【リアルウォレットサービス”Wodca”】第三者割当増資による資金調達を実施

第三者割当増資による資金調達を実施
株式会社ウォッカ(Wodca Inc. 渋谷区神宮前 代表取締役 吉羽一高)では、セガサミーホールディングス株式会社、トランスコスモス株式会社、株式会社オークファンをはじめとする複数の引受先とした第三者割当増資による資本調達を実施いたしました。

仮想通貨市場環境は、外部要因に大きく影響受ける市場構造で、現状はビットコイン金額が昨年末の4分の1になるなど低迷している状況ではありますが、ブロックチェーン技術の有用性に関しては変わらず、多くの企業が高い関心を持っています。私たちは、仮想通貨市場の成長には、ルール/法令の整備とともに、より多くの人が安心して日常の生活で使用できる環境になる必要があると考えています。今回の資金調達により、人材の強化、Wodcaの更なるサービス開発を進め、すべての人が簡単で安全に仮想通貨のウォレットが持てる社会を構築していきます。

● 引受先

セガサミーホールディングス株式会社 [ https://www.segasammy.co.jp/japanese/ ]

トランスコスモス株式会社 [ https://www.trans-cosmos.co.jp/ ]

株式会社オークファン [ https://aucfan.co.jp/ ]

株式会社ユニメディア [ https://unimedia.co.jp/ ]

インタレストデザイン株式会社 [ http://interest-design.co.jp/ ]

● 引受先からのコメント

セガサミーホールディングス株式会社
代表取締役社長グループCOO 里見 治紀 氏

「我々セガサミーグループはWodcaのサービスを通じて、より多くの人が仮想通貨を容易に、そして何よりも安心して保有することで、仮想通貨の利用がより身近になる社会が実現することを期待しています。」

トランスコスモス株式会社
取締役 上席常務執行役員兼CMO 佐藤 俊介 氏

「Wodcaは消費者にも企業にも合理的なメリットを提供出来る新しいプロダクトだと感じました。また安全に仮想通貨を利用することで、国内だけでなく海外にもマーケットを拡大出来るポテンシャルがあります。国内発のグローバルサービスの展開にも期待しています。」

株式会社オークファン
代表取締役社長 武永 修一 氏

「Wodcaが展開するブロックチェーン技術を活用した新しいインセンティブ手法が広く普及することで、仮想通貨市場がより身近なものになると確信しています。吉羽社長をはじめチーム方々の事業推進力、サービス開発力に大いに期待しております。」

● 会社情報

「Wodca(ウォッカ)」の詳しい仕様はサービスサイトをご覧ください。

※資料請求・お問い合わせも行っております。

https://wodca.jp/

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
プレスリリース公開企業
業種

情報通信

設立

平成30年6月20日

上場

未上場

資本金

2550万円

本社所在地

東京都神宮前6-19-18 U-natura602号室

代表者名

吉羽 一高

連絡先

https://wodca.jp

プレスリリース公開日時