ビットコインは有価証券に該当せず規制の対象ではない|米SEC委員長が言及

有価証券に該当しない
SEC委員長Jay Clayton氏は、本質的に通貨としてトランザクションに用いられる、つまり「ビットコインのような仮想通貨は、SECの元では有価証券としての規制対象ではない。」と述べた。
仮想通貨のIPO?
資金調達を目的とする通貨などICO通貨は、有価証券に該当し規制の対象となると述べたと同時に、ICOを行いたい場合は、法律に則る必要があるが、もし仮想通貨でIPOを行いたい場合は相談してほしいと、言及した。
SECとは
米証券取引委員会(SEC)は、インサイダー取引や相場操縦など不公正取引に対する「処分権限」を有しており、司法に準じる権限を持った強力な独立機関である。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

6/6に行われたCNBCのインタビューにで、米国証券取引委員会(SEC)委員長Jay Clayton氏は、改めて仮想通貨における有価証券性質の有無に関して、SECが既存のルールを曲げるつもりはないと断言しました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

SECが規制しない仮想通貨

Clayton氏は、議論される有価証券に対する意見は通すことを明言していますが、本質的に通貨としてトランザクションに用いられる、つまりビットコインのような仮想通貨は、SECの元では有価証券としての規制対象ではない、と明確に述べました。

「仮想通貨とは、ドル、ユーロや円のような法定通貨に取って代わる『ビットコイン』の類。つまり、有価証券ではない」と言及しています。

SECが規制しようとするトークン

Clayton氏の独自の定義によれば、資金調達を目的とするトークン、もしくはデジタルアセット(資産)、いわゆるICO通貨は有価証券に該当するとしました。

ICOトークン

「ベンチャー企業が資金調達のためにトークンを売り出し、一方で、投資者たちはお金でこのトークンを購入し、収益を望むというシナリオはまさしく有価証券に当てはまる。よって、我々は規制する。ICOもそれらのトークンの取引する事自体も我々の規制範囲内に入る。」

今年の3月、Clayton委員長はすでに、すべてのICOが有価証券の性質を持つと明言しましたが、今回のインタビューにて、ICOの進展としてClayton氏は、以下の内容をユーザーに呼びかけました。

「もし、ICOもしくはIPOを行いたいのなら、法律に従わなければならない。もし、トークンでIPOを行いたいのならば、我々に相談して欲しい。

今まで独自に行われていたICOを規制した上で、現在のIPOの形式として仮想通貨トークンの正式な売り出しとして進める可能性を示唆しました。

現在米国では、投資家保護の観点からも、特定の資産投資家に限定したICOが目立ち始めている現状がありますが、仮想通貨による資金調達も完全に禁止されるわけではない、という前向きな形で捉えることができる発言でもあります。

しかし、ICOがIPOに近い枠組みの元、トークンが有価証券として扱われてICOの枠組み作られる事は、ICOが全規制されるよりもポジティブに考えられますが、それではICOとしての魅力が失われないかといった懸念点があります。

VCよりも手軽に、それも多額に世界中から資金調達ができる事が魅力であったにもかかわらず、IPO基準並みの規制がされてしまうと、それであれば「VCから資金調達した方が良い」と言った形になってしまう可能性が高くなります。

確かに一定の枠組みが作られる事が大事ではありますが、「なぜICOが資金調達手段として脚光を浴びたのか、より本質的なところを規制当局側には検討していただきたい」といった意見もあります。

アルトコインの中では?

XRPやETHなど有価証券の該当が議論されている通貨に関しての質問に対して、アルトコインが有価証券対象になるかについて、コメントは今回も控えました。

また、プロジェクトの価値や原資産を代表するものは、相変わらず有価証券と見なすとの見方を継続させました。

ICOを行った後、非中央集権化されたプロジェクトとして取り扱われるトークンに関する規制についても、Clayton氏は明確な答えは明かしませんでした。

SECの今後の動向に関して

つい2日前、SECは企業金融部門に新たな「仮想通貨関連部門」を設け、シニア顧問を任命しました。

これにより、ICOや仮想通貨を含む新興のデジタル資産の技術やイノベーションへの証券法の適応に関する調整が期待できるとされながらも、委員長の今回の発言から、SECは仮想通貨やトークンの規制について、これからも慎重に進んでいくと言えるでしょう。

新たに企業金融部門のアソシエイト・ディレクターと、デジタル資産及びイノベーション部門のシニア・アドバイザーに就任した「Valerie A. Szczepanik」氏は、仮想通貨に関する豊富な知識を有している人物で、内部の問題点をより的確に対処することができると注目されています。

CoinPostの参考記事

米SECが仮想通貨関連部門の責任者を新たに任命|規制の取り組みに変化
SECは仮想通貨部門のトップに当たる、デジタル資産及びイノベーション部門のシニア・アドバイザーを新設し、その役職及び、企業金融部門のアソシエイト・ディレクターに、Valerie Szczepanik氏を任命しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

各務貴仁CoinPost7株式会社CoinPost取締役COO 兼 編集長

高校卒業後アメリカ、カナダへ4年間の留学を経験。2017年1月から仮想通貨関係の事業に携わり、同年7月より仮想通貨・ブロックチェーン専門メディアCoinPostを立ち上げ編集長となる。国内外の仮想通貨、ブロックチェーン界隈の著名人との数々のインタビューなどを軸に、仮想通貨・ブロックチェーンの正確な情報をより早く届ける運営体制に力を入れている。