CoinPostで今最も読まれています

板取引とは|「成行、指値、逆指値」注文の違いを覚えよう

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

株式や債券などの伝統的資産に加え、新たな投資対象として誕生した暗号資産(仮想通貨)。新しく生まれた資産であるため、どのように取引を行えばいいかがまだ十分には浸透しておらず、株式や債券のように広くは普及していません。

一方で、2021年にNFT(非代替性トークン)が従来のブロックチェーン領域を超えて普及するなど、仮想通貨に興味を持つ人も増えてきました。

関連2021年の流行語大賞候補、仮想通貨関連用語で「NFT」がノミネートされる

本記事では、新たに仮想通貨投資を行う方や、まだ取引方法が詳しくわからないという方を対象に、「板取引」の概要を解説します。

目次
  1. 販売所と取引所の違い
  2. 注文方法の種類
  3. 各注文のメリットとデメリット
  4. まとめ

1.販売所と取引所の違い

まず、板取引について解説する前に、仮想通貨の売買を行う「販売所」と「取引所」の違いをご説明します。販売所では板取引は行われないため、両者の違いを理解しておくことも必要です。

販売所と取引所は、どちらも仮想通貨を売買するためのサービスであることに変わりはありません。両者の最も大きな違いは、取引を行う相手です。

販売所で仮想通貨の売買を行う場合、取引相手は交換業者です。交換業者が設定した価格で、ユーザーは売買を行います。販売所では、売買する数量はユーザーが指定することが可能です。

一方、取引所で仮想通貨の売買を行う場合、取引相手は他のユーザーです。この場合、交換業者は取引を仲介する役割を担います。

取引所では、登録しているユーザー同士が売買したい数量と値段を提示し、条件が満たされた場合に注文が約定します。

約定とは

売買の注文を出し、取引が成立すること。取引所方式では、反対注文(自分が「買い」ポジションの場合は、反対のポジションとなる「売り」のこと)を出す投資家がいなければ注文は約定されません。

▶️仮想通貨用語集

この「ユーザー同士が売買したい数量と値段を提示して取引を行うこと」を板取引といいます。以下のように、ユーザーが売買したい数量や値段をまとめて一覧にしたものを「板」と呼びます。

出典:GMOコイン

関連仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違い|初心者のおすすめは

なぜ、この一覧を板と呼ぶかという理由については、「昔に行われていた証券取引において、注文で使用されていた紙の台が板だったから」という説や、「以前は証券取引所に、各証券会社からの売買注文を銘柄ごとに書いた板があったから」といった説があります。

それでは販売所からは離れ、次節からは取引所で行われる板取引について、もう少し詳しくみていきましょう。

2.注文方法の種類

本節では、板取引における注文方法をご紹介していきます。まずは以下の2つの方法です。

  • 成行注文
  • 指値注文

両者の主な特徴は以下の通りです。

成行注文 指値注文
数量 指定する 指定する
約定価格 指定しない 指定する

表の通り、最も大きな違いは「約定を希望する価格を指定するかどうか」です。

2-1 成行注文とは

成行注文では、売買を希望する数量は指定しますが、約定を希望する価格は指定しません。この点では販売所の注文に似ていますが、成行注文と販売所の注文は明確に区別して覚えておいてください。

例えば成行注文は、ビットコイン(BTC)を「1BTCの価格がいくらの時でもいいから、すぐに0.0001BTCを購入したい」というような時に行います。

「成行」という言葉には「自らの意志を強く持たず、物事の動きや結果に身を委ねること」という意味がありますが、成行注文の「成行」はまさにこの意味です。

約定価格を指定しない成行注文は、注文時点の市場価格で成立します。買い注文の時は、その時点で板にある売り注文の最低価格で約定。売り注文の時は、その時点で板にある買い注文の最高価格で約定します。

もちろん、取引したい数量を相手が売買していることも約定の条件です。

2-2 指値注文とは

指値注文は、売買を希望する数量に加え、約定を希望する価格も指定する方法です。「1BTC=300万円の時に、0.0001BTCを購入したい」というような時に行うのが指値注文です。

例えば注文時に1BTCの価格が310万円だったとします。この時、「1BTC=310万円では割高だから買いたくない」と思う場合に、購入する数量を決めて「1BTC=300万円」まで下がった時に約定するように注文を入れておきます。

成行注文が即座に約定するのに比べ、指値注文は「予約注文」みたいなものです。もしかしたら「1BTC=320万円」というように価格が上昇する場合がありますが、その時は注文をキャンセルしたり、指値の価格を変更したりします。

指値注文が約定するのは、以下の条件になった場合です。

  • 買い注文:売り手が提示する価格が、希望価格以下になった場合
  • 売り注文:買い手が提示する価格が、希望価格以上になった場合

2-3 逆指値注文とは

本節の最後に「逆指値注文」をご紹介します。これは文字通り、指値注文の逆を行う注文です。「逆」とは、価格の指定の仕方が反対であるという意味です。

指値注文は「市場価格ができるだけ安い時に買いたい」や「市場価格ができるだけ高い時に売りたい」という投資家の希望に基づいています。

逆指値注文はこの考え方が反対になっており、以下のような場合に行います。

  • 市場価格が今よりも”高い”時に買いたい
  • 市場価格が今よりも”安い”時に売りたい

注文方法は指値注文と同じで、約定を希望する価格の上下を逆に考えるだけです。

ただし、逆指値注文は損をしているようにも見えます。投資家はどのような時に逆指値注文を行うのでしょうか。

次節では、各注文方法のメリットとデメリットをご紹介します。

3.各注文のメリットとデメリット

上述した3つの注文方法のうち、どの方法を選べば良いかは、人や状況によって異なります。

まず、成行注文のメリットは「市場価格が希望価格になるのを待つことなく、即座に約定できること」です。「市場価格はいくらでも良いから、すぐに買いたい(売りたい)」という場合に利用できます。

また、市場価格が動かなくても約定するので、確実に注文できることもメリットです。注文時の市場価格に納得している場合や、値段をそんなに気にせずに長期保有したい銘柄を注文する場合などに成行注文は適しています。

一方、デメリットは、裏を返せば「その時の市場価格で約定してしまうこと」です。約定後に市場価格が大きく下がり、「もっと時間が経ってから買えば良かった」と後悔してしまうこともあるかもしれません。また、値動きが激しい時には、想定している価格で約定できない可能性もあります。

このように、確実性や時間を重視するなら成行注文、約定価格を重視する場合は指値注文の方が適しています。指値注文のメリットとデメリットは、成行注文のメリットとデメリットを逆に考えてください。

相場には「売りは迅速、買いは悠然」という格言があります。これは「買い注文はゆっくり時間をかけても遅くはないが、売り注文のチャンスは短期間に起きるので、思い切りが大事である」という意味です。この格言に従うのであれば、売り注文の時は成行注文の方が適しているということになります。

最後に、逆指値注文のメリットとデメリットをご紹介します。主なメリットは以下の3つが可能になることです。

  1. 上昇・下降トレンドにのれる
  2. 損切りができる
  3. 利益確定売りができる

関連投資初心者向け講座|仮想通貨ビットコインの「トレンド転換点」の見極め方

1については、例えば現在1BTCの価格が300万円だったとします。ビットコインをできるだけ安く買いたい時は、「1BTC=290万円の時に買う」ように指値注文を入れますが、逆指値では「1BTC=311万円の時に買う」というような注文を入れます。

この注文はビットコインのチャートを見た時に、BTC価格が一定期間300万円から310万円の間を推移しているような場合に行います。311万円になれば、これまでの価格レンジ(範囲)を抜けたことになるので、上昇トレンドを逃さずに利益を出すことができます。

このように逆指値注文は、「今よりも安い価格ではなく、上昇トレンドに転じたら買いたい」という場合に有効。他にも「前回の高値を上回ったら買いたい」という場合にも逆指値注文を活用することが可能です。

反対に、「今よりも高い価格ではなく、下降トレンドに転じたら売りたい」という場合もあります。この状況に当てはまるのが2の「損切り」です。

損切りとは、損失を大きくしないために、資産価格が一定額下落した時に、損していても売ってしまうこと。その後も保有し続けていれば値上がりする可能性もありますが、さらに価格が下がってしまい、長期に渡って買値よりも上がらない可能性もあります。こういった場合、状況によっては売ってしまって、他の資産に投資した方が良いケースもあります。

実際に損切りする場合、1BTC=300万円の時に買ったビットコインを、「1BTC=295万円になったら、損するけど売ってしまう」という逆指値注文を行います。このように、リスク管理にも逆指値注文を活用することが可能です。

3の「利益確定売り」とは、価格の急落に備え、あらかじめ注文を入れておくこと。以下のような場合に利益確定売りを行います。

  1. 1BTC=300万円の時にビットコインを購入
  2. その後、1BTC=310万円になったため利益が発生
  3. さらに値上がりする場合を考え、まだ売却はしたくない
  4. しかし、相場が急変して下落した場合に備える必要もある
  5. ある程度利益は確保したいから、1BTC=305万円に下がったら売ってしまう注文を入れておく

以上から、逆指値注文のメリットは次の通りです。

  • 上昇・下降トレンドを逃さない
  • チャートに合わせた注文の選択肢が広がる
  • 損切りができる

また、デメリットは以下の通り。

  • 指値注文よりも利益が少なくなる可能性がある
  • 将来的に可能な利益を得られない場合がある

4.まとめ

以上が板取引の主な注文方法とその違いです。

実際の注文時は上述した以外にも、「売り注文か買い注文か」や「指値か逆指値か」も選ぶ必要がありますが、本記事は注文方法の違いを理解していただくことを目的としているため、細かい点は省いています。

今回ご紹介した3つの注文方法には、それぞれメリットとデメリットがあるため、市況や投資目的などによって使い分ける必要があります。

本記事で紹介した注文方法を理解し、取引所で仮想通貨の板取引を始めてみてはいかがでしょうか。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア