CoinPostで今最も読まれています

日本発の人気ブロックチェーンゲーム8つを紹介|廃猫

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンゲーム一覧(国内編)

現在、国内ではさまざまなブロックチェーンゲームが公開されています。本記事では、すでにリリースされており、ゲームとして遊べる国内の代表的なブロックチェーンゲーム8つを紹介します。

  • クリプトスペルズ
  • マイクリプトヒーローズ
  • コントラクトサーヴァント
  • ブレイブフロンティアヒーローズ
  • エグリプト
  • ユビホル
  • CHOJO -CryptoGirlsArena-
  • マイクリプトサーガ

1.「クリプトスペルズ」

「クリプトスペルズ」は、カードを使って戦うゲームです。プレイヤーは30枚のデッキ(バトルで使うカード群)を組み戦います。1枚1枚のカードをプレイヤー同士で売買できます。正式リリース後2週間の売上が約3,000万円を突破し、国内ブロックチェーンゲームでは当時の最高記録となりました。

この「クリプトスペルズ」の特徴としては、プレイヤーがカードを考案し発行できることが挙げられます。

既存のカードを分解して部品化し、その部品を組み合わせることで新しいカードを作ります。最初の作成者はカード発明特許を保有し、カードを販売することもできます。

このゲームはカードゲームとしてとても面白いため、カードゲーム好きにおすすめのサービスです。国内最大級のブロックチェーンゲームであるため、はじめてブロックチェーンゲームをプレイする人にもおすすめです。

運営会社 CryptoGames
ジャンル 対戦型オンラインTCG(トレーディングカードゲーム)
対応チェーン イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)
リリース 2019年6月

2.「マイクリプトヒーローズ」

「マイクリプトヒーローズ」は歴史上の偉人のキャラクターを使って戦うRPGです。国内ブロックチェーンゲームを牽引してきた存在で、2019年にブロックチェーンゲームとして、世界No.1のプレイヤー数を記録しました。

「マイクリプトヒーローズ」は多様な遊び方ができるという特徴を持っています。例えば、強さを追い求めてプレイヤー同士のバトルで上位を目指すという遊び方。コンピュータと戦うクエストで、装備品を採掘して販売するという遊び方。イラストを描いてキャラクターの見た目を変えて価値を生み出す遊び方。ゲーム内アイテムの取引を繰り返してお金を稼ぐという遊び方などの多様な遊び方があります。

運営会社 double jump.tokyo株式会社
ジャンル オートバトルRPG
対応チェーン イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)
リリース 2018年10月

3.「コントラクトサーヴァント」

「コントラクトサーヴァント」は、戦略が求められるカードゲームです。このゲームではバトルの際、カードを8枚配置して戦います。1枚1枚のカードの性能が異なります。そのため多様な戦術があり、戦略が求められるゲームです。

2019年12月に発売されたカードの売り上げは、ブロックチェーンゲームの中で国内過去最高額を記録しました。頭を使う詰め将棋のようなゲームです。戦略ゲームが好きな方におすすめです。

運営会社 アクセルマーク
ジャンル オートバトルRPG
対応チェーン イーサリアム(ETH)
リリース 2019年12月

4.「ブレイブフロンティアヒーローズ」

「ブレイブフロンティアヒーローズ」は過去に3,800万ダウンロードを突破したスマホゲーム「ブレイブフロンティア」シリーズが、ブロックチェーンゲームになったものです。

このゲームではキャラクターを組み合わせて、プレイヤーやコンピュータと戦います。このゲームの特徴としては、魅力的なキャラクターのアニメーションです。特にバトルの際のキャラクターの動きに迫力があり、バトルの臨場感を高めてくれます。躍動感のあるアニメーションが好きな方におすすめです。

運営会社 double jump.tokyo株式会社、株式会社エイリム
ジャンル オートバトルRPG
対応チェーン イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)
リリース 2020年1月

5.「エグリプト」

「エグリプト」は可愛いモンスターを育成して、バトルするゲームです。

このゲームでは、約3分間隔で卵が生まれ、その卵を割ることでモンスターが手に入ります。通常の卵と異なる金の卵が6時間ごとに生まれ、その卵からはレアなモンスター(NFT)が生まれる可能性があります。レアなモンスターはプレイヤー間で売買することが可能です。

現在はスマホのアプリゲームで、PCでのプレイはできません。2021年6月に40万ダウンロードを突破しました。独特のかわいいイラストと、プレイ中に流れる素敵な音楽に癒されるゲームです。ゆったりとしたゲームが好きな方におすすめです。

運営会社 Kyuzan、GameWith
ジャンル オートバトルRPG
対応チェーン イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)
リリース 2020年3月

6.「ユビホル」

「ユビホル」は、鉱石を掘ってポイントを貯め、貯めたポイントを暗号資産に交換できるゲームです。

鉱石を掘ると、ルビーやオニキスのようなクリスタルを発掘することもでき、発掘したクリスタルはコレクションにすることができます。ゲームとしては鉱石をタップしたりなぞったりするシンプルな形です。鉱石や宝石が好きだったり、黙々とプレイするゲームが好きな人におすすめです。

運営会社 トークンポケット株式会社
ジャンル アクション
対応チェーン イーサリアム(ETH)
リリース 2020年8月

7.「CHOJO -CryptoGirlsArena-」

「CHOJO」はブロックチェーンゲーム発の人気IPの誕生を目指した美少女キャラクターの対戦ゲームです。豪華声優やオリジナルのシナリオを楽しむことができます。ゲームはターン制のバトルゲームです。美しいビジュアルやストーリーが好きな人におすすめです。

運営会社 株式会社SEVENTAGE
ジャンル ターン制RPG
対応チェーン イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)
リリース 2020年8月

8.「マイクリプトサーガ」

「マイサガ」は心理戦に主体を置いた、ベットができるポーカーの様な​​ゲームです。

編成した10人の”カミ”と呼ばれるカードを使ってプレイヤー同士で戦います。特徴として、バトルに勝つことでプレイヤーがゲーム内カードをNFTに変換することができます。ポーカーや読み合いが好きな人におすすめです。

運営会社 double jump.tokyo株式会社
ジャンル ターン制マインドバトルゲーム
対応チェーン ポリゴン(MATIC)
リリース 2021年5月

本記事では国内の代表的なブロックチェーンゲームを8つ紹介しました。

どれも無料で始められるため、気になったゲームがあればぜひ遊んでみてください。

廃猫の過去記事一覧

執筆者:廃猫hainekolab
ブロックチェーンゲーム(BCG)の情報を発信中。博士(工学)。 国内最大級BCG「クリプトスペルズ」公式大会2度優勝。海外最大級BCG「Splinterlands」チャンピオンリーグ世界ランキング6位を達成。同ゲームの日本語翻訳監修。 著作として、国内初のBCG攻略本「ブロックチェーンゲームの初め方・遊び方・稼ぎ方(技術評論社)」
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧