10分で分かるBHD

BHDホワイトペーパーを読み解く
BHDは、フルネームBitcoinHD、ビットハードドライブ、Conditioned Proof of capacity(以下、CPOC)に基づく新しいバリューストレージ暗号通貨システムです。 BHDは、ハードディスクの容量をコンセンサス(共通認識)のベースにすることで、誰もが暗号化された貨幣の生産に参加することができるようになり、数学的に信用を生み出し、数学的に価値を生み出します。

BHDホワイトペーパー

歴史上の偉大な人々は、偉大なものの誕生を伴います:ジョブズはスマートフォンの時代を開き、マーク・ザッカーバーグはオンライン社会を再構築し、Nakamotoはデジタル暗号通貨帝国を開きます…

すべての偉大な製品の誕生は全て、天の時、地の利、人の和を集約します。

Satoshi Nakamoto,サイファーパンク?数学家?謎の人物が2008年10月にビットコインの論文を発表し、2008年の世界的な金融危機は、米国のサブプライム・モーゲージ危機とFRBの量的緩和、欧州諸国の債券危機、世界経済の全面的な不況につながったことは周知の事実です。このように、Satoshi Nakamotoは、「なぜ第三者団体や個人が通貨を発行して自由に通貨を発行できないのか?」と、政府の通貨発行のこうした行為に疑問を投げかけ始めました。この考えは、オーストリアの経済学者ハイエクの『貨幣の非国家化』と正確に一致しており、ここからBTCが生まれました。

Satoshi Nakamotoが起こした4つの革命

  1. BTCの発明:暗号通貨の祖先は、POWプルーフ・オブ・ワーク(仕事量の証明)メカニズムに基づいて、P2Pネットワーク全ネットワークブロードキャストの形式ですべての取引情報を記録し、毎回の取引にタイムスタンプを押すことで、重複引き落としを防止します。
  2. 金融構造システムの変更:第三者仲介認証をネット全体の公証に置き換えました。
  3. 通貨発行主体の変更:国家による発行から、第三者組織と個人に開放しました。
  4. 人間の相互信頼コストを低下させました。

BTCの登場は伝統的なビジネスモデルを変え、マイナーのような役割を生み出しました。マイナーとは、ビットコインネットワークにコンピューティング・パワーを与え、BTCを採掘して収益をあげている人のことです。10年間の発展を経て、BTCマイナーチームは絶えず拡大し、競争もますます激烈になっています。更に低い消費電力で、より高効率なマイニングモードを求めて、マイナー達はより共用できる代替コンポーネント:AISC(専用集積回路)に転向してマイニングを始めました。

早期のマイニングはコンピューターのCPUで行われていましたが、Satoshi Nakamotoは、CPU当たり1票を実現するユートピアのビジョンを持ち、人々が採掘し、分散化のコンセプトを実現しますが、Satoshi Nakamotoは専用の集積回路によるマイニングの出現を考慮に入れていなかったため、1人1票のビジョンは、「金持ちの言葉が全て」になってしまいました。

BTC価格上昇と技術革新によりBTCが直面した問題とは

1、コンピューティング・パワーの集中化、独占問題:BTCは10年間の発展を経て、多くの大規模な機関の資本の参入に伴い、人々が参加することができなくなり、逆に権力者のゲームになろうとしています。下の図を見ると、BTCネットワークのコンピューティング・パワーは、我々が良く知るBTC.com、AntPool、SlushPoolを含む、上位6社のマイニングプールのコンピューティング・パワーが既に51%を超えており、上位6社が手を握って51%攻撃をしたら、BTCネットワークがもはや安全ではないと疑わずにはいられないのではないでしょうか?

2、電力エネルギーが大量に消耗される:BTCの現在の全ネットワークのコンピューティング・パワーは80EH/Sに達しており、現在市場で流行しているS9のAnt Miner主なものとし、S9のコンピューティング・パワーの平均值は13TH/Sで、BTC全ネットワークのコンピューティング・パワーを換算すると、6150000台のS9マイニング・マシーンのコンピューティング・パワーに相当します!使用過程において、S9の電力は1500ワットで、毎日の消費電力度数は36度、1ヶ月1台のS9の消費電力1080度数で、6150000台のマシンとして掛け合わせると、1年間のBTCネットワークの消費電力度数は664億度に達します!BTCネットワーク1年の消費電力量は既に159国家を超え、全世界の消費電力量の0.2%です!

上述の主要問題の存在を理由として、2014年、BurstチームがPOC容量証明メカニズムを提起し、ストレージ空間の容量を仕事量の証明に代替させようとしましたが、Burst 経済モデル戦略に出現した問題により、POCのような革新的なコンセンサスは、何ら一般に認識されることなく、受け入れられませんでした。

そうした環境で生まれたのがBHDです。

BHDとは?

BHDは、フルネームBitcoinHD、ビットハードドライブ、Conditioned Proof of capacity(以下、CPOC)に基づく新しいバリューストレージ暗号通貨システムです。

BHDは、ハードディスクの容量をコンセンサス(共通認識)のベースにすることで、誰もが暗号化された貨幣の生産に参加することができるようになり、数学的に信用を生み出し、数学的に価値を生み出します。

BHD は、コンピューター上でマイニング デバイスとなり得るCPU、GPU、およびハードディスクの3種からハードディスクを選択する従来の概念を覆すイノベーションを選択しました。CPUとGPUは、最終的にAISCマイニングマシンになることを避けることができませんが、同時にCPU、GPUは大量のエネルギー浪費を生み出すのに対し、ハードディスクドライブは元来、AISC耐性と省電力節約の特性を有し、簡単なスキャンのみで動作を維持することができるため、BHDはハードディスクマイニングを選択し、CPU、GPUの欠陥を完全に回避し、ハードディスクはマイニングの戦場における最後の高みとなりました。

BHDの分配メカニズム

BHDの総発行量は、BTCと同様で2100万枚です。そのうち、開発チームは210万枚のプレマイニング(10%プレマイニング)を有しています;マーケットプロモーションチームは105万枚(5%がマイニングに伴って産出)をマーケットプロモーションやコミュニティの運営などに使用します;1785万枚(85%がマイナーへ)がマイナーによるマイニングに供されます。

ブロック生成時間:3分
初期ブロックサイズ:15BHD / Block 、2MBブロックサイズ
半減周期:4年、最初の半減期は約568288ブロック高
初期TPS:70トランザクション/秒
提携マイニング:1Tハードディスク毎に3BHDを条件とするマイニング(BHDの経済モデルの詳細説明)

BHDの技術原理:POC (Proof of Capacity)容量証明

BHDはPOCマイニングで取得できます。POCマイニングとは何か?簡単に言えば、マイニングを開始する前に、あなたのハードディスクにshabalハッシュ関数問題の解答を計算して保存し、事前に「解答」をハードディスク上に置きます。この過程を「プロット」と呼び、プロットにはShabalと呼ばれる非常に時間のかかるハッシュ関数を使用しており、これはビットコインのマイナーが素早く使用したSHA-256ハッシュとは異なります。Shabalハッシュは非常に計算が難しいため、事前に計算してハードディスクに保存します。

POCはPOWと比べて、マイナーのマイニング過程で生じるエネルギー消費が小さく、POWマイニングの過程では大量の計算をして正確なハッシュ値を探す必要があり、これは受験生が正解を求めて本をめくり続けるようなもので、POCマイニングは既存のハッシュ値があらかじめハードディスクに保存されており、ハードディスクをスキャンするだけで、該当するハッシュ値が得られ、POCでは既に回答を持つ受験生が入力すればよいだけです。

マイニングのプロセス

1、ディスクのプロット(Plot)

Miner(マイナー)は、ローカルハードディスクにハッシュ值を使用したプロットファイルを埋め込みます。ハードディスクの容量が大きいほど、充填されたHash値が大きいほど、ブロックを生成する確率が高くなり、簡単に言えば、あなたの容量が大きいほど、収益が高くなります。

技術原理:マイナーはマイニングによりnonceと呼ばれるものを作り出し、ハッシュデータ(ユーザーのアカウントIDを含む)を繰り返して乱数を作ります。プロット用に割り当てられたハードディスクの容量が多ければ多いほど、多くのnonceを保存できます。1つの乱数には最終的に8192個のハッシュ値が含まれます。これら8192個のハッシュをペアにしたものをscoopと呼びます。各scoopには0から4095までの数字が割り当てられます。

プロット時間の長さはハードディスクの容量にも依りますが、一般に1Tハードディスクに要するプロット時間は10数時間です。

2、トランザクション(Transaction)

BHDはBTCウォレットに基づいて、安全なP2P型ネットワークを再構築し、マイナーはウォレット間で振替操作を行い、BTCウォレットの安全性と安定性は長年の検証を経て比較的完全なものとなり、これによってBHDウォレットも保障されています。

3、フォージング(Forging)

マイナーはウォレットを介してP2Pネットワークを監視し、1つのブロックを受け取るたびに次のブロックのパッキングを始めます。ウォレットはブロックを作り、ブロックのハッシュ値をマイナーに送り、マイナーは最もマッチしたNonceを探します。ウォレットがNonceを受信したら、NonceをDeadline(時間)に変換し、その時間が終わるまで待ってから、ブロックをブロードキャストします

マイニング工程で、マイナーは0から4095の間の1個のscoop数を計算します。仮に計算でscoop数が42とすると、42のnonce 1をマイニングし、そのscoopデータを使って1つの時間を計算し、この時間をDeadlineと呼びます。このプロセスをハードディスク上のすべてのnonceに繰り返し、全てのDeadlineを計算した後、最短のDeadlineを選択します。Deadlineは、「生成が許可されるまでに生成された最後のブロックが生成されてから経過した秒数」を示しており、誰もこの時間内にブロックを生成できないなら、あなたの生成したブロックは、他のマイナーよりもDeadlineが短く、他のマイナーよりも早く生成できたため、ブロック生成報酬を得ることができます。

たとえば、マイニング時のあなたの最小Deadlineが25秒のとき。25秒以内に他の人がブロックを作れなければ,そのブロックを作った報酬を得るチャンスがあります。

4、検証(Verify)

マイナーはBlockを受け取った後、検証を行い、報酬を取得します。

BHDの経済モデル

BHDのコンセンサスアルゴリズムは、POCをベースにしてアップグレードしたもので、CPOC(Conditioned-Proof of Capacity),すなわち 「条件化容量証明」、すなわち条件付き容量証明と呼びます。

この条件とは何を指すのでしょうか?マイナーがマイニングする最初の1か月目は、無条件のマイニングとなり、2か月目は、容量1が3BHDを条件とするマイニングとなり、条件を満たさない場合は30%の収益しか得られません。これは興味深い革新的な改善で、小さな変更によって、BHDのエコシステム全体の健康と安定を維持することができます。

経済学では、供給と需要を常に挙げており、供給と需要は経済学における左腕と右腕です。需給は商品価格の上昇と下落の最も直接的な要素であり、最も有効な市場フィードバックで、以下の三方面の関係を示しています:需給バランスすることで価格が安定;供給過剰で価格低下; 供給過少で価格が上がる。

BHDの経済モデルは、BHD通貨の量の安定した流通を保証し、市場の収容量をバランスが取れた状態に保ちます。

BHDの共同マイニング経済モデルは、鉱夫が無制限に通貨を売却する可能性を排除し、CPOCは、生態学的利益の共同体としてマイナーを取り込み、新しい生産手段としてコインを使用して、元の電力資源消耗の代替とし、BHD全体の生態系を継続的に自動拡張します。

BHD技術ロードマップ

  1. 2018年8月3日: BHDのgenesisブロックがマイニングされ、革新的なマイニング実験を開始し、最初の月の無条件容量マイニングが行われました。
  2. 2018年9月4日: BHDが条件化容量マイニングの経済モデルの実験をスタート。
  3. ネットワーク全体のハッシュパワーがプラス成長になった際、コミュニティの共通認識に基づいて、弾力的な経済モデルを加えることができます。
  4. ネットワーク全体のハッシュパワーが3000Pに到達し、ゼロ知識証明機能モジュールを加え、TPSを向上させました。
  5. ネットワーク全体のハッシュパワーが6000Pに到達し、より先進的なCPOCコンセンサスアルゴリズムを繰り返します。
  6. ネットワーク全体のハッシュパワーが10000Pに到達し、容量本位の分散式の安定した暗号化通貨システムとして、アプリケーション層にサービスを提供します。

まとめ

10年間の長い道のりを経て、POWはBTCを成し遂げましたが、POWはBTCの欠陥の一つにもなり、POWは中央独占を引き起こし、エネルギー消費は業界の痛点となり、コンピューティング・パワーの集中もSatoshi Nakamotoの1人1票のビジョンから、かけ離れています。POWマイニングは徐々に権威あるゲームに変わり、新たなバリューストアのための暗号通貨であるBHDの出現により、我々は新たな希望を見出しました。

ビットコインマイニングがエリートや資源の占有者のものであるなら、BHDは非常に多くのユーザーの一人一人に暗号通貨に参加する機会を平等に与えます。

BTCはPOWで偉大で、BHDはPOCによって偉大になるでしょう!

Official Website: https://btchd.org/japan/
Twitter: https://twitter.com/CommunityBhd

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
プレスリリース公開企業
業種

BLOCKCHAIN MINING

プレスリリース公開日時

BHD Communityの新着プレスリリース一覧


お問い合わせ 広告掲載はこちら