DMM Bitcoin、シンボル(XYM)のレバレッジ取引などを開始予定

XYMなど取引開始

DMMグループの株式会社DMM Bitcoinは30日、レバレッジ取引と現物取引で銘柄の新規取扱の予定を発表した。

今回は、レバレッジ取引でシンボル(XYM)に新たに対応。また、現物取引では、イーサクラシック(ETC)、オーエムジー(OMG)、エンジンコイン(ENJ)、ベーシック アテンション トークン(BAT)、モナーコイン(MONA)の5銘柄を対象として加える。取引の開始日時は、2022年3月30日(水)臨時メンテナンス後となる。

また、XYMのレバレッジ取引開始に伴い、シンボル(XYM)ポジションの付与対象となっているユーザーのトレード口座へシンボル(XYM)ポジションを付与するとした。

上記の銘柄新規対応によって、DMM Bitcoinの現物取引は11種類に、レバレッジ取引が15種類の暗号資産取扱い数に増えるという。

関連bitFlyer、24日よりシンボル(XYM)上場へ

関連仮想通貨取引所GMOコイン、シンボル(XYM)のステーキング開始へ 国内初事例

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します