CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨価格大幅下落/強制ロスカット連鎖の怖さとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

11月30日の早朝、仮想通貨全体の価格が大きく下落
先物取引市場の大口売りから、ビットコインFXでロング(上昇する相場に投資)にポジションを置く人が強制的にロスカットされ、それが連鎖した形で大きな下落を生みだしたと考えられます。
FX取引は注意が必要
日本ではデリバティブ市場が大きく盛り上がりを見せていますが、一回の失敗で大金を強制的に失う可能性があることを頭に入れて臨むことが大切となります。

ビットコインが100万円というJPY建てで記念すべき価格を突破し、USD建てでも1万USDを突破したことから、BTCの価格は数日間仮想通貨の時価総額1位という多くの資本が入っている通貨とは思えない上昇を記録しました。

ビットコインは継続して伸び続けるだろうと多くの人が思っていた矢先、日本時間早朝に大きな下落を記録しました。

130万円付近を天井に112万円までじわじわと価格を下げ、一気に80万円まで下落していることがわかります。

価格下落の原因は?

原因はデリバティブ市場(ここでは先物取引市場を指す)の大口売りから、ロング(上昇する相場に投資)にポジションを置く人が強制的にロスカットされ、それが連鎖した形で大きな下落を生みだした相場の可能性が大きいと考えます。

強制ロスカットとは?

強制ロスカットは自動的にポジションを決済する仕組みとなります。

取引市場でポジションを決済するという言葉は、利益や損失分を確定させることを指し、この決済が自動的に行われてしまう仕組みを指します。

証拠金を取引所に置き、レバレッジ(倍率)を掛けて取引を行うと、相場が大きく上向いた時には倍率に比例した利益を得ることができますが、逆に相場に急激な変動があった場合、予想以上に大きな損失を被る場合があります。

一定割合以上の損失が発生した場合、トレーダーの意志とは無関係に強制的に決済(損失を確定)して、損失を証拠金で留めるシステムが存在し、これを強制ロスカットと言います。

日本がBTCの価格に大きく関係する

これは本日11月30日15時時点でのビットコイン取引高を通貨ごとや取引所で比較したものです。

世界のビットコイン取引の約60%が日本円で行われており、その内bitFlyerFXが80%も占めていることがわかります。

このbitFlyerFXは、bitFlyerが提供するデリバティブ取引所で、ここで行われている取引高が世界的に多いため、このBTC価格は先物価格だけで止まらず、現物の価格、つまりは結果的にBTC自体の価格を左右することになります。

このbitFlyerFXでは、当時BTCの価格高騰に影響してロングポジション過多の状態が続いており、ここでの売りからロスカット連鎖が全体の価格暴落に大きく影響したものと予想されています。

これは余談ですが、この画像はビットコインキャッシュが暴騰し価格が大きく高騰、高値を維持した時の世界の取引量です。

世界が大きくビットコインキャッシュ取引に移った中、日本ではBTCが圧倒的に先行していることがわかります。

これは日本の取引所が世界とは違い代理販売形式を行なっていることで、ビットコインキャッシュの取引高が集計されていないという可能性もありますが、圧倒的にBTCの取引高が世界で多いことを考えても、日本人がFXに熱中している状況が現れている統計ではないでしょうか?

瞬間的な大暴落FlashCrash

このようなロスカットが続き現象は仮想通貨のようなボラリティの高い相場だけでなく、株式市場やFX市場などでも見られることがあります。

下記の動画はフラッシュクラッシュと言われる瞬間的な下落を記録した動画です。

記事で記載されるようなフラッシュクラッシュは、多くの原因があり根本的な原因を特定するのは難しいと言われていますが、このような状況が置きた時のロスカット連鎖による下落幅の増加は間違い無いと言えるでしょう。

フラッシュクラッシュの瞬間は1:00~からです。

FX取引は注意が必要

日本ではデリバティブ市場が大きく盛り上がりを見せています。

大きく儲けることができるため、話題性もあり、次なる投資者を招く結果となります。

しかし、仮想通貨はボラティリティ(価格変動率)が高く、リスクのある相場です。

このことを前提に、レバレッジなどをかけた取引を行う場合は一回の失敗で大金を強制的に失う可能性があることを頭に入れて臨むことが大切となります。

日本は世界の中で仮想通貨に対する法規制が緩いことで注目を集めています。

このような法規制の緩さは、新たな市場である仮想通貨市場を育て、日本市場を世界のトップへと押し上げることにつながりますが、その反面投資家をリスクから保護するという面で問題視されています。

仮想通貨法規制で世界をリードする日本とそれに伴う課題
日本政府は仮想通貨規制に比較的寛容であり、その寛容さが日本を世界一のビットコイン市場に仕立て上げています。しかし、無名のアルトコインがビットコインと同様の扱いを受けるなど、消費者保護の観点からその規則が不十分であることも指摘されています。

仮想通貨市場は今後大きく伸びることが多くの分析家から予測されています。

自分の取引方法や、取引や通貨に関する知識次第で大きなリスクを抱えるということを理解し、情報収集を欠かさず行い、一つの意見に流されない姿勢が重要となるでしょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア