Gala Games 情報(日本語要約)

05/25 火曜日
16:28

Town Star紹介プログラムの廃止について

Gala Gamesは、Give 100 GALA, Get 100 GALAの新規ユーザー紹介プログラムを廃止したことを発表。これは、報酬システムに関するポリシーが不明瞭であったことなどが起因している。廃止に伴い、条件を満たしたすべてのユーザーに対して1回限りの特典付与が行われる。
[出典元]
15:41

第4週:Town Star’s May Mayhem開催に関するお知らせ

2021年5月26日1時から5月30日13時までの期間、第4週目となるTown Star’s May Mayhem開催を発表。条件を満たした上位500名のユーザーを対象に特典付与が行われる。特典は期間終了後2週間以内に配布される。
[出典元]
05/21 金曜日
19:58

Mirandusに関する説明

Symbol mosaicsを利用してデジタルと物理的な記念品を組み合わせ、消費者向けの独自のデジタルコレクションを作成する方法を発表。Symbolでデジタルコレクティブルを作成するための機能は、音楽、アート、スポーツなどのクリエイターエコノミーに革命をもたらす。
[出典元]
05/18 火曜日
14:26

第1週:May Mayhemコンペティションの受賞者を発表へ

2021年5月18日、第1週目のMay Mayhemコンペティションの受賞者500名を発表。
[出典元]
14:04

第3週:Town Star’s May Mayhem開催に関するお知らせ

2021年5月19日1時から5月24日13時までの期間、第3週目となるTown Star’s May Mayhem開催を発表。条件を満たした上位500名のユーザーを対象に特典付与が行われる。特典は期間終了後2週間以内に配布される。
[出典元]
05/12 水曜日
13:40

T. Elliot Cannon氏がTown Star Game Directorとして参加へ

2021年5月12日、T. Elliot Cannon氏がTown Star Game Directorとして参加することを発表。Cannon氏は、ビデオゲーム業界で25年の経験を持つベテランであり、実践的なスキルと創造的なビジョンのユニークな組み合わせにより、世界中の軍事、教育、商業用の高度なデジタル教育システムを作成することができる。また、2021年5月14日9時からMichael McCarthy氏による特別なTown Star AMAを開催。T.Elliot Cannon氏をGala Gamesファミリーに正式に紹介・歓迎し、ユーザーの質問へ回答する。
[出典元]
11:18

第2週:Town Star’s May Mayhem開催に関するお知らせ

2021年5月12日1時から5月17日13時までの期間、第2週目となるTown Star’s May Mayhem開催を発表。条件を満たした上位500名のユーザーを対象に特典付与が行われる。特典は期間終了後2週間以内に配布される。
[出典元]
11:02

ファウンダー・ノードの購入について

2021年5月12日、ETHの手数料を回避するため、XRP、DOGE、BTCを使用してGala Gamesファウンダー・ノードを購入することができるようになったことを発表。購入プロセスはフォームの記入が必要となる。
[出典元]
10:57

Fortifiedに関する開発アップデート

今週は次なる開発フェーズに備えて、さらに多くのTowersがノード・オペレーターにドロップされる。現在、Fortifiedに取り組んでいるゲーム開発者は、Gala Gamesの開発者と緊密に協力して、Gala Games Network上のあらゆるブロックチェーン・コンポーネントと、まもなく公開される画期的なプロトコルレベルの技術と接続する。
[出典元]
05/08 土曜日
16:26

Michael McCarthy氏とJason Brink氏のMirandus AMA

2021年5月8日、Michael McCarthy氏とJason Brink氏のMirandus AMAビデオを発表。
[出典元]
05/05 水曜日
15:04

May Mayhemコンペティションを開催へ

May Mayhemコンペティションの開催を発表。同コンペティションの第1週目には、CAKEがユーザーに4倍ものポイントを与えることを発表。また、コンペティションは4つのラウンドに分かれて開催され、各ラウンドの賞金総額は最大250,000ドル相当のGALAである。
[出典元]
05/01 土曜日
12:43

Flare Network上にGALAトークンを導入へ

Flare Network上にGALAトークンを導入することを発表。将来的には、ユーザーがFlare Network上でGALAトークンを直接生成することができるようになり、無料かつ即時トランザクションを可能にする。
[出典元]