CoinBeneは、MasterCardと提携し、世界初のデジタル通貨取引によるクレジットカードを発行する運びとなりました。

CoinbeneはMasterCardと提携し、世界初のデジタル通貨取引によるクレジットカードを発行します。
CoinbeneはMasterCardと提携し、ブラジルにおいて、世界初のデジタル通貨取引によるクレジットカードを発行します。このカードは、ブラジル初のデジタル通貨と法定通貨を融合したカードになりました。

CoinBeneは、MasterCardと提携し、世界初のデジタル通貨取引によるクレジットカードを発行する運びとなりました。


2019年7月15日、CoinBene BrazilとMaster Card Brazilが調印し、両当事者が協力してブラジルにおけるデジタル通貨業務と伝統的な銀行業務を融合した初のクレジットカードを発行しました。

CoinBene BrazilMasterCardは、CoinBeneとMasterCardは中華人民共和国の70周年を祝うことをテーマとし、主にブラジル在住の30万人華僑、そして中国人商人、ローカルユーザーたちをターゲットとしています。


カードホルダーは、MasterCardのグローバルなサービスネットワークを利用し、簡単に現金を引き出すことができると同時に、デジタル通貨資産とフランス通貨資産の即時変換が可能になります。

このカードは、ブラジル初のデジタル通貨と法定通貨を融合したカードであると共に、現地で商売を営むたくさんの華僑たちに向けて作られたカードであり、コインベネのブラジル展開において大きな意味を持つ事になります。

このカードによりCoinBeneは、クロスボーダー決済、マーチャントレシート、マイクロクレジット、クロスボーダー投資など、ブラジルでの一連のクロスボーダー決済を開始することができます。

CoinBene Brazil代表、Feng Bo氏は、次のように述べています。

「デジタル通貨の将来は、新しい金融商品としてブロックチェーン独自の機能を利用し、既存の金融サービスの弱点を補うことに繋がっていくでしょう。」

「今回の提携によりブラジルで初となるデジタル通貨とフランス通貨に対応したクレジットカード事業を始めることになり、非常に興奮しています」

ブラジルは現在120万人以上のデジタル通貨ユーザーを抱えており、その取引量はラテンアメリカで最多とも言われています。

また、フランスの法定通貨による取引は現地の法律で保護されているため、地方自治体は近年常にデジタル通貨の規制を見直しつつあります。

コインベネは2018年にブラジル市場に参入して以来、現地の法定通貨およびデジタル通貨を取り扱う唯一のグローバル取引所であり、2019年には現地OTC市場におけるリーダー的ポジションを確立しました。

詳細はこちらから

・設立日時 2017.11

・MAIL:support@coinbene.com・Twitter : https://twitter.com/CoinBene

・Facebook: https://facebook.com/CoinBeneOfficial/

・企業ホームページURL:https://www.coinbene.com/#/

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
プレスリリース公開企業
プレスリリース公開日時


お問い合わせ 広告掲載はこちら