チェーンリンク(LINK)|投資情報・リアルタイム価格チャート

LINK/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

LINK 基礎情報

チェーンリンク(LINK)は、分散型オラクルサービスと、これに利用される仮想通貨の名称で、スマートコントラクト機能をAPIを通じて提供しています。ブロックチェーン外でも、この機能は利用可能です。オフチェーンで保管されている銀行口座情報とスマートコントラクトを接続し、仮想通貨取引をシームレスにすることを目指しています。

LINK関連ニュース

09/16 (木)
【速報】 SBI VCトレードの銘柄新規上場、チェーンリンク(LINK)とポルカドット(DOT)
仮想通貨取引所SBI VCトレードは16日、チェーンリンク(LINK)とポルカドット(DOT)の新規上場を発表。また、販売所でもビットコインキャッシュ(BCH)とライトコイン(LTC)の取扱いを追加した。
08/07 (土)
分散型オラクルのChainlink、Google Cloudの天気データを利用可能に
分散型オラクルプロジェクトのChainlink(LINK)で、グーグルクラウドの提供する天気データが利用可能になったことが明らかに。保険などでの活用が期待される。
07/13 (火)
時価総額上位の仮想通貨で構成するバスケット型投資信託、米SECの報告会社に
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが販売する「Digital Large Cap Fund」は米証券取引委員会(SEC)の報告会社となった。
07/01 (木)
仮想通貨レンディングBlockFi、提供年利を再び引下げ 機関投資家需要が変化
仮想通貨レンディング大手BlockFiは再び、ビットコインやイーサリアムの年利を再び変更した。一方、USDCなどでの大口入金では高金利を提供する。
06/14 (月)
ビットコイン最高値を当てた著名アナリスト、3年後の強気予想は「今も有効」
著名アナリストPlanB氏は、今後3年間で1BTCあたりの理論価格が28万8,000ドルとなるという強気の予想を崩していない。同氏はストック・フロー(S2F)比率モデルによる分析で知られている。
05/31 (月)
仮想通貨特化のヘッジファンド運用額4000億円超えに 投資運用銘柄とその比率は?PwC調査
PwCが仮想通貨に特化したヘッジファンドに関する調査結果を発表。ファンドの運用資産総額が約2倍に急増するとともに、リターンの中央値が128%に増大したと報告された。
05/14 (金)
米グレースケール、仮想通貨5銘柄組み入れた投信「Digital Large Cap Fund」をSECに申請
米仮想通貨運用大手グレースケール社は13日、BTCやETHなど、5銘柄から構成される仮想通貨投信「Digital Large Cap Fund」の「Form-10」を米SECに提出。米証券法に基づいた報告企業としての登録を目指す。
05/11 (火)
米スポーツ・データ企業SportsDataIO、分散型オラクルChainlink活用へ
米スポーツ・データ企業SportsDataIOは10日、ChainLinkを活用することを発表。様々なブロックチェーン・プロジェクトに高品質のスポーツ関連のデータを提供することが可能になった。
05/06 (木)
GW明けの仮想通貨市場は全面高、次世代オラクルのチェーンリンク最高値更新
GW中の仮想通貨市場はビットコインを含め全面高に。イーサリアムやイーサリアムクラシック、ドージコインが急騰した。DeFi(分散型金融)対応に向けた新ホワイトペーパーを公開したチェーンリンク(LINK)が最高値を更新している。
04/27 (火)
ブラジルの仮想通貨ETF、120億円超の調達 6銘柄で運用
ブラジルで、バスケット形仮想通貨ETFが初めて最大手証券取引所B3に上場した。同国2例目の仮想通貨ETFとなる。
04/24 (土)
仮想通貨ファンドの信頼性向上へ──Bitwise、米SECに報告会社の申請書を提出
仮想通貨投資企業Bitwiseが、「Bitwise 10 Crypto Index Fund」の報告会社の申請書を、米証券取引委員会に提出。ファンドの信頼性向上につながると注目が集まっている。
04/20 (火)
老舗ニュースマガジンTIME、仮想通貨支払いに対応
米老舗ニュースマガジンの「TIME」がユーザーの購読で、ビットコインを含む多くの仮想通貨による支払いに対応することを開始。米国のニュースメディアにおける初事例とみられる。
04/16 (金)
分散型オラクルChainlink、バージョン2のホワイトペーパーを公開
分散型のオラクルネットワークを構築する仮想通貨Chainlink(チェーンリンク)は、新たなホワイトペーパーを公開した。拡大するユースケース対応のためのアプローチが明らかに。
04/12 (月)
米仮想通貨投信大手グレースケールの運用資産額が5兆円を突破
仮想通貨に特化した投資運用会社最大手のグレースケール社の運用資産総額が461億ドル(約5兆580億円)に達したことがわかった。
04/07 (水)
グレースケールの仮想通貨ファンド、仮想通貨Chainlink(LINK)を採用「Digital Large Cap Fund」
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールは「Digital Large Cap Fund」にChainlink(LINK)を組み入れたことがわかった。
04/03 (土)
Polkadot、仮想通貨Chainlinkのオラクル機能の統合を完了
Polkadotが、Chainlinkのオラクルをネットワーク内で利用できるようになったことを発表。仮想通貨の価格など外部情報を容易に活用できるようになった。
03/18 (木)
米グレースケール、BATやLINKなど新規アルトコイン5銘柄の投資信託を提供開始
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールはBATやLINKを含む5銘柄の仮想通貨投資信託を新たに提供し始めた。
03/06 (土)
ブルームバーグターミナル、アルトコイン6銘柄の価格データを追加
リアルタイム配信ソリューション「ブルームバーグターミナル」に、EOS、LINK(Chainlink)、XTZ(Tezos)など仮想通貨6銘柄の価格データが追加された。
02/27 (土)
米グレースケール、23銘柄の新規仮想通貨投資信託を検討
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールは23銘柄の仮想通貨投資信託を新たに検討している。メジャーアルトやDeFi(分散型金融)関連銘柄もリスト入りしている。
02/12 (金)
「市場に1億人呼び込む」複数のDeFiプロジェクトが共同で非営利団体「GoodFi」設立
DeFi(分散型金融)を推進する非営利団体が設立された。仮想通貨Chainlinkなどの複数プロジェクトが参加しており、2025年までに1億人を市場に呼び込むことを目指している。