

このbitFlyerFXは、bitFlyerが提供するデリバティブ取引所で、ここで行われている取引高が世界的に多いため、このBTC価格は先物価格だけで止まらず、現物の価格、つまりは結果的にBTC自体の価格を左右することになります。

このbitFlyerFXでは、当時BTCの価格高騰に影響してロングポジション過多の状態が続いており、ここでの売りからロスカット連鎖が全体の価格暴落に大きく影響したものと予想されています。

これは余談ですが、この画像はビットコインキャッシュが暴騰し価格が大きく高騰、高値を維持した時の世界の取引量です。

世界が大きくビットコインキャッシュ取引に移った中、日本ではBTCが圧倒的に先行していることがわかります。

これは日本の取引所が世界とは違い代理販売形式を行なっていることで、ビットコインキャッシュの取引高が集計されていないという可能性もありますが、圧倒的にBTCの取引高が世界で多いことを考えても、日本人がFXに熱中している状況が現れている統計ではないでしょうか?

瞬間的な大暴落FlashCrash

このようなロスカットが続き現象は仮想通貨のようなボラリティの高い相場だけでなく、株式市場やFX市場などでも見られることがあります。

下記の動画はフラッシュクラッシュと言われる瞬間的な下落を記録した動画です。

記事で記載されるようなフラッシュクラッシュは、多くの原因があり根本的な原因を特定するのは難しいと言われていますが、このような状況が置きた時のロスカット連鎖による下落幅の増加は間違い無いと言えるでしょう。

フラッシュクラッシュの瞬間は1:00~からです。

FX取引は注意が必要

日本ではデリバティブ市場が大きく盛り上がりを見せています。

大きく儲けることができるため、話題性もあり、次なる投資者を招く結果となります。

しかし、仮想通貨はボラティリティ(価格変動率)が高く、リスクのある相場です。

このことを前提に、レバレッジなどをかけた取引を行う場合は一回の失敗で大金を強制的に失う可能性があることを頭に入れて臨むことが大切となります。

日本は世界の中で仮想通貨に対する法規制が緩いことで注目を集めています。

このような法規制の緩さは、新たな市場である仮想通貨市場を育て、日本市場を世界のトップへと押し上げることにつながりますが、その反面投資家をリスクから保護するという面で問題視されています。

仮想通貨法規制で世界をリードする日本とそれに伴う課題
日本政府は仮想通貨規制に比較的寛容であり、その寛容さが日本を世界一のビットコイン市場に仕立て上げています。しかし、無名のアルトコインがビットコインと同様の扱いを受けるなど、消費者保護の観点からその規則が不十分であることも指摘されています。

仮想通貨市場は今後大きく伸びることが多くの分析家から予測されています。

自分の取引方法や、取引や通貨に関する知識次第で大きなリスクを抱えるということを理解し、情報収集を欠かさず行い、一つの意見に流されない姿勢が重要となるでしょう。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。
12:35
著名投資家ピーター・ブラントが痛烈批判、ゲンスラーSEC委員長の能力に疑問を呈す
著名投資家ピーター・ブラント氏は米SECのゲンスラー委員長を批判した。MFグローバル破綻などに関する過去の疑惑を引いて信頼性に疑問を呈した。
11:34
イーサリアム大幅続伸で3000ドル台迫る、ビットコインも底堅く推移
暗号資産(仮想通貨)市場では大型アップグレードDencunのメインネットローンチを来月に控え、現物ETF承認思惑のあるイーサリアムが大幅続伸した。アルトコイン市場では、ChatGPTを開発したOpen AIのサム・アルトマンCEOらが主導するWorldcoin(WLD)の急騰も目立った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧