モナコイン(MONA)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
03/30 (水)
DMM Bitcoin、シンボル(XYM)のレバレッジ取引などを開始予定
DMMグループの株式会社DMM Bitcoinは30日、レバレッジ取引と現物取引で銘柄の新規取扱の予定を発表した。
CoinPost
11/25 (木)
GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ
GMOコインは25日、「取引所(現物取引)」と「貸暗号資産」にて、モナコイン(MONA)を取扱開始する予定を発表した。
CoinPost
09/11 (土)
仮想通貨取引所コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント
東証1部上場企業マネックスグループ傘下の仮想通貨取引所コインチェックについて、投資家目線でオススメする3つの注目ポイントを紹介。ビットコインのほかリップル(XRP)やネム(XEM)など国内最多14種類のアルトコインを取り扱うなど、サービス充実度は目を見張るものがある。
CoinPost
04/22 (木)
モナコイン(MONA)、仮想通貨取引所BittrexでMONA/USDTの取引ペア追加
日本発の仮想通貨銘柄モナコイン(MONA)は、グローバル取引所BittrexにUSDT建の取引ペアが追加されたことがわかった。
CoinPost
04/07 (水)
仮想通貨モナコインでNFTを売買——「チョコモナカ β版」がローンチ
仮想通貨モナコインでNFTの売買を行える取引所「チョコモナカ」がローンチされた。利用方法や仕組みが明らかになった。
CoinPost
04/02 (金)
bitFlyer、アルトコインの板取引を強化 XRP(リップル)など対日本円ペア三種追加
国内仮想通貨取引所bitFlyerのbitFlyer Lightningで、新たに3つの現物通貨ペアが追加された。
CoinPost
03/25 (木)
仮想通貨取引所Bitrueにモナコイン上場へ、NFTやDeFi銘柄に焦点
仮想通貨取引所Bitrueが国内銘柄モナコインのXRP建取引ペアの提供を開始。最近ではNFT(非代替性トークン)やDeFi(分散型金融)の領域に注視している。
CoinPost
10/05 (月)
コインチェック、板取引でモナコインを取扱い開始
仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックが、Monacoin(MONA)を取引所サービスで新たに取り扱う。
CoinPost
09/09 (水)
仮想通貨モナコイン(MONA)、半減期を完了
仮想通貨モナコイン(MONA)が実行ブロック#2102400に到達し、半減期を完了した。マイニング報酬は25MONAから12.5MONAへと減少、円ベースでは、日間180万円、月間で5500万円相当の新規発行量低下に繋がった。
CoinPost
09/08 (火)
モナコイン(MONA)、半減期まで24時間のカウントダウン開始
モナコイン半減期まで、残り24時間のカウントダウンが開始した。
CoinPost

モナコイン(MONA)の概要

2013年12月に誕生したモナコイン(MONA)は、日本の掲示板「2ちゃんねる」(現5ちゃんねる)で有名なアスキーアート「モナー」がモチーフとなっている。

モナコインは、第三者が管理・運営する中央集権型ではなく、各ユーザーのPC上で実行されるクライアントプログラムによって維持される、完全分散型の決済システムだ。

ユーザーによるサービスの開発や、神社の建立、語呂合わせの投げ銭等、他の銘柄ではあまり見られない使われ方が定着するなど、コミュニティ主体で発展を続けている。

基盤技術

ライトコイン(LTC)の技術を基盤として設計された。コンセンサスアルゴリズムにはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用している。

ただ、ライトコインの発行上限数が8400万枚であることに対して、モナコインは1億512万枚、またライトコインの半減期が4年に1度であることに対し、モナコインは3年に1度という違いがある。

SegWitを世界初採用

モナコインは、90秒ごとにブロックが作成され、ビットコインの約6倍の速さで取引を処理することが可能。高速送金処理を実現する「SegWit」システムの採用が世界で初承認された仮想通貨だ。

SegWitとは、ブロックに保管されているデータをインプット、アウトプット、電子署名の3つに分類。この中の電子署名の部分だけ別で管理することで、ブロックの容量を圧縮できる技術のことを指す。

同じSegWitを採用する通貨であるライトコインの価格が上がった際には、モナコインも注目を集めた。

アトミックスワップ対応

モナコインは「アトミックスワップ」に対応している数少ない仮想通貨の一つだ。

アトミックスワップとは、異なるブロックチェーン上にある仮想通貨同士を、取引所などの第三者の監視と仲介無しで個人間による仮想通貨の取引を可能にする技術だ。

従来の個人間での取引は、持ち逃げや詐欺のリスクが先行したが、アトミックスワップを導入することで個人間が異なる仮想通貨を持ち寄り、安全に取引を行うことができるようになった。