エンジンコイン(ENJ)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
06/22 (水)
国内取引所FTX JP、2銘柄の新規取り扱い実施へ
国内仮想通貨取引所FTX JPは23日に新規上場する予定の銘柄を明かした。
CoinPost
06/07 (火)
GMOコイン、5銘柄の現物取引開始へ
国内仮想通貨取引所GMOコインは7日、5銘柄の現物取引を開始する予定を発表した。
CoinPost
05/11 (水)
取引所AscendEX、NFTゲームインフラ「Enjin(ENJ)」と「Efinity(EFI)」の取り扱い開始
仮想通貨取引所AscendEXは、NFT(非代替性トークン)ゲームインフラのネイティブトークンであるEnjin(ENJ)とEfinity(EFI)の取り扱いを開始した。
CoinPost
05/02 (月)
仮想通貨取引所フォビジャパン、新規2銘柄の上場へ
国内仮想通貨取引所フォビジャパンは新たにポルカドット(DOT)とエンジンコイン(ENJ)の取り扱い開始を発表した。これにより、対象銘柄は19種類となる。
CoinPost
04/19 (火)
bitbank、仮想通貨エンジンコイン(ENJ)取り扱い開始
国内暗号資産取引所bitbankは仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の上場を発表した。板取引とレンディングでの取り扱いが可能となる。
CoinPost
03/30 (水)
DMM Bitcoin、シンボル(XYM)のレバレッジ取引などを開始予定
DMMグループの株式会社DMM Bitcoinは30日、レバレッジ取引と現物取引で銘柄の新規取扱の予定を発表した。
CoinPost
03/16 (水)
Enjin、ポルカドット上にメタバースプラットフォームを開設
NFTゲームプラットフォームEnjinは、仮想通貨ポルカドットのネットワークで、メタバースのプラットフォーム「Efinity」を立ち上げた。
CoinPost
01/26 (水)
米グレースケール、メタバース・DeFi銘柄を投資信託の検討リストに
米最大手仮想通貨投資信託の運用企業グレースケールは24日、新たに25銘柄を投資信託の検討リストに加えたことを発表した。
CoinPost
01/10 (月)
仮想通貨取引所LCXでハッキング被害、損失は9億円規模
リヒテンシュタイン拠点の仮想通貨取引所LCXは9日、ホットウォレットの一つに不正なアクセスがあり、合計7億9,400万ドルの被害を被ったと報告した。
CoinPost
12/15 (水)
DMM Bitcoin、テゾスとエンジンコインのレバレッジ取引を開始
DMM Bitcoinは、レバレッジ取引において新たに2銘柄「テゾス(XTZ)」、および「エンジンコイン(ENJ)」の取扱いを12月15日より開始する。
CoinPost

Enjin Coin(ENJ)の概要

2009年創業のEnjinは、NFTを活用したゲームプラットフォームを展開するシンガポール企業。MicrosoftやSamsungなどの大企業と提携しており、2,000万ユーザーを抱えるエコシステム「Enjin Platform」を構築している。

Enjin Coin

2017年に誕生したエンジンコイン(ENJ)は、オンラインゲームのプラットフォームEnjin Platform上で利用できる仮想通貨だ。イーサリアムの「ERC-1155」規格のもと発行されており、20億以上のNFTの裏づけに使用されている。

エンジンコインは「ミント(生成)」 と呼ばれるプロセスを経てNFTに裏付けされ、
「メルト(溶解)」機能を使うと、Enjin Platform内で発行した必要でなくなったNFTをエンジンコインに戻すことができる。

2022年2月現在、エンジンコインは国内取引所の2ヶ所で上場している。

Enjinエコシステム

ゲーム開発者は、Enjin Platform・Marketplace・Wallet・Beamなどのプロダクトを通し、新規ユーザーの獲得や収益性の向上、他ゲームとの差別化を行える。Enjin Platformは、大人気ゲーム「マインクラフト」とブロックチェーンで連携したオープンソースのプラグインツール「EnjinCraft」などを提供中。

JumpNet

2021年4月に、Enjinはイーサリアムと互換性を持つブロックチェーン「JumpNet」をリリース。JumpNetはガス代無料でNFTを発行でき、大量に配布できるスケーリングソリューションとして開発・公開された。

EnjinのJumpNetを採用する企業の数は拡大中で、Microsoft、Samsung、エイベックス・テクノロジーズなどのパートナーを含め、55以上のプロジェクトとも連携している。

Efinity

Enjinはパブリックチェーン「Efinity」を開発中であり、2021年内のローンチを目標としている。

Efinityは、Polkadotへの接続を念頭に置いて開発された、NFT特化型のブロックチェーン。別々のブロックチェーン間での資産管理を可能にする相互運用(インターオペラビリティ)技術を用いて、他のブロックチェーンユーザーが使用するトークンをEfinityへとシームレスに移動させることを目指している。