MonaCoin [モナコイン] MONA

MONA/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

MONA 基礎情報

MonaCoin(モナコイン)は、ライトコインをベースにした日本発の仮想通貨です。ユーザーによる様々なサービスの開発や、神社の建立、語呂合わせの投げ銭等、他の仮想通貨では見られない用途が定着しています。2013年12月の誕生以来、コミュニティ主体で発展を続けている、世界でも数少ない仮想通貨です。

MONA関連ニュース

05/24 (日)
ビットコイン下落も主要アルトに資金流入、月初来で原油がプラス70%越え|各市場の動きと仮想通貨相場ニュース
今週はダウ平均や日経平均などが強さを見せる展開に。ビットコインは半減期が終わって以来、初の採掘難易度は易化へ調整。木曜日には2009年のビットコイン黎明期のウォレットに動きがあり、市場に動揺を与えたことで一時急落した。
05/19 (火)
9月に半減期控えるモナコインが一時14%高、ビットコイン下落も逆行高
19日の仮想通貨市場でモナコインが高騰。ビットコインや主要アルトコイン価格が軒並み反落する中、モナコインは逆行高、前日比14%高の186円まで一時急伸した(bitFlyer)。
03/07 (土)
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
02/03 (月)
乱高下するビットコイン(BTC)、コロナウイルスで揺れる国際金融市場|仮想通貨市況
新型肺炎「2019-nCoV」のアウトブレイクに伴う世界的な経済損失が懸念されるなか、仮想通貨市場では、ビットコイン(BTC)や主要アルトなどへの資金流入が観測されている。MONA、XEMに続き、リップル(XRP)も物色された。
02/03 (月)
イーサリアム・XRP高騰で仮想通貨市場を牽引 ビットコインから資金が循環か
週末の仮想通貨市場は、半減期を100日後に控えるビットコイン(BTC)の好調な市場が一服する中、時価総額2位イーサリアム(ETH)と3位リップル(XRP)を中心に高値を更新した。関連ニュースも解説。
01/31 (金)
ビットコイン(BTC)続伸もやや反落、BitMEX「1billion」の節目に警戒感募る|仮想通貨市況
仮想通貨市場の個別銘柄は引き続き強く、ライトコイン、リスク、モナコインがそれぞれ前日比15%近くの大幅上昇をみせる。一方ビットコイン(BTC)は、昨夏〜昨秋にかけての重要ライン付近に突入した。
10/16 (水)
ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場は全面安、bitbankCOOが国内現物取引の高シェア率を分析
ビットコイン(BTC)続落で主要アルトの反発機運が削がれるなど上値の重さが目立つ。仮想通貨取引所bitbankの三原COOは、国内現物取引高で平均30.2%のシェアをキープ出来た理由について独自分析した。
10/11 (金)
JVCEAが国内仮想通貨市場の最新データを公開 現物取引数量が過去最低・XRPを含めた保有数量増加
JVCEA(日本仮想通貨交換業協会)は11日、仮想通貨交換業者18社の最新会員統計情報を公開(8月版)。国内で現物取引量が全体的に増加(最も増加したXRPは前月比で1億4500万増)、現物の取引量では年初来最低値を記録した。
09/10 (火)
日本の仮想通貨市場、7月にXRPとMONAを買い増す動き 証拠金取引がトレンドに=JVCEA最新資料
JVCEAが、仮想通貨交換業者18社の会員統計情報(国内市場データ)を公開。18年の下落相場を経て証拠金取引額が大幅増加、7月にはXRP(リップル)など一部アルトコインを買い増す動きが観測された。
05/31 (金)
ビットコイン8200ドルの重要性、コインチェック上場発表のモナコイン暴騰が物語る「好地合い」|仮想通貨市況
仮想通貨ビットコインは大台の100万円目前でブルトラップから12万円幅の暴落。リップルやイーサリアムが大幅反落する中、コインチェック上場発表のモナコインが暴騰した。海外アナリストの分析を紹介。
05/31 (金)
仮想通貨取引所コインチェック上場でモナコインが高騰|国内の新規上場は1年4ヶ月ぶり
国内の仮想通貨大手取引所コインチェックは31日、モナコインの新規上場を発表した。国内での新規コイン上場は、2018年1月末にbitFlyerにLsikが上場して以来、約1年3ヶ月ぶりとなる。
03/11 (月)
コインチェック、仮想通貨別のチャット機能をリリース|全23種類の選出基準は「ファン数」も加味
ビットコインやリップルなどの取り扱い通貨に加え、ステラ、カルダノ、バイナンスコイン、モナコインなど23通貨のチャットスペースを追加。選定基準はファン数も考慮しており、半年ごとに一度見直される。
02/20 (水)
国内仮想通貨市場でビットコインを超えるリップル(XRP)の現物保有額が明らかに|自主規制団体が統計情報を初公開
リップルのJPY建保有額は、ビットコインの656億を大幅に上回る989億円となり、イーサリアムの保有額164億円の6倍であることが分かった。なお、BCHは61億円、MONAは36億円、LTCは14億円となっている。
12/19 (水)
ビットコイン4日連続の上昇「USDT価格1ドル復帰」など複数の上昇要因が相場を後押し|仮想通貨市況
仮想通貨市場は、4日連続でビットコイン価格が前日比プラスで推移、市場全体の地合い転換が意識されたかリスク資産的な側面が高いアルトコインの中で急騰する場面が見られた。
09/20 (木)
5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (9/20)
毎日配信中の忙しい投資家でも読みやすい夕刊コインポスト。CoinPost編集部が「重要度」の評価を付けているので、見逃せないニュースの情報収集にお役立て下さい。
09/18 (火)
5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (9/18)
毎日配信中の忙しい投資家でも読みやすい夕刊コインポスト。CoinPost編集部が「重要度」の評価を付けているので、見逃せないニュースの情報収集にお役立て下さい。
09/17 (月)
最も開発の進展が少なかった仮想通貨6選|過去3ヶ月
過去3ヶ月間、GitHub上でのコミットが少なかった通貨がOnchainFXから発表された。 Numeraire (NMR)、Ark (ARK)、Ardor (ARDR)、Storj (STORJ)、MonaCoin (MONA)、Litecoin (LTC)が挙げられたが、動いていないプロジェクトやプロジェクトによっては急ぎで開発の必要性がないものも含まれている。
08/20 (月)
中国が第4回「ブロックチェーン格付け」を発表 | 仮想通貨ビットコインは16位から大幅躍進
中国の行政機関は5月、世界中のブロックチェーン専門家が技術的に評価する「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公表、大きな反響を呼んだ。最新ランキングの総合評価では、EOSが3ヶ月連続の1位に。ICOプラットフォームの機能も備わるKomodo(KMD)が前回の10位から3位に。BTCは前回の16位から10位に上昇した。
08/11 (土)
国内全仮想通貨取引所の取り扱い通貨一覧
全ての取引所の取り扱っている通貨の種類を知りたい方、自分の欲しい通貨を取り扱っている取引所の中でも、おすすめの取引所が知りたい方のために、取引所一覧や、通貨別おすすめ取引所を紹介します。
07/22 (日)
中国が第3回「ブロックチェーン格付け」を発表|EOSが連続1位、ビットコインは16位
ブロックチェーンプロジェクトを専門家が評価する中国のランキング最新版。EOSが2ヶ月連続で1位を獲得した他、Dapps検索エンジンのNebulasが3位、データ取引所のGXChainが初登場で4位にランクイン。