米グレースケール、5つの仮想通貨投資信託がOTC新規上場

OTC銘柄が増加

米大手暗号資産(仮想通貨)運用会社グレースケールは16日、5つの仮想通貨投資信託がOTC取引可能になったことを伝えた。

対象となるのは、ベーシックアテンショントークン(BAT)、チェーンリンク(LINK)ディセントラランド(MANA)、ファイルコイン(FIL)、ライブピア(LPT)の5銘柄で、グレースケールが以前から投資信託として提供している。

OTCの上場先は、米国の主要OTC市場「OTC Markets」だ。今回の5銘柄を含め、OTC Marketsで取引可能なグレースケールプロダクトは計14銘柄になる。他にも、ビットコインやイーサリアム、ライトコイン、ジーキャッシュの投資信託が取引されている。

また、グレースケールは同日、欧州の証券取引所3社に仮想通貨ETPを上場させる予定を発表した。

関連米グレースケール、欧州で仮想通貨ETPをローンチ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します