CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨BATとは|急拡大する新世代のブラウザ「Brave」の特徴と将来性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

次世代型ブラウザBraveで利用できるBATとは

BAT(Basic Attention Token/ベーシックアテンショントークン)とは、現在のデジタル広告業界の課題を解決するために開発されたトークンです。BATは、プライバシーに焦点を当てたブラウザ、Braveのネイティブトークンであり、Braveの新たな広告モデルにより、デジタル広告業界が大きく変容する可能性があると多くの注目を集めています。国内の仮想通貨取引所でも、BATを取り扱う取引所が増えてきています。

1. BATの基本概要

1-1 BATの特徴

BATは、ウェブブラウザBraveのネイティブトークンかつユーティリティトークンです。Basic Attention TokenのAttentionとは「関心」を意味し、ユーザーも広告主もパブリッシャー(サイト運営者)も損を被らない、ユーザーの関心を基盤にしたエコシステムの構築を目指しています。

BATは、ユーザー、広告主、およびパブリッシャーの間で交換が可能です。BATを使って、広告やサービスを利用することもできます。

Brave Softwareは分散型かつオープンソースの、プライバシーに焦点を当てたデジタル広告プラットフォームを提供しており、イーサリアムブロックチェーン上に構築されています。 同社が提供するブラウザ「Brave」は、イーサリアム上に構築されているプラットフォームを使うためのインターフェースとしての役割を持っています。

Braveブラウザには、デフォルトで広告ブロック機能が搭載されています。それにより、広告を読み込む時間が削減され、ブラウジングがより高速かつ快適になります。またBraveでは、不正広告(マルウェアの拡散や情報窃取を目的としたオンライン広告)およびトラッカーもブロックされるため、ユーザーのセキュリティやプライバシーも保護されます。

1-2 BATの発行用途

BATは、仲介業者や詐欺が蔓延しているデジタル広告業界の課題を解決し、新たな広告モデルを作り上げることを目的として開発されました。BATプラットフォームでは、ユーザー、広告主およびパブリッシャーを分散的な方法でつなげることで、この課題に取り組んでいます。

BATは、ユーザーの関心を基盤にしたBATエコシステム内で、価値尺度として利用されています。

1-3 コンセンサスアルゴリズムの概要

Braveブラウザのユーザーのプライバシーを守るためことを目的とし、匿名性に重点をおいた台帳型システム、ANONIZEアルゴリズムを採用しています。このアルゴリズムはゼロ知識証明(略: ZKP/zero-knowledge proof)を採用し、ブラウザ上の認証と取引記録を処理します。

1-4 Brave広告の仕組み

Braveでは、ユーザーのプライバシーを第一に考えた広告モデルを提供しています。

従来のデジタル広告モデルでは、広告主は各自広告に関するデータを持ち、そのデータに基づいて、DSP(広告主が費用対効果を高めるために最適化されたプラットフォーム)を介してユーザーを見つけています。反対にパブリッシャー側では、cookieを利用してSSP(広告を掲載するパブリッシャーの収益を最大化するためのプラットフォーム)にデータを渡しています。

DSPとSSP間において、リアルタイムの入札(RTB)が行われることで、取引が生じ、ユーザーに広告が表示されています。このシステムでは、広告主とパブリッシャーの利害が一致している一方で、ユーザーの同意なしで広告が表示されています。これにより、ユーザーの知らないところでデータが共有され、広告用の画像や動画をダウンロードさせられるという問題点があります。

Braveのプライバシー保護広告では、DSP、SSP、およびRTBといった仕組みは使われていません。代わりにユーザーの合意の元で、ユーザーのデバイス上のデータを使って、負担にならないサイズの素材の広告が表示されます。ユーザーが求めていない、または知らない通信は全く行われません。

広告主は、どのようなユーザーをターゲットにしたいかをまとめたカタログをBraveに提供します。一方でユーザー側では、ユーザーのデバイス上で、ユーザーの特徴がBraveブラウザにより分析されます。広告主が提供するカタログ、およびデバイス上で分析されたユーザー情報に基づいて、ユーザーのデバイス上で広告のマッチングが行われます。このシステムにより、ユーザーの情報がデバイス外に出ることがなく、ユーザーのプライバシーが保護されています。

1-5 ローンチ(資金調達)時期

トークンセール開始日2017年5月31日
トークンセール終了日2017年5月31日
調達額約3,500万ドル(当時のレートで約39億円)

2. ユースケースの紹介

BATのエコシステムは、以下のようなトライアングル構造になっています。基本的には、Braveブラウザが、ユーザーの関心を計測し、パブリッシャーはユーザーからBATを受け取ることができます。

出典:Brave

ユーザーは、自身の関心に対してBATで報酬が支払われます。つまり、広告を視聴するとBATが付与されます。ユーザーはBATを利用して、BATプラットフォーム上のプレミアムコンテンツやサービスにアクセスすることが可能です。また、受け取ったBATを、お気に入りのパブリッシャーに投げ銭のように贈与することもできます。自動的に特定のパブリッシャーにBATを送付することができる、自動支援機能の設定も可能です。ユーザーの関心はBraveブラウザ上で、プライバシーを保護した形で計測されます。ユーザーのデータがデバイス外に出ることはありません。

パブリッシャーは、現時点では、上述のようなユーザーからの投げ銭や自動支援機能を通じて、BATを受け取ることができます。

広告主は、中間者が介在しないので、広告表示に同意したユーザーにのみ、効率的に広告を届けることができます。また、従来の広告でリーチが難しかったユーザにも、広告を届けることができます。

3. 関連サービスの紹介

3-1 パートナーシップ紹介

Braveは、業界内外の様々な企業と提携して、その規模を拡大しています。海外での提携先には、TAP Network、Binance、Everipedia、Townsquare Media, Inc、およびCheddarなどがあります。

国内の提携

日本では、7月に国内最大手取引所のbitFlyerとの提携を発表しました。国内でBraveとパートナーシップを結ぶのは、bitFlyerが初になります。

bitFlyerは、4月にBATの取り扱いを開始しました。BraveおよびbitFlyerは、Braveユーザー向けの仮想通貨ウォレットの共同開発を開始しました。また、仮想通貨およびブロックチェーンの認知度を高めるための、共同マーケティングにも取り組む予定です。

参考:bitFlyerとBraveが共同開発、Braveブラウザで仮想通貨BATの受取・利用が日本で初めて可能に

業界外の提携

Braveは、仮想通貨業界外の企業ともパートナーシップを結んでいます。6月には、eSportsチーム「Rush Gaming」、および世界的K-POPスターの防弾少年団(BTS)と提携を結びました。

この提携により、ファンに向けて限定版のブラウザが提供され、トップページにはeスポーツ選手や防弾少年団のメンバーが表示されるようになりました。また、Rush Gamingに対しては、受け取ったBATを送付することで支援も行えます。

参考:「Braveブラウザ」が防弾少年団やeスポーツチームと連携、BATポイントの利用も

3-2 BATポイント(日本におけるBATの報酬システム)

日本では、資金決済法等の法律遵守のために、BATではなくBATポイント(BAP)が利用されています。

BAPはBAT価格と連動しており、BATと同様に、広告視聴の報酬として受け取ることができます。受け取ったBAPをお気に入りのクリエーターやウェブサイトに送付できる点も、BATと同じです。

しかし、BAPの購入、およびBAPとBATの交換はできません。Braveは、今後日本でBAPを利用できるパートナーを開拓していく予定とのことです。

4. 開発チーム概要

4-1 社名/拠点

社名拠点
Brave Software, Incサンフランシスコ

(2020年9月時点)

4-2 開発者名/経歴

開発者名経歴
Brendan EichBraveの共同創設者およびCEOであり、非営利テクノロジー企業のMozillaを設立し、オープンソースのウェブブラウザFirefoxの開発に貢献しました。また、最も広く利用されているプログラム言語、JavaScriptの開発者でもあります。
Brian BondyBraveの共同創設者および開発責任者として知られています。Brave創設以前はKhan Academy、Mozilla、およびEvernoteで手腕を発揮し、MozillaではFirefoxプラットフォームのシニアエンジニアを務めました。
Yan ZhuBraveの最高情報セキュリティ責任者です。MITで物理の学士を取得後、デジタル社会での自由な言論の保護活動を行う電子フロンティア財団の特別研究員を務めました。また、2015年にはフォーブスが選ぶ30歳未満の30人にも選出されています。
Ben LivshitsBraveの将来的なイニシアティブリサーチを担当する主要研究員です。インペリアル・カレッジ・ロンドンで准教授を、ワシントン大学で客員教授を務め、MITで教鞭を取っていました。またマイクロソフトリサーチで10年間研究員も務めました。
Brian BrownBraveのビジネス部門責任者として、他の企業とパートナーシップを構築し、BATプラットフォームのビジネス開発を行っています。
Bill Engles財務担当者として長年の経歴を誇り、Braveでは最高財務責任者を務めています。過去20年間にわたり、上級管理職として、スタートアップから大企業に至るまで、主に技術関連企業を率いてきました。
Brad Richter16年以上にわたるプロダクトデザイン、UXおよびビジュアルコミュニケーションチーム牽引の経歴を持ち、Braveでは2015年から設計責任者を務めています。Brave参加以前にLuidia Inc.を共同設立し、同社で設計代表者を務めました。
Brian Cliftonソフトウェアエンジニア業界で長年の経歴を誇る、Braveのエンジニアおよび開発担当責任者です。Brave以前は、Godaddy.comやIntelでエンジニアを務めていました。
Jimmy Secretanセントラルフロリダ大学でコンピュータ工学を学び、同大学の機械学習研究室でPh.Dを取得しました。卒業後はテクノロジー業界でキャリアを積み、現在はBraveにてサービスオペレーションの責任者を務めています。
Mandar ShindeBraveにてプロダクトおよびBATエコシステムの責任者を務めています。
Des Martinマーケティングリードや起業の経験を持ち、Braveではビジネス開発およびマーケティング責任者を務めています。
Donny DvorinBraveの営業責任者です。Brave以前は、Never Stop Marketingでゼネラルマネージャーを務め、マーケティングおよび広告でのブロックチェーン活用に関する教育をリードしていました。
Marshall Roseネットワーク管理や分散型台帳管理などを専門とし、インターネット領域全体に貢献してきました。Braveではエンジニア主任を務めています。ネットワーク管理分野の著者としても知られています。
Luke Mulks起業やフリーランスの経験を経てOAOで広告プロダクトの責任者を担当しました。Braveには2016年に広告技術専門家として参加し、現在はビジネス開発を率いています。2019年の40 Under 40にも選ばれました。
Peter SnyderBraveでプライバシーに関わるリサーチを行い、ウェブ上のセキュリティおよびプライバシー向上に貢献しています。

(2020年9月時点)

5. BATの過去情報

イベント日付詳細
最初のトークンセール2017年05月31日最初のトークンセールを行い、わずか30秒で約3,500万ドル(当時のレートで約39億円)を調達しました。
BAT Mercuryのローンチ2017年10月12日BATがBraveに統合され、BraveがBATプラットフォーム上初のアプリケーションになりました。Brave決済システムがBATウォレットに組み込まれ、ウォレットの残高がBATで表示されるようになりました。
Chromiumベースのデスクトップリリース2018年12月7日Chromiumベースのデスクトップ (version 0.57)がリリースされました。これにより、以前のMuonバージョンより22%高速化され、拡張機能のインストールが可能になりました。
Brave Adsリリース2019年04月24日オプトイン広告(ユーザーの事前許可が必要な広告)であるBrave Adsがリリースされ、ユーザーは視聴したい広告を選べるようになりました。Brave Adsでは、ユーザーのプライバシーが保護されています。
Brave 1.0のローンチ2019年11月13日Brave 1.0がローンチされ、ユーザーはパブリッシャーへBATを支払うことができるようになりました。Brave Shieldが導入され、デフォルトで広告およびトラッカーがブロックされるようになりました。
Chromiumベースのアプリリリース(Android)2020年4月6日Android版BraveアプリがChromiumベースに変更されました。これにより実装が簡単になり、Androidでの将来的な拡張機能のサポートが期待されています。
MAU1500万人突破2020年6月1日月間アクティブユーザーが1500万人を超えました。これはBrave 1.0のローンチ時と比較して50%の成長率です。

6. ロードマップの概要

Brave Release(公式リリース版)の2020年第3四半期のロードマップには、以下が含まれます。

  • ステートレスなソーシャルメディアに対するプライバシー保護配置
  • 広告およびトラッキングブロック用にCNAMEフィルターを追加
  • より優れた広告ブロック、およびウェブ互換性のためのデフォルトフィルターリストの改善
  • iOSプレイリスト機能
  • 企業サポート(グループポリシーのテンプレートおよび書類)
  • Greaselionと呼ばれるサイトに特有なスクリプトを使用してBrave Rewardチップシステムを改善し、新たなプラットフォームの追加、および管理の容易化
  • 広告の関連性の向上(USのみ)
  • ストレージプロテクトの改訂
  • トップレベルのURLブロック
  • 7. 取り扱いのある主要な仮想通貨取引所

    21年7月現在、BATはbitFlyer、bitbank、GMOコインなど計7ヶ所の暗号資産取引所で取り扱われています。

    関連:BraveのbitFlyer連携、クリエイターがBATの受取・利用可能に

    関連:仮想通貨取引所bitbank、BAT(ベーシックアテンショントークン)の新規取引扱いを発表

    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    18:28
    bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
    国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
    14:27
    米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
    米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
    13:00
    ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
    現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
    12:14
    ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
    暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
    11:25
    ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
    アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
    09:50
    AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
    株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
    08:40
    コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
    仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
    07:50
    コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
    Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
    07:15
    コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
    AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
    06:45
    モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
    Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
    05:40
    マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
    マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
    02/26 月曜日
    14:30
    ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
    仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
    13:52
    証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
    証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
    11:42
    ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
    暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
    09:52
    IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
    米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア
    イベント情報
    一覧
    2024/02/29 12:00 ~ 19:00
    その他 オンライン
    2024/03/01 19:00 ~ 21:30
    東京 東京都千代田区
    重要指標
    一覧
    新着指標
    一覧