アナウンス:グローバル情報

07/28 水曜日

CoinbaseでFetch.ai(FET)が利用可能へ

2021年7月28日、Fetch.ai(FET)がCoinbase.comおよびCoinbase Android/iOSアプリで利用可能になったことを発表。ユーザーはCoinbaseがサポートしている地域で、FETの取引、送信、受信、保管ができるようになった。
[出典元]

CoinbaseでPaxos Standard(PAX)およびPolymatch Network(POLY)が利用可能へ

2021年7月28日、Paxos Standard(PAX)およびPolymatch Network(POLY)が、Coinbase.comおよびCoinbase Android/iOSアプリで利用可能になったことを発表。ユーザーはCoinbaseがサポートしている地域で、PAXとPOLYの取引、送信、受信、保管ができるようになった。
[出典元]

「Trusted Device Management」機能を導入へ

Crypto.com取引所は、ユーザーのアカウントのセキュリティをさらに強化するために、「Trusted Device Management」機能の提供開始を発表。「Trusted Device Management」は、ウェブおよびAppで利用可能で、2ファクタ認証、アンチフィッシング、ホワイトリストなどの現行のセキュリティ機能を補完する。
[出典元]

Facebookグループ参加に伴う特典付与に関するお知らせ

2021年7月28日から8月11日までの期間、Crypto.comのFacebookグループに参加し、条件を満たしたユーザーの中から抽選で3名に、CROで33ドル付与することを発表。特典は、イベント終了後14日以内にCrypto.comアプリに配布される。
[出典元]

FORMULA 1 ハンガリアン・チャンピオンシップ2021の賞品抽選会に関するお知らせ

Crypto.comがF1と5年間の契約を結び、レーシングサーカスの公式仮想通貨およびNFTパートナーになったことを発表。それを記念して、抽選会を2021年7月28日20時から8月4日1時までの期間で開催し、選ばれた5名のユーザーを対象に特典付与が行われる。
[出典元]

デリバティブ取引のシステムメンテナンスに関するお知らせ

2021年7月29日11時から、Crypto.com取引所のデリバティブ取引のシステムメンテナンス実施を発表。メンテナンスの所要時間は約2時間を予定しており、当日の状況により前後する可能性がある。
[出典元]

CronosがDeFiアプリ向けのオラクル・ソリューションを提供へ

Chainlinkの価格フィードがCrypto.comのCronosに統合され、DeFiアプリケーションで外部の金融市場データを必要とする開発者向けの推奨オラクルソリューションとして提供されることを発表。今回の統合により、Cronosの開発者は、業界で最も時間をかけて検証された信頼性の高い分散型価格オラクルにアクセス可能となり、レンディングプロトコル、デリバティブ市場、資産管理サービス、高度なDEXなどで、多種類の仮想通貨や伝統的な資産の価格をオンチェーンで設定可能となった。
[出典元]

NFTコレクター感謝キャンペーンの受賞者を発表(7月19日〜25日)

2021年7月19日から7月25日までの「NFTコレクター感謝キャンペーン」受賞者を発表。
[出典元]

Binance NFTとチャリティー活動について

2021年7月28日午1時、世界中の恵まれない子供たちのためのチャリティー・プロジェクトを発表。Binance NFTとBinanceチャリティーは、Binance NFTマーケットプレイス上でNFTの力を社会貢献のために活用し、先駆的なアーティストであるJon Burgerman氏を含む3人の現代アーティストのアートワークの販売を行う。販売収益は世界中の恵まれない子供たちのためのチャリティー・プロジェクトに充てられる。
[出典元]
07/27 火曜日

新しいステーキングプログラムに関するお知らせ

2021年7月27日11時より、Open OceanはユーザーがOOEをステーキングしてEthereumでOOEを獲得できる新しいステーキングプログラムが作成されたことを発表した。OOEをステーキングすることで、見返りとして報酬を獲得することができるチャンスが与えられる。
[出典元]

BSCフラッシュローン攻撃に関するお知らせ

2021年5月、BSCのDeFi商品を対象とした複数のハッキングが発生した。特に、イールドアグリゲーターであるPancakeBunnyの報酬生成に関連する脆弱性が悪用され、ゼロの状態から700万BUNNYトークンが生成され、4,500万ドルの金銭的損失につながった。このハッキングの後、AutoShark、Merlin Labs、PancakeHunnyという3つのフォークプロジェクトが、同様の技術を使って悪用された。
[出典元]

DeFiウォレットで、Dogecoim(DOGE)とBitcoin Cash(BCH)が対応可能に

2021年7月27日、Crypto.com DeFiウォレットは、Dogecoin (DOGE)とBitcoin Cash (BCH)の追加を発表した。DeFiウォレットを使用することで、ユーザーは秘密鍵や仮想通貨を管理しながら、コインの送信、保管、管理を簡単に行うことができる。
[出典元]