新しいBancor Walletでは、EthereumとEOSのユーザーエクスペリエンスを 統合し、チェーン間取引をよりシームレスが可能に

EOS と EthereumをつなぐBancorのクロスチェーンユーザーエクスペリエンスが統合
新しいBancor Walletでは、EthereumとEOSのユーザーエクスペリエンスを統合し、チェーン間取引をよりシームレスに行えるようになりました。

EthereumとEOSベースの異なるチェーンのトークンの交換を即時のワンアクションで可能にするBancor Walletを発表

新しいBancor Walletでは、EthereumとEOSのユーザーエクスペリエンスを統合し、チェーン間取引をよりシームレスに行えるようになりました。

Bancorはこの度、EthereumとEOSベースの異なるチェーンのトークンの交換を即時のワンアクションで可能にするBancor Walletを発表します。

このWalletは BancorX 上に構築された新しい統一されたインターフェースで、クロスチェーンプロトコルを用いてEOSとEthereum上の8700以上のトークンペア間で連続的な交換と流動性を提供します。

最近、EOSやTRONなどの次世代ブロックチェーンの登場によって、異なるブロックチェーン上のDappsの開発とトランザクションの数が急速に増加しています。

そのため、ユーザーが複数のブロックチェーンにまたがって直接、トークンやアセットを転送できる分散サービスの需要が着実に高まっています。

Bancor Walletのユーザーエクスペリエンスは、Coinbaseやその他の中央集権的な取引所のWalletのユーザーエクスペリエンスに似ています。

ユーザーは、シームレスかつ直感的、さまざまなブロックチェーン上のトークンを管理および交換できます。

バックグランドでは、Bancor Walletがブロックチェーン上のスマートコントラクトと直接取引を行い、資金と秘密鍵をセキュアに管理し続けます。

トークンの交換は、価格が自動で決定し、実行に至るまで完全に連鎖的に即座に処理され、最大の透明性と安全性が確保されています。

また、中央集権的な取引所とは異なりWalletの内外へのトークンの送金またはトークンの交換に対して手数料を請求しません。

Walletでのクロスチェーンを用いたトークンの交換機能は、BNT(Bancor Network Token)をブロックチェーン間で移動することで実現されています。

BNTを利用することで、構築されたブロックチェーンに関係なく、任意のトークンを他のトークンに即座に変換できます。

Bancorで利用可能なトークンには、DAI(Maker Dao)、BNB(Binance)、BAT(Basic Attention Token)などのERC20トークン、IQ(Everipedia)、DICE(BetDice)、BLACK(eosBLACK)などのEOSベースのトークンが含まれます。

また、Bancorには誰もが所有しているトークンを追加することができます。

Bancorは、携帯電話やTelegram、Messenger、WeChatのアカウント以外のものを必要とせずに、新規ユーザーがすぐにブロックチェーンに参加できるように設計されています。

Bancor Walletは、無料のEOSアカウントと十分なEOSリソース(CPU、RAMなど)をユーザーに提供します。

ユーザーは、ブロックチェーンを使用しているということを全く意識する必要はありません。

Bancorの共同創設者兼プロダクトアーキテクトであるEyal Herzogは、次のように述べています。

「新しいブロックチェーンが開発者やユーザーのニーズに応えるたびに、Dappsの普及と開発がこれまでにないほど成長していきます。

トークンの使用は投機から実用化へとますますシフトしています。

Bancorの目的は直感的なトークン管理とERC20およびEOSベースのトークンをシームレスに交換でき、複数のブロックチェーンでウォレットを使用するシンプルな方法を提供します。ユーザーは、自分が好きなDappsをより簡単に利用できます。」

Bancorが行う異なるブロックチェーンの統合に関する特徴

EOS&ETH On-Ramp

Bancor Walletを開く、もしくはアップグレードすることで無料のEOSアカウントと十分なEOSリソース(CPU、RAMなど)を入手ましょう。

任意のERC20対応のwalletをインポートする、クレジットカードでETHを購入する、またはネットワーク内の他のERC20およびEOSベースのトークンに交換することが可能です。

低コスト&予測可能な取引

 Bancorでのトークンの交換は、即座に行われ、価格設定から実行まで完全に連鎖的に処理されるため、中央集権的な取引所とは異なりWalletの内外へのトークンの送金またはトークンの交換に対して手数料を請求しません。分散型の自動化されたマーケットメーカー(=スマートトークン)のおかげで、ユーザーは事前に、自分が入手できるトークンの数を正確に把握でき、変換を透明化された環境で実行することができます。

どこからでもアクセス可能

モバイルブラウザ(iOS、Android)、デスクトップブラウザでBancor Wallet、Google Playストアで入手可能なAndroidネイティブアプリで利用できます。 Bancor Networkは、(Ethereum上の)任意のWeb3 Walletを使用したトークンの交換と、EOS Wallet(Scatter、Token Pocket、EOS Nova、MEET.oneなど)をサポートしています。

安心、安全、そして完全な管理

あなたの資金と秘密鍵を常に安全に管理してください。 Bancor Networkがもしオフラインになっても、いつでも資金にアクセスして取り出すことができます。

トークンとトークンのシームレスな交換

8700以上のトークンのペアから、ユーザーは1回の操作でネットワーク上の任意のトークンに手持ちのトークンを変換できます。Bancorは、もっとも便利で簡単なエクスペリエンスを提供します。

ビルドインのリソースマネージメント

EOS RAMの売買、CPUとNetのステーク、アンステークをウォレットから直接実行できます。

持続的な流動性

革新的なBancorプロトコルは、売り手または買い手に関係なく、ネットワーク内の任意のトークンを常に他のトークンに変換できるしています。また、 Bancorではオーダブックを用いずに絶えず価格のバランスをとるためのスマートコントラクトと準備金によって流動性を確保しています。

Dapp Browser (Coming Soon)

ユーザーはBancor Walletのインターフェースを離れることなく、あらゆるデバイス上で自分のお気に入りのDappsにシームレスにアクセスして使用できるようになります。