GMOコイン、5銘柄の現物取引開始へ

現物取引を増やす

国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインは7日、5銘柄の現物取引を開始する予定を発表した。

対象となるのは、オーエムジー(OMG)、テゾス(XTZ)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)コスモス(ATOM)の5つで、6月8日(水)の定期メンテナンス後に取引サービスを開始する。

GMOコインはこれまで上記銘柄を含む20以上の暗号資産を販売所サービスと「つみたて暗号資産」で取り扱っており、今回は現物取引を増やす格好だ。

また、最近では琉球フットボールクラブ株式会社により発行されたFCRコイン(FCR)を上場させた。

関連GMOコイン、仮想通貨FCRコイン(FCR)の板取引を開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します