CoinPostで今最も読まれています

ANAクレカでお得に「陸マイル」を貯める方法|余剰資金で始めるビットコイン投資

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ANAクレジットカードは飛行機に搭乗する際だけでなく、普段の買い物でもお得にマイルが貯められるカード。年会費が安く、ボーナスポイントも貯まり、普段使いしやすいポイントに交換可能です。

インフレに関連する物価高や通貨価値の下落などの影響が大きい現在では、投資を通じた資産形成の必要性が高まっています。そこで、ANAクレジットカードのような効率的にポイントを貯められる仕組みを活用して余剰資金を積極的につくり、株式やビットコインなど仮想通貨への投資を始めるのが良いでしょう。

本記事では、ANAクレジットカードのメリットやポイントの交換方法、仮想通貨のおすすめを紹介します。

目次
  1. ANAカードの基本情報
  2. ANAクレジットカードを利用する3つのメリット
  3. 貯まったマイルをポイントに交換する方法
  4. ビットコインが投資先として注目される理由
  5. 余剰資金でビットコインを始めるなら「少額投資」
  6. 陸マイルを効率的に貯めて余剰資金でビットコイン投資を

1. ANAカードの基本情報

出典:ANA

初めに、ANAカードの概要についてご紹介しましょう。

1-1. ANAカードの特徴

ANAカードは、航空事業でおなじみのANA(All Nippon Airways:全日本空輸)グループがクレジットカードなどの発行会社と提携して発行されるカードの総称です。

カード入会時・継続時やANA利用の度にボーナスマイルが獲得できるなど、カードの利用でANAのマイルを効率的に貯められるのが特徴。また、空港内店舗における割引の適用など、航空会社ならではの会員特典も魅力です。

なお、ANAグループはエアライングループとして世界で初めてNFTマーケットプレイスの立ち上げを行うなど、Web3領域にも積極的な進出を行っています。

ANAグループ、NFTマーケットプレイス立ち上げ メタバースも準備
ANAグループは、エアライングループとしては世界初のNFTマーケットプレイスを立ち上げた。旅をモチーフとするメタバース「ANA GranWhale」の準備も進めているところだ。

1-2. ANAカードで貯まる「陸マイル」とは

出典:ANA

「陸マイル」とは、飛行機に搭乗せずにショッピングやポイントサイトを利用して貯めたマイルのこと。固定費や普段のショッピングの支払い時に、現金ではなくANAのクレジットカードを利用することでお得に貯められます。

なお、貯まった陸マイルは、後述するポイントサイトを経由して、少ない手数料で他社ポイントに交換可能です。

2. ANAクレジットカードを利用する3つのメリット

出典:ANA

続いて、ANAクレジットカードのメリットを3つ紹介しましょう。

2-1. 年会費が安い

まず、年会費の安さが挙げられます。ANAクレジットカードは、初年度無料となる場合がほとんど。2年目以降の年会費は種類によって異なるものの、2200円程度です。

加えて、年会費の割引や無料化が適用される場合も多いため、利用検討の際にはご自身が条件に当てはまるか公式サイトより確認してみましょう。たとえば学生用カードは在学中の年会費が無料となり、ANA JCB カード ZERO(18歳以上29歳以下)では本会員の会費が5年間無料です。

2-2. 対象店舗の利用でマイルが貯まる

対象店舗の支払いでANAカードを利用すると、クレジットカードの利用とは別にマイルが貯まります。2023年9月時点で、ボーナスマイルをお得に貯められる対象店舗の例は、以下の通りです。

ジャンル 店舗 ポイント還元率
食事 スターバックス 店舗でのご利用:200円ごとに1マイル

オンライン入金:100円ごとに1マイル

Starbucks eGift、Book of eGifts:100円ごとに3マイル

食事 京成友膳(成田国際空港第1ターミナル) 200円ごとに1マイル
インテリア 西川公式オンラインショップ 商品ご購入で200円につき1マイル
インテリア FLYMEe 購入金額100円(税込)ごとに1マイル

他にもネットショッピング・サービスに利用できる「ANAマイレージモール」など、ANAグループが提供する様々なサービスを総合的に利用することで、さらに効率的なマイル獲得が期待できます。

2-3. クレジットカードのポイントと二重取りも可能

ANAクレジットカードを利用する場合、クレジットカードのポイントとマイルを二重取りすることも可能です。

例えば「ANA VISA Suicaカード」を取得し、交通費決済を一元化すると、SuicaにチャージするたびにVポイントが貯まるため、通常のSuicaよりもお得に使えます。貯まったVポイントからSuicaにチャージできます。

本カードはANAクレジットカードの中で唯一Suicaのチャージに対応しているため、日常的にSuicaを使う場合には適しているでしょう。なお、Suicaとしてチャージした分のお金は、コンビニやドラッグストアでも使えます。

3. 貯まったマイルをポイントに交換する方法

出典:ANA

貯まったマイルはポイントに交換して、日常生活の支払いに充てられます。マイルから交換できるポイントは「楽天ポイント」「Tポイント」「nanacoポイント」「セブンカード」、等多数。交換先の一覧は公式サイトをご確認いただけます。

本章では例として、マイルをSuicaへポイント交換する方法を解説しましょう。ポイントを交換するには、JR東日本の駅やビックカメラなどに設置されているATMコーナー「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)を利用します。マイルをSuicaへチャージする方法は以下の通りです。

  1. Suicaチャージのボタンを押した後、提携ポイントチャージを選択する
  2. Suicaにチャージしたいカードを挿入する
  3. 暗証番号とポイント交換数の金額を入力する

年間のポイント交換数にかかわらず、1万マイルを1万円相当のSuicaにチャージできます。実際に1年間ANAクレジットカードを利用して、どのぐらい余剰資金が生まれるのかシミュレーションしてみましょう。シミュレーションでは以下の条件と仮定します。

  • 「ボーナスポイントを利用せず、200円で1ポイントで貯める」
  • 「1年間・毎月20万円をANAクレジットカードで支払う」

すると、次のような余剰資金が期待できます。

  • 200,000×12÷200=12,000

このように、1年間ANAクレジットカードを利用すると、12,000円分の余剰資金が生まれます。この余剰資金を使い、ビットコインの少額投資を始めてはいかがでしょうか。

4. ビットコインが投資先として注目される理由

ここからは、ビットコインが投資先として注目される理由を解説しましょう。

4-1. インフレヘッジとして効果的

昔に比べるとインフレによって物価が上がり、現金の価値が目減りしています。たとえば日銀が目標とする「インフレ率2%」が維持された場合であっても、20年後の日本円の価値は、現在の約67%まで減少します。これは、現時点で67万円で購入できるもモノやサービスに対して、20年後には100万円を支払わなければ購入できなくなる、という事です。

現在進行している以上の問題に対処できる「インフレヘッジ」となる投資の選択肢として、ビットコインなどの仮想通貨は有効とされています。

また、ビットコインは非中央集権的・分散的に運用されるため、信頼性が高い点も魅力です。ビットコインは世界各地のコンピューターで管理されているため、記録された情報の改ざんが難しい点が大きな特徴と言えるでしょう。

4-2. ビットコインは「元祖」仮想通貨

数ある仮想通貨の中でも、ビットコインは、2009年に運用が開始されたされた「元祖」ともいえる仮想通貨です。最初にビットコインが注目を集めたのは約10年前の2013年、キプロス共和国で起きた金融危機により、各国の中央銀行に対する信頼が低下し、法定通貨に代わる資産を求める動きが世界中で加速しました。その出来事を契機に、富裕層を中心にユーロや人民元などの法定通貨をビットコインに交換したことで、その価格が急騰したのです。

その動きは近年にわたって加速しており、例えば2020年には、米大手決済企業PayPalが仮想通貨取引サービスを発表し、ビットコインの価格が上昇しています。また、国家が仮想通貨を採用した印象的な例として、2021年にはエルサルバトルがビットコインを「法定通貨」として定めました。

ただし、2022年はFRB(米連邦準備制度理事会)による金融引き締めの影響で相場全体が低迷し、仮想通貨市場でもビットコイン価格は1万ドル程度まで下落しました。とはいえ、仮想通貨の先行きに期待する声も多く、例えば仮想通貨取引所BitMEXの共同創設者アーサー・ヘイズ氏は、2024年にビットコインが高値を更新すると予測しています。

5. 余剰資金でビットコインを始めるなら「少額投資」

余剰資金でビットコインを始めるなら、少額の積立投資から始めましょう。「ドルコスト平均法」に基づいた少額の積立投資なら、価格変動のリスクを抑えられるため、初心者にもおすすめです。ドルコスト平均法とはビットコインのように価格変動のある商品を、「一定金額で、定期的・継続的に購入する」投資の基本。

例えば、1週間に1回・1000円でビットコインを購入する場合を想定してみましょう。その場合、ビットコインの価格が高い時は購入できる数量が少なく、価格が低い時は購入数量が多くなります。この購入方法を長期的に継続することで、平均購入金額を下げ、価格変動によるリスクを自動的に低減できるのです。

また、ドルコスト平均法を活用した積立投資を行う場合、取引所などで自動購入の設定を行っておけば、手動で取引する必要がないため手間がかかりません。さらに、数分おきにチャートを確認し、安値・高値を見分ける必要性もないため、投資初心者でも気軽にできるのが長所と言えるでしょう。少額投資であれば大きな金額を一瞬で失うリスクがなく、ストレスも少ないため、おすすめです。

仮想通貨取引所の「つみたて投資」を徹底比較 成功させるポイントは?
仮想通貨取引所の積立(つみたて)投資を比較しました。ドルコスト平均法の活用など、積立投資で抑えるポイントや仮想通貨を積み立てる3つの方法も紹介しました。ビットコインなど仮想通貨投資に興味のある人に必見の内容です。
仮想通貨相場の安定した稼ぎ方|複数の取引所を開くメリットと分散投資のすすめ
相場の不確実性を排除しきれず相場の未来を予言することは難しいですが、対処し不確実性から発生しうるリスクの軽減はできます。本稿では、投資初心者向けに積立投資、複数口座から投資と2つの観点から、リスクヘッジする方法について解説していきます。

6. 陸マイルを効率的に貯めて余剰資金でビットコイン投資を

ANAクレジットカードは年会費も安く、お得にポイントを貯められるカードです。Suica機能で交通費を一元化し、貯まったマイルをSuicaへチャージして利用できます。

クレジットカードを利用して貯まった余剰資金は、インフレによる資金の目減りを防ぐために、仮想通貨への投資が有効です。特に「元祖」仮想通貨のビットコインは初めての仮想通貨投資には向いているでしょう。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア