Ontology 情報(日本語要約)

08/24 月曜日
9:48

自動車産業の分散型アイデンティティを加速

自動車産業向けの新しい分散型アイデンティティを発表。安全かつ確実な方法でデータを記録、保存、および検証できるようにするブロックチェーンベースの分散デジタルIDソリューションの開発を通じて自動車業界での信頼構築に焦点を当てており、広い自動車産業およびドライバーにさまざまなメリットを提供。
[出典元]
08/19 水曜日
14:14

ウィークリーレポート(2020年08月11日 - 08月18日)

オントロジーのDeFiエコシステムの成長を後押しするために、新しいdAppインセンティブプラン「Renaissance 2.0」の開始を発表。プログラムの一環として、オントロジーのDeFi dAppsによって生成された取引料金の最大2倍をそれぞれの開発チームに還元。また、Wavesと提携し、次世代の信頼性の高いWeb 3.0アプリケーション向けのチェーン間DeFiソリューションとdAppを可能にするクロスチェーン通信インフラストラクチャを構築した。
[出典元]
08/18 火曜日
10:34

Poly Networkの発表

3つの主要なグローバルブロックチェーンプロジェクトであるOntology、Neo、Switcheoは、異種の相互運用プロトコルアライアンスであるPoly Networkの立ち上げを発表。Poly Network は、クロスプラットフォームでの相互運用性を可能にし、透明性とアクセシビリティを大幅に向上。また、多様なシステムを利用している企業は、Poly Networkに接続し、オープンで透明性の高い入場メカニズムを介して相互に協力したり、交流したりすることが可能となった。
[出典元]
08/14 金曜日
9:52

dAppインセンティブプランをアップグレード

先駆的なDeFi開発者がOntologyブロックチェーン上で構築することを奨励するため、Ontologyネットワーク上のDeFiエコシステムを後押しすることを目的に、Ontology dAppインセンティブプランを新たな「Renaissance 2.0」に更新し、3つの概要を公開。Ontology Foundationはこのプランに、2020年08月15日から10月15日まで3ヶ月間の試用期間を与えた。
[出典元]
9:52

イーサリアムのDIDスマート契約開発を完了

Ethereumネットワーク上でのオープンソースDIDスマートコントラクトの開発が完了し、プラットフォームの分散IDエコシステムの範囲を大幅に拡大したことを発表。これに伴い、さらに大きなチェーン相互運用性と高い技術力を誇っている。
[出典元]
08/12 水曜日
16:37

ウィークリーレポート(2020年08月03日 - 08月10日)

NEARプロトコルと協力して、安全な分散IDソリューションの開発と展開を促進。また、bloXrouteを使用してパフォーマンステストを継続し、パートナーに信頼できる技術支援を提供するというプロファイルを強調した。さらに、オントロジーのウェブサイトが英語、中国語、日本語、韓国語、ロシア語、スペイン語、ドイツ語を含む7か国語で利用可能となった。
[出典元]
10:37

「Ontology Mercury」のリリースに関するお知らせ

「Ontology Mercury」の正式リリースを発表。暗号資産保有者やトレーダーがデジタル資産を安全かつ合理化された方法で管理・交換可能にすることを目的としたOntologyのカスタムメイドの分散型IDソリューションの最近のリリースに続くもので、Ontologyの分散型IDソリューションを介して、デジタル資産保有者は、選択したウォレットに関係なく、Ontology専用ダッシュボードを通じて、それぞれの保有物を完全に監督することが可能となった。
[出典元]
08/11 火曜日
9:43

新しい分散IDソリューションをリリース

新しい分散IDソリューションのリリースを発表。これに伴い、トレーダーは、デジタル資産の管理と取引がこれまで以上に簡単かつ安全になった。この新しいソリューションの利点は、EUのオープンバンキングイニシアチブが従来のファイナンスにもたらしているものと同様の利点を、世界中のユーザーにもたらすことが想定されている。
[出典元]
7:09

特典付与に関する2つの課題を提供へ

2020年08月10日09時から08月17日09時までの期間、条件を満たしたユーザーを対象に特典が期間終了後2週間以内に付与される。また、一部の特典は付与から7日間有効。
[出典元]
08/07 金曜日
16:58

安全な分散型IDソリューションの普及を加速へ

安全な分散型IDソリューションの開発と展開を促進するために、NEARプロトコルと協力を発表。コラボレーションの範囲では、オントロジーが規制の観点からNEARの分散型ID(DID)に技術サポートを提供し、スマート契約の実装とW3C登録が可能となった。
[出典元]
07/31 金曜日
14:22

オントロジー月報— 2020年7月

7月のレポートでは、最もエキサイティングなニュースと成果のまとめを発表。また、新しいガバナンスとステーキング経済モデル、新しいノードとステーキング利回り計算機を導入し、これまで以上に簡単にONTをステーキングしてONGを獲得することが可能となった。
[出典元]
07/30 木曜日
16:59

ブロックチェーンと仮想通貨に関するIEEE標準の作成を支援

ブロックチェーンと仮想通貨に関する新しいIEEE規格の策定において主導的な役割を果たしたことを発表。Ning Hu氏は、仮想通貨取引所の一般的な要件、および顧客の暗号資産のセキュリティ管理のための標準、仮想通貨取引所のユーザー識別と反マネーロンダリングのための標準、およびDLTを使用した分散/分散型/分散型取引所フレームワークの標準などの標準の開発を支援した。
[出典元]