中国の流行語大賞、2位に「ブロックチェーン」

中国の2019年流行語

中国の有力文芸メディア「咬文嚼字」の編集部が、2019年の10の流行語を発表。ランキングの第二位には「ブロックチェーン(中国語:区块链)」がノミネートされた。

習近平国家主席が国家戦略としてブロックチェーン技術に関する声明を発表して以降、中国国内ではブロックチェーンの一般市民への露出度が急拡大し、新聞紙やテレビ番組などのマスメディアでも度々取り上げられている。

関連習近平国家主席初のブロックチェーン国際的戦略発言 仮想通貨相場急反発

仮想通貨・ブロックチェーン業界に関わる用語としてランクインしたのは、「ブロックチェーン」のみ。1位は「文明の相互学習(文明互鉴)」で、国家主席が5月にアジア文明対話会議で発した言葉がノミネートされた。意味は「国内外でも文化・文明を互いに勉強し合う」だという。

3位以下の流行語には、凄さを形容する「ハードコア」や、他人を嫉妬する時に使われる「レモン〇〇」などがある。

参考:Sina報道

CoinPostの注目記事

バイナンスCZ、中国の仮想通貨現状を語る 同国の金融専門家は取引所再開を予測
バイナンスCEOは、中国での仮想通貨を巡る現状について語り、上海オフィスに関する報道を改めて否定した。 中国金融専門家は、同国の仮想通貨取引の将来性を見込む。
中国国営テレビ 「仮想通貨は非合法的融資手段」と指摘|国家的ブロックチェーン戦略との温度差は?
習近平主席がブロックチェーン親和政策を発表して以来、中国政府の仮想通貨政策が軟化と見られていたが、国営テレビの著名ドキュメンタリー番組でその真の立場が確認されている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら