CoinPostで今最も読まれています

ビットコインを無料で入手する方法5選|方法や注意点を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン(BTC)は、2009年1月に最初の取引が行われてから現在に至るまで、多くの取引所や現実世界での取引に活用される暗号資産(仮想通貨)の一つです。

2022年2月現在、時価総額は85兆円を超えており1BTC(BTC=ビットコインの通貨単位)は約450万円と高額で、年々市場規模は拡大しています。

一方で、取引所は集客のためにビットコインを配布するキャンペーンやサービスを行っており、上手に活用すると無料でビットコインの入手が可能です。

本記事では、ビットコインを無料で手に入れる方法を紹介しているほか、無料でビットコインを入手した際の注意点や保管に適した取引所を紹介しております。最後までご覧ください。

目次
  1. ビットコインは無料で手に入る
  2. ビットコインを無料で受け取る方法5選
  3. ビットコインを無料で貰う際の注意点
  4. 無料で入手したビットコインの保管に適した取引所
  5. まとめ

1.ビットコインは無料で手に入る

ビットコインを入手する手段として最もメジャーな方法は、仮想通貨取引所で現金を使って購入する方法です。

一方で、取引所は集客のためにビットコインを配布するキャンペーンやサービスを行っており、上手く活用することで無料でビットコインを入手できます。

無料でビットコインが手に入るため、ノーリスクでビットコインの取引を始めることが可能です。ビットコインの価格が高騰した場合には、無料で貯めたビットコインが数倍になる可能性もあります。

2.ビットコインを無料で受け取る方法5選

ビットコインを無料で受け取る方法は大きく分けて5つあります。

取引所のキャンペーン
公共料金の支払い
買い物やサービスの利用
ポイントサイトの利用
ゲームをプレイして換金

直接ビットコインを入手する方法やポイントをビットコインに変換する方法など、5つの方法について詳しく解説いたします。

2-1取引所のキャンペーン

取引所が実施している口座開設キャンペーンや友達紹介キャンペーンなど、各種キャンペーンの報酬としてビットコインを無料で入手できます。

キャンペーンの種類によっては、口座開設だけでなく実際に取引を行う必要があり、キャンペーン内容と受け取り条件をしっかりと確認しましょう。

本記事では口座開設を行うだけでビットコインが入手できる取引所をご紹介します。

2-1-1 DMMビットコイン

キャンペーン期間中である2024年03月1日 6時59分までに新規に口座開設を行った方のトレード口座に1,000円が入金されます。

ただし、DMMビットコインの解約履歴がある方はキャンペーン受け取り対象から外されてしまう点に注意しましょう。

2-2 公共料金の支払い

コインチェック株式会社が運営している取引所、コインチェックはインフラ事業にも参入しているため、「Coincheckでんき」や「Coincheckガス」で電気代やガス代の公共料金を支払えます。

Coincheckでんきでは毎月に発生する電気料金によって最大7%、Coincheckガスでは3%のビットコインを入手できます。

毎月発生する公共料金の支払いに応じて還元される仕組みで、利用する期間が長いほど相対的にビットコインを多く受け取れるため、公共料金の支払いはコインチェックを利用するとよいでしょう。

ただし、CoincheckでんきとCoincheckガスの両方でサービスを受け取ることができない点を、注意する必要があります。

2-3 ポイントサイトの利用

ポイントサイトを利用して集めたポイントをビットコインに変換する方法やポイントの代わりにビットコインを入手する方法もあります。

ポイントサイトでは、ポイントサイトを経由したネットショッピングやサービスの利用のほかに、アンケートの回答やミニゲームなどでポイントを獲得できます。

全てのポイントサイトでビットコインに変換できるわけではないため、ビットコインに変換できるポイントサイトを選定し、利用するとよいでしょう。

2-4 ゲームをプレイして換金

ゲーム内で流通しているトークンをビットコインに換金できるゲームやゲーム内で販売した商品をビットコインに変換できるゲームがあります。

ゲーム内での行動が利益につながるため、ゲームをやりこむほどにビットコインが稼げるためゲーム好きには嬉しいサービスといえます。

また、明日のビットコインが上がるか下がるかを予想する簡単なゲームもあるので、ゲームが苦手な方でも無料でビットコインを獲得できます。

3.ビットコインを無料で貰う際の注意点

ビットコインを無料で貰う際、注意しなければならない点は下記2つです。

1ビットコインを保管する口座が必要
2貰ったビットコインにも税金が発生

ビットコインを保存する口座がない場合、無料で取得できるはずだったビットコインが取得できない可能性が生じるほか、無料で取得したビットコインの金額によっては納税の義務が発生する場合があるため、詳しく解説します。

3-1 ビットコインを保管する口座が必要

ビットコインを保管するためには、ビットコインの保存に対応した口座が必要です。

多くの場合は、ビットコインが購入できる取引所が用意しているウォレットに入金されますがサービスによっては保存先が異なるため、ビットコインを貰えるサービスの保存先であるウォレットを確認して口座開設を行うようにしましょう。

3-2 貰ったビットコインにも税金が発生

ビットコインは、暗号化されたデータではありますが資産として扱われているため、年間20万円以上ビットコインを貰い売却した場合、納税の義務が発生するため確定申告を行わなくてはなりません。

課税対象となった場合は、本業の所得にビットコインを含めた仮想通貨の取引で得た利益を追加した所得総額に応じた所得税率で税金を支払います。

無料で入手できるビットコインで20万円以上を取得するのは難しいといえますが、ビットコインなど仮想通貨を運用して20万円を超えることは可能なため、覚えておいて損することはないでしょう。

知っておきたい仮想通貨にかかる税金
ビットコイン・イーサリアムなど2020年度は仮想通貨市場が大きく盛り上がった年となりました。仮想通貨取引での所得について、どのような税金がかかるのか、税務に詳しくない方にもわかりやすく説明していきます。

4.無料で入手したビットコインの保管に適した取引所

ビットコインの保管に適した無料の取引所は2つあります。

コインチェック
DMMビットコイン

4-1 コインチェック

コインチェックは、サイトデザインがシンプルで使いやすく、初心者から上級者まで幅広く活用される大手取引所です。

ネット証券を運営している東証一部上場企業マネックスグループを親会社にもっており、サイバー犯罪などインターネットを悪用した犯罪に対してセキュリティ対策を施し、安全性が高いためビットコインの保管に適した取引所です。

また、「Coincheckでんき」や「Coincheckガス」に対応しており、公共料金の支払いとともにビットコインを入手できるサービスが手軽に利用できます。

仮想通貨取引所コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント
東証1部上場企業マネックスグループ傘下の仮想通貨取引所コインチェックについて、投資家目線でオススメする3つの注目ポイントを紹介。ビットコインのほかリップル(XRP)やネム(XEM)など国内最多14種類のアルトコインを取り扱うなど、サービス充実度は目を見張るものがある。

4-2 DMMビットコイン

DMMビットコインは、DMMグループを親会社にもつ取引所です。

DMMグループの一つDMM FXで培ったノウハウを活用しているためセキュリティ面で安心できるほか、DMMビットコインのスマホアプリが使いやすいと評判を集めており、新規でビットコインを保管する方におすすめの取引所といえます。

また、新規口座開設を行った方のトレード口座に1,000円が入金されるキャンペーン(~2024/03/01 06:59)を行っており、無料で手に入れたビットコインを保管する取引所に適しています。

DMMビットコインとは|主な特徴と注目ポイントを解説
仮想通貨取引所DMMビットコインの特徴を初心者向けに解説。豊富な取り扱い銘柄や独自のBitMatch注文、気になるセキュリティなどの情報を網羅しています。

5.まとめ

仮想通貨取引の流行により高額となったビットコインを購入することを躊躇している方に向けて、無料でビットコインを手に入れる方法を解説しました。

無料でビットコインを手に入れる方法は以下の5つです。

取引所のキャンペーン
公共料金の支払い
買い物やサービスの利用
ポイントサイトの利用
ゲームをプレイして換金

いずれもほぼリスクなしでビットコインを入手でき、早く始めるほど無料で取得できるビットコインの獲得量が増加するため、早めに始めるとよいでしょう。

しかし、無料でビットコインを獲得するためには以下の2点に注意する必要があります。

1ビットコインを保管する口座が必要
2貰ったビットコインの売却時にも税金が発生

ビットコインは、暗号化されたデータではありますが資産として扱われているため、適切な場所で保管する必要があり、場合によっては納税の義務が発生するため注意しましょう。

ビットコインの保管に適した取引所は下記2つがおすすめです。

上記の取引所は、サービスキャンペーンが充実しており、セキュリティー水準も高いため安心です。口座を開設する際は上記3つの口座を開設することがおすすめです。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
18:00
TON、Telegramのユーザーに照準 トンコイン奨励金を提供
Telegramのウォレットがサポートするブロックチェーン「TON」の手数料削減と、1,100万TONのインセンティブプログラムを開始。特に500万単位の暗号資産(仮想通貨)TONがTelegramユーザーに報酬として付与される。
16:30
日銀、CBDC戦略の中間報告を公表 想定モデルと5つの課題
日本銀行が公表したCBDC中間整理報告書の主要論点や影響について解説。CBDCの導入方針やデジタル通貨の未来についての展望を探る。
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧