暗号資産(仮想通貨)を扱う事業者の経営管理基盤を提供

株式会社Aerial Partners(東京都港区、代表取締役 沼澤健人、以下「当社」)は、暗号資産販売所を提供する株式会社ディーカレット(東京都千代田区、代表取締役社長 時田一広)に財務・管理会計システム『Gtax(ジータックス)』を提供し、暗号資産交換業者をはじめとするブロックチェーンサービス事業者の経営管理基盤として提供開始したことをお知らせします。

暗号資産の会計処理を自動化し、経営管理基盤を構築

暗号資産交換業者では、複数のチャンネルにおいて暗号資産の取引が頻繁に行われることから、その取引実態に合わせたトランザクション管理や損益の計算、そして仕訳を起票する経理作業が非常に煩雑になります。また、暗号資産交換業者特有の課題として、ユーザーから預かっている暗号資産と自社保有の暗号資産とを適切に管理区分し会計上も表現することが求められています。

そのため、これまで暗号資産の会計処理を行うためには多くの手作業が必要となっていました。また、会計業務を暗号資産交換業者自らが効率化するためには会計上の適正な取扱いを検討した上でシステム上にその会計ロジックを反映させる必要がありました。

当社ではその課題を受け、この度、暗号資産の財務・管理会計システム『Gtax』をディーカレットに導入し、現物取引だけでなく、電子マネーチャージといった新たな会計事象についても、会計原則に基づいたロジックをGtaxに反映させたことにより手作業によるオペレーションコストの削減を実現しました。

今後Aerial Partnersでは暗号資産交換業者をはじめブロックチェーンサービス事業者へのGtaxの導入を更に拡大し、暗号資産にかかる管理会計に必要な仕組みの構築を通じて経営管理基盤の提供や、バックオフィスの効率化を推進してまいります。

導入による成果

導入前のニーズ

・暗号資産にかかる経営管理基盤としてバックオフィス業務の効率化、自社の業務フローに沿う
内部統制を構築したい
・新たな取引を行う際にスムーズに会計まで行える体制にしたい
・暗号資産にかかる資産状況を迅速かつ正確に把握したい

導入後の成果

・Gtaxにより仕訳起票の自動化が可能となり、会計システム構築の工数削減ができた
・データベース連携によるGtax上での取引データ管理の一元化ができた
・資産状況をタイムリーに確認でき、財政状態等の把握が容易になった

Gtaxエンタープライズ版とは?

Gtaxエンタープライズ版は、ブロックチェーン企業の経営管理体制・経理財務フローの効率化を支援するサービスです。

従来、自動化することができなかった複雑な社内の取引データ管理・経理業務フローについて、専用にカスタマイズした機能を追加できるプランを用意しています。

暗号資産の会計・税務に精通した専門家による内部統制のヒアリングを行った上で、管理フローを効率化するための詳細な提案を行います。複数の管理モジュールの中から、自社の業務フローに沿った機能を追加することができ、社内の会計システムにかかる開発工数を抑えつつスムーズに導入することが可能です。

サービス公式サイト:https://crypto-city.net/corporate

会社概要

■株式会社ディーカレット
URL :https://www.decurret.com/
所在地 :東京都千代田区富士見2-10-2
設 立 :2018年1月
資本金 :86.28億円(資本準備金含む)
代表者 :代表取締役社長 時田 一広
事業内容 :デジタル通貨の取引・決済を担う金融サービス事業
仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00016号
加入協会 :一般社団法人日本仮想通貨交換業協会

■株式会社Aerial Partners
URL :https://www.aerial-p.com/
所在地:東京都港区六本木五丁目2番1号 ほうらいやビル3F
設 立:2016年12月
資本金:2.34億円
代表者:代表取締役 沼澤 健人
事業内容:ブロックチェーン企業の経営管理体制・経理財務フローの効率化を後押しするサービス『Gtax』、暗号資産(仮想通貨)確定申告サポート『Guardian』などの開発、ファイナンシャルサポート

Gtax導入に関するお問合せ:contact@aerial-p.com

お問い合わせ 広告掲載はこちら