2021年の流行語大賞候補、仮想通貨関連用語で「NFT」がノミネートされる

NFTが流行語大賞候補にノミネート

自由国民社は4日、第38回「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた30用語を発表した。暗号資産(仮想通貨)およびブロックチェーン領域からは「NFT(非代替性トークン)」が選出された。

選出された用語は以下の通り。

  1. イカゲーム
  2. うっせぇわ
  3. ウマ娘
  4. SDGs
  5. NFT
  6. エペジーーン
  7. 推し活
  8. 親ガチャ
  9. カエル愛
  10. ゴン攻め/ビッタビタ
  11. ジェンダー平等
  12. 自宅療養
  13. 13歳、真夏の大冒険
  14. ショータイム
  15. 人流
  16. スギムライジング
  17. Z世代
  18. チキータ
  19. チャタンヤラクーサンクー
  20. ととのう
  21. ピクトグラム
  22. フェムテック
  23. 副反応
  24. 変異株
  25. ぼったくり男爵
  26. マリトッツォ
  27. 黙食/マスク会食
  28. ヤングケアラー
  29. リアル二刀流
  30. 路上飲み

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

同賞は1984年に開始したもので、毎年ノミネート用語が選出されたのち、選考委員会がトップ10と年間大賞語を選ぶ仕組みとなっている。

過去には、2018年度新語・流行語大賞候補として、「仮想通貨/ダークウェブ」がノミネートされたことがある。また、国外では、2019年に中国の有力文芸メディア「咬文嚼字」が発表する流行語TOP10の第2位に「ブロックチェーン(区块链)」がノミネートされたことがあった。

関連:「仮想通貨/ダークウェブ」が2018年流行語大賞のノミネート候補に選出

関連: 中国の流行語大賞、2位に「ブロックチェーン」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します